NASAの宇宙飛行士に「宇宙人信じてますか?」ってガチで聞いてみた。前編

NASAの宇宙飛行士に「宇宙人信じてますか?」ってガチで聞いてみた。前編

ヒューストン2日目です!

昨晩ジョンに、「明日早速、NASAに行ってくる!(・∀・)」と言うと、「あんまりおもしろくないで」と言われました。

えぇ〜…。これだけのためにヒューストンに来たのに……???泣)

 

そんなジョンの助言?を胸に抱きながら、やってきました!

NASAヒューストン宇宙センター(Space Center Houston)

着いて早々、でっかい飛行機がお出迎え!そこロケットちゃうんかーい!(・∀・)って独り突っ込みしてもうたわ。

エントランスには土星への航海のことが書かれた看板が。

ちなみに私は惑星の中で土星が一番好きなんです。前に、小笠原諸島で天体望遠鏡から土星を見たとき感動で悲鳴あげたもん。環がむっちゃくっちゃ可愛いんです。

 

入場券を買います。値段は$29.95でした。

 

あ〜ドキドキするなぁ。ずっと来たかったNASAが目の前に…!さぁ!中に入りましょう!

 

なんか想像してた雰囲気とだいぶ違うけど、とりあえずNASAのロゴがめっちゃかっこいい〜!

 

このド派手な宇宙服のデザインは手書きらしい!きっとオブジェかな?(・∀・)

 

男の子が喜びそうな簡易的なアトラクションがあったり、、、

 

歴代の宇宙飛行士さん達の写真が壁一面に貼られていたり、、、、、、

 

ちょっと衝動買いしてしまいそうなお土産屋さんがいっぱいあったり、、、

 

シアタールームがあったり、、、、、、、、、、

 

・・・・・・。

レ?ゼンゼンオモシロクナイ・・・。

ジョンが言うてたんはこうゆうことか!?うん、確かにおもしろくない。そんなに広くもなくて、あっとゆうまに一通り見終わった…。

私が想像していたNASAは、宇宙飛行士さんやエンジニアさんがバタバタと行き交ったり、トレーニングをしていたり、なんかの実験をしていたり。

いや、まぁそんなピリピリした場所に簡単に入れるわけないだろ!って言うのはここに来て察知した…(・∀・)!でも…

 

肝心のロケットはどこ?

「ロケット見れないんですか…?」と、女性のスタッフさんに訪ねてみると、ちゃんとこんなものがありました!

ロケットが間近で見学できる!トラムツアー


あ〜!よかった!(・∀・)ちゃんとあるんだ!テンション盛り返してきたぞぅ!

 

実は、NASAの敷地はGoogleマップから見るとこんな感じになっているんですね〜(・∀・)
◯で囲ったロケットパークに、実物のロケットがあるようです!

 

私が今いるヒューストン宇宙センターから、赤と青の2種類のトラムツアー(無料)が催行されています。

レッドツアーは、宇宙飛行士のトレーニング施設
ブルーツアーは、アポロ計画で実際に使用されたミッションコントロールセンター
どちらのツアーを選んでも最後はロケットパークに連れてってくれます!

私は、レッドツアーに参加しました。理由は、そっちのトラムが早く来たから(・∀・)

さらに、超宇宙ホリッカーな方には、Level9 Tourとゆう1日12人しか受け付けてない有料ツアーもあるそうで、普段お目にかかれないようなNASAのあんな場所やこんな場所まで♡入れてもらえるみたいですよ!多分1万円ぐらいだったのと事前予約が必要だと思います!

 

ってか、アポロ計画で思い出したんですが、、、

人類初、月面着陸への有人宇宙飛行挑戦となったアポロ1号

人類初の月面着陸への挑戦となったアポロ1号。そのアポロ1号と飛行士3名が、地上を離れることなく犠牲となったことは多くの人がご存知だと思います。

心が締め付けられて、こうして書いていても泣いてまいそうになるんですが、、、

アポロ1号とその船内にいた飛行士3名は、月への出発を翌月に控えた、1967年1月27日金曜日、飛行前試験のために乗り込んだ船内で、火災爆発により亡くなっています。

引用:https://www.popsci.com/without-apollo-1-we-may-have-never-made-it-to-moon

 

NASAが原因を徹底的に調査した結果、飛行士の座席の足下にある電線の絶縁体が裂けてむきだしになっていたため、船内に満たされていた純酸素が、電線から発生した火花に引火して燃えだし、炎は秒単位でどんどん大きくなっていき、船外にいたスタッフまでをも巻き込むほどだったそうです。

酸素のない宇宙空間で、純酸素はロケット飛行に必ずなくてはならない燃料。その量は、ロケット重量の90%を占めるとも言われてます。

ロケット内から外に脱出するハッチが開くまでには最短で90秒かかる。

火災から発生する有毒ガス、複雑な構造の船内、秒単位でどんどん加速していく炎、、、助け出すことは不可能だったそうです。。。



昨今、テクノロジーの進化とともに民間企業がロケットの打ち上げをするまでになり、世界一のリスクテイカー&起業家でもあるイーロンマスクさんが、火星への人類移住計画までを公に断言する時代になりましたが、、、

イーロンマスクが好きすぎてジャケ買いした雑誌(・∀・)

 

そんな彼でさえ無人ロケット打ち上げ実験中、もう何度もロケットを爆発させては再チャレンジを繰り返し、その後、国際宇宙ステーションISSに民間企業初のドッキングを成功させました。

イーロンマスクさんや日本の実業家ホリエモンさんは、汎用性・再利用性のあるものを使用し、ロケット制作に使用する材料を極限まで抑えることで、一般人が低価格で宇宙旅行にいけるという事をテーマに挑戦されているので、今の技術を持ってしても凄まじく難しいことだと思う。

 

それを踏まえて考えてみても、1960年代の当時に月面着陸へ挑戦した宇宙飛行士さんの意志は、計り知れないほど勇敢だったことだと、、、胸が締め付けられます。

アポロ1号で人類初の月面着陸に挑んだ勇敢な宇宙飛行士

3人の勇敢な飛行士さんの名前を見て、どうしても気になることがありました。

引用元:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Apollo_1_Prime_Crew_-_GPN-2000-001159.jpg

 

(左から)
エドワード・ホワイト(Ed White)
ガス・グリゾム(Gus Grissom)
ロジャー・チャフィー(Roger B. Chaffee)

もうピンときた方もいらっしゃると思いますが、
エドワード・ニューゲート
ポートガス・D・エース
ゴール・D・ロジャー(右下)

漫画ワンピースの主要人物の3人と名前がかぶってるんです。

しかも3人が亡くなっているとゆうところまで…。

これ、、、偶然の一致ではないよね?

この地球でリアルに起きている出来事から歴史まで、ありえないぐらい多くの伏線を漫画に取り入れている尾田栄一郎さん。

やっぱりワンピースの最大の謎「Dの意志」は月への探索が関連しているのかな…??

 

それに、アポロ計画にはまだまだ一般人には知られてない謎があるかもしれません。

「アームストロングの月面着陸は偽りだ!」とか、「アポロ1号のこの悲劇は何かを隠蔽するために仕組まれたものだ!」とかオカルト的な話に興味を向ける人もいます。

 

それについては、自分が信じるように進んでいけばいいと思う。

 

サンタクロースを信じるか信じないかと一緒で、自分が信じた方向に物事は進んで行くから。

 

おっと、なんか話がそれてめっちゃ長くなりそうやから、「宇宙人信じてますか?」って聞いた話は次回に書きます(・∀・)

 

では!

▼ブログ村のランキングに参加してます。
1日1回クリックしていただけると、
嬉しくなって更新が早くなるようです(・∀・)
どうぞよろしくお願いします。
↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村 旅行ブログへ
バナーが表示されないときはコチラを押してください!

コメントを残す