「悲劇へのカウントダウン」を書き始める前に、読者のみなさんに伝えたいこと。

「悲劇へのカウントダウン」を書き始める前に、読者のみなさんに伝えたいこと。

読者のみなさんへ

読者のみなさん、こんにちは(・∀・)
いつも読んでくださって本当にありがとうございます!

今日こうしてこの記事を設けたのは、これから書いていく「悲劇へのカウントダウン」を読んで頂く前に、はっきりと伝えておきたいと思うことがあったからです。

あと、これからも自分が自分らしく愛旅を世界に発信していけるように、自分自身への再確認としてでもあります。

 

約2年以上に渡って書いている愛旅ブログですが、今までに数えきれないほどたくさんの人達と関わって、その人達と過ごした出来事を良くも悪くもリアルに書き綴ってきました。

私がこうして出逢った人達との出来事をリアルに書くときは、その人達との信頼がちゃんと築けているか?とゆうところを自分なりにちゃんと意識しています。

例えば、、、

インドで一緒に旅をした大学生グループのヌード写真をアップしたときも、公開したあとに「ごめん!こんな感じで裸体を世界に公開してもうた!(・∀・)」と事後報告する私に、「じゃんじゃん使っちゃってください!」とまでお墨をもらってます。

それに、確認せずとも「この人は絶対大丈夫。笑って許してくれる」ってゆう関係だと私なりに自負してます。

 

セドナで超お世話になったパトリックと旅人ラトヤ。私は、彼のことをかなり赤裸々に書きましたが、パトリックは真実の中に生きている人だからきっと笑って許してくれます。

 

私にオフィスを見せてくれた、Googleで働かれているエンジニアのフェイさん。あれから連絡をとれてないんだけど(泣)私は超激レアなGoogleオフィスの内部がわかる写真をめちゃくちゃ記事にしたかったのですが、1mmでも彼の迷惑になる要素を作りたくなかったのでブログにはアップしませんでした。

 

中にはこんなケースもありました。

ラスベガスで、ホストに追い出された私を拾ってくれたのりさんとの事を書いたとき、私はその記事のリンクをのりさんに送り、「顔写真は使ってないので安心してください!」と言いました。大企業で働いているので私なりに気を遣いました。

でものりさんは、「いいんだよ!別に出ても!」と言ってくれました。

その反対に、私をベッドに押し倒したラスベガスのホストとの出来事を書くときは、最初から最後まで彼の写真も名前も一切ブログにはだしませんでした。

違和感を感じながらも、記事中ではずっと「ホストの彼」と書き、現実に起きたストーリーを書き上げました。

 

こんな感じで私はこれまで、

信頼関係がちゃんと築けていない人の写真と名前をブログにアップすることはしませんでした。

愛旅を初期から見てくださってる方はご存知かもしれませんが、人間関係で悩むことも多々ありました。

もちろん、その悩みを与えてくれた人と最終的に良い人間関係を築くことができていたなら、私は間違いなくその人の名前も写真もこのブログに登場させていました。(これはちょっと例なしでは説明が難しいので、今後の記事できちんと実例を通して読者のみなさんに伝えます。)

 

ここまでの説明で、私がこのブログを書く上で意識してきたことが伝わったかな。。。

 

で、今日の本題はここからです。

これから書く、「悲劇へのカウントダウン」をどうやって書いていこうか…と、ひたすら考えました。

ヒューストンを後にしたあと、次の目的地から始まった出来事を包み隠さず書いていくことによって、私は読者の皆さんに「悪い人間」を見せてしまうかもしれない。

だから、今までみたいに名前も写真も出さずに書こうって、最初は思っていました。

結論から言って、この悲劇をくれた人との信頼関係なんて1mmもないし、今どこで何してるかさえもしらない。

私のブログのテーマ上、信頼関係のない人は登場させないとゆうことは先にたっぷりとお伝えしました。

 

そうやって、今回もブログに登場させずに書いていこうと、あたまの中で記事の構成をイメージしていると、、、

なんだか嘘みたいな記事しかできあがりませんでした。

こんな中身のない記事、、、、私のブログには載せれない。

その原因は、記事に使える写真が限られてくることにより話の辻褄を合わせにくくなることと、その人が最初っからそんな最低な人間ではなかったとゆう事です。

私の性格や行動が、あの人にあんな行動をさせてしまったのかもしれない…と思うことも、振り返ればあった。

だって、出会ったばかりの日々は、この旅で一番楽しいと思えたぐらいキラキラした時間だったから。

 

過去記事の「本当は書きたくなかったこと。」の最後らへんにも少し書いたことがありますが、

私は綺麗事だけを書くようなブログを作りたくない。

やっぱりちゃんと記さなきゃ。

めんどくさいし、またあの傷みをほじくり返さないといけないからめっちゃしんどいけど…

でも、あの経験がなかったら多分今の私にはなれてなかったから。

だから書く。全部書く。

 

長くなりましたが、ここまで読んでくださってありがとうございます。

以上を踏まえて、私なりにちゃんと相手が私に与えてくれたこの経験に敬意を持って、次から記事を書き進めていきたいと思います。

 

重い話してもうたー(・∀・)リラックス!リラックス!

▼ブログ村のランキングに参加してます。
1日1回クリックしていただけると、
嬉しくなって更新が早くなるようです(・∀・)
どうぞよろしくお願いします。
↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村 旅行ブログへ
バナーが表示されないときはコチラを押してください!

コメントを残す