二人旅ってなんなんだろう?

二人旅ってなんなんだろう?

ついにやってきました!

Walt Disney World Resort in Orlando!

着いてそうそう、ミジが「パーカーを買う!」とShoppingに行ってなかなか帰ってこなかったので、1人ありきたりポーズで記念撮影して待ってました(・∀・)

 

シンデレラ城はいつ見ても素敵だなぁ。

ウォルトディズニーさんとミッキー!
これって、ここのディズニーにしかない像なのかな?(・∀・)

 

買い物から帰ってきたミジと教えてもらったモデルポーズで記念撮影♪あ、ちなみに中に着てる服は出逢った日にH&Mの激安セールでお揃いで買いました。

さてさて。

東京ディズニーランドの約122倍の敷地面積といわれるここ、オーランドのディズニーワールドリゾート。その敷地内ぜんぶを楽しもうと思うと1週間でも足りないといいますが、私達がここに滞在できる時間は閉園まで。

その中で今回私達が選んだのは、もちろんマジックキングダム。

画像引用元:http://www.northcountryquiltshop.com/walt-disney-world-resort-map.html

本当はアニマルキングダムとかも行きたかった。サファリパークみたいな感じで動物いっぱい見れるんだって。よし、ここは新婚旅行にとっとこう!←

 

世界中から人が集まる場所なので、もちろんアトラクションは常に数時間待ち。あと、同じフロリダの中なのに、マイアミとは違って結構寒かったです。

 

お昼のショー inシンデレラジョー

 

お昼のパレード

 

ジャックスパロウ〜!イケメン〜!

 

アリエル〜✨
あなたのせいで私、小学3年ぐらいまで将来の夢は人魚だったんだよ〜!毎日ちっさいお風呂の中でグルグル回ってあなたの真似したわ〜。(今思ったらアレは神業かもしれない…)

 

あともう1つ、、、
黄色くて赤い服を着たあの子を遠目に発見したときは、興奮せずにはいられませんでした。

プーさぁぁぁぁぁぁぁん!!!泣感動嬉幸

きゃー!プーさん!いつも一緒だったプーさん!

20年以上一緒にいたプーさん、実はレオが虹の橋へ行くときに寂しくないように一緒についていってもらったの。

 

そんなプーさんと再会(?)の時が!
(彼は人気者なので、1時間ぐらい待ちました)

 

「プ〜さぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん!!!!わぁ!プ〜〜〜さぁぁぁっぁぁぁん!!」

「ひさしぶりだね、愛〜!元気だったかい?」(※空想です)

「ほら、ティガーにも挨拶しておいで」(※空想です)

「う〜ん。。。。嫌だ!プーさん、あなたがいい!!!」

「・・・・・・・・・(ティガーの気持ち)」

「・・・・・(ティガーの気持ち)」

 

ティガー、本間ごめん!
プーさんしか見えてなかった…爆


 

プ〜さんに会えた。めちゃくちゃめっちゃくちゃ嬉しかった。

ディズニーに来て良かった。ディズニーに来れて良かった。

そもそもディズニーは1人でも絶対行こう!とは思ってなくって、そんなときにミジに逢えて意気投合してこうしてここまでやってこれた。

 

だけど実は、、、うん。これは私の性格にも問題があるけど、

二人だから来れたとゆう以外に、二人だから楽しいって感じることは正直このときからなかった。

出逢った初日に感じたあのパワフルで単純な楽しさはもうどこにもなかった。

 

ミジは常に自分のモデル撮影に集中していて、移動するたびにカメラと携帯で写真を撮ってと言う。その度に荷物を持たされ、納得行くまでシャッターを押すとゆう行為に、私はだんだんめんど臭さを感じていた。

写真が好きなのは出逢った当時に聞いてた。けどまさかここまでとは思ってなかった。まるで私の役割は専属カメラマンだ。

ミジは自分の撮影が終わったあと、「愛ちゃんも撮りますか?」と必ず聞いてくれたが、そのあとで「うん!」という気分にもなれんかった。

二人で写真を撮るよりも多いミジのソロ撮影に、だいぶ疲れてたんだと思う。

 

それにアトラクションを待っているときも大きな隙間を感じた。

撮影した写真を加工し、すぐにSNSにアップするとゆう作業を常にしているので、あの長い待ち時間の中で会話することがほとんどなかった。

私が女っぽくないだけで、これが普通の女子同士の旅なのか…?

気を使う関係は嫌なので、私もそんなミジを見て無理に話を持ちかけることも特にしなかった。

待ち時間に見つけた赤ちゃんをずっと見てた。

 

 

でもディズニーの凄いところは、どんな心境でも絶対楽しさと感動を与えてくれるとゆうとこ。

夜になり、シンデレラ城のライトアップショーが始まった。

 

やっぱりすっごい感動する。クリスマスとゆうこともあり、アナ雪バージョンで城が彩られた。

 

このとき、ミジは周りでやっていたパレードのダンスに走って行ってしまい探しても見つからず、、、私はここで当分一人になった。

 

でもディズニーの魔法のおかげで、心が寂しさを感じることも荒れることもなく、不思議なぐらい暖かくその状況を見守った。

「すみません、シンデレラ城入れて写真撮ってもらえませんか?」と近くにいたファミリーの人にお願いすると、

「カメラのフラッシュを使うと、シンデレラ城が綺麗に写らないな〜」と、自分の携帯のライトを私の顔にわざわざ当ててくれて、この最高の1枚を撮ってくれました(感動)

ただの1人の観光客の写真にそこまでこだわってくれるなんて…と感謝を伝え、そこから会話をして発覚したのですが、、、

 

なんとこの写真を撮ってくれた人、まさかのここディズニーワールドでアナ雪のエルサを演じている人の旦那さんとお母様でした!!!驚)

この人かな?!

 

えー!!!だからこんなに写真上手なの?!(゚Д゚)

3人で一緒に記念写真撮ってもらったんやけど、「SNSには絶対に載せないでねっ」って言われたので載せれません(泣)ただ、旦那さんスーパーハンサム&お母さんもナチュラル美人でした。

 

そして、ダンスから帰ってきたミジと最後にパチリ。

 

さぁ。夢の時間は終わった。
フォートローダーレールに帰ろう。

 

帰りの車の中、ミジは途中から爆睡でほぼ私の運転で家まで帰った。

 

私はこの日から「二人旅って、こんなんなんかな?」と疑問を持つようになった。

 

二人だからディズニーに行けた。二人だからシェアできた。

 

でも、二人だから楽しかったとゆう心は、やっぱりどこを探しても見つからなかった。

 

どう表現すればいいのかわからないけど、、、

ミジといると、自分が本来の自分じゃないってことには気付き始めていた。

もし今後もこんな二人旅が続くなら、私はもう無理かもしれない。

無理とゆうか、、自分のありのままで旅をするとゆうことを我慢しなければいけないかもしれない。

 

でも、このときすぐに答えは出なかった。

 

家に到着したときは、もちろん日付も変わっていて、2〜3時間もすればすぐに空港に行く時間だ。

バイバイ、フロリダ。次はキューバだ。

 

シャワーを浴び、バックパックに荷物をつめ、まだ朝5時前にも関わらず起きてきてくれたスティーブにお別れと感謝を告げる。

そして、ミジに「じゃあ、先行くね。キューバで待ってるから来る日決まったら連絡して!」と告げ、慌ただしく出発。

 

さぁ、今からはちょっとの間1人旅に戻る。

落ち着いて自分の中を整理しよう。

すみませんが、今日もワンクリックにご協力お願いしますm(_ _)m
▼ ▼ ▼

▼ブログ村のランキングに参加してます。
1日1回クリックしていただけると、
嬉しくなって更新が早くなるようです(・∀・)
どうぞよろしくお願いします。
↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村 旅行ブログへ
バナーが表示されないときはコチラを押してください!

コメントを残す