シンデレラタイムにラスベガス最高の夜景へ。

シンデレラタイムにラスベガス最高の夜景へ。

今日はラスベガスのゴージャスな夜景へお連れいたしますよ〜!!!(・∀・)

エッフェル塔の夜景めざして私とゴンザレスのりさんがやってきたのは、

パリス・ラスベガスホテルとゆう4つ星ホテル&カジノ。

ここのホテルのカジノフロアの中に、エッフェル塔の展望台に行くためのエレベーターがあります。

ちなみにエッフェル塔は多分24時ぐらいまでだったような。ベラージオのウォーターショーも最終がそれぐらいの時間だからきっと合わせてるのかな?

ベガスはこんなにド派手だけどアメリカで一番治安が良いと言われてるぐらい安全な街だから、

人々がハメをハズしすぎて飛んでいかないようにカジノ以外の営業時間とかも以外と普通だし、ポリスマンやパトカーの巡回もいたるところで見かける。

でも街を歩けばしょっちゅうマリファナの匂いはしてましたけどね(・∀・)

当時はちょうど大統領選挙でトランプが勝ったことからのデモなんかも見かけたけど、ちゃんとパトカーが後ろから同行してた。

デモを見かけたとき、横にいたおばちゃんが「あいつは私の大統領じゃないわ」ってボソっとつぶやいてたの覚えてる。

まぁ、そんな話はさておきパリスホテルのカジノフロアはこんな感じ。

見て見て〜!!!この美人なディーラーさんの大胆な胸の谷間っ。

前のおっちゃん、ガン見し過ぎな!!!

正直でええな〜(・∀・)
おっちゃんの気持ちわかるでわたし!

さてさて、エッフェル塔展望台への入場料は、、忘れた!笑)なんぼやったっけ?2人で$30ぐらいやったっけ…。なんか最上階か途中までのフロアかで値段が違うみたい。

エッフェル塔は最上階ってゆってもめちゃくちゃ高いわけじゃなく街の音も聞こえるぐらいの高さだから、途中までだとめっちゃ低いんじゃないのかな〜??

何も考えず最上階行くべし!(・∀・)

さて、ここからはこのムービーを見て一緒に展望台に登りましょう(・∀・) エレベーターガールさんまさかの日本語ペラペラでびっくり!旦那さんが大阪出身の日系アメリカンなんだそう♪

 

いや〜!!!思ってたよりここから見る夜景は、今まで見た夜景の中でも群を抜いて綺麗さがせまってきた!!!

何と例えたらわかりやすいかなぁ〜!??と考えてみたら、例えば世界3大夜景の1つ、香港のビクトリアピークとゆう場所に行ったことがあるんだけど、全然こっちの方が感動がでかい!!!

なんかね、目の前の夜景を作っている素材1つ1つのイルミネーションが近いの!!!多分そのせいで余計綺麗に見えるんだと思う気がした。

1つ1つのライト&イルミネーションが近いのに、ラスベガスの端から端までを見渡せてるんじゃないかと思えるぐらいのスケール!

もうどっちがこれ以上近くても遠くても駄目な絶妙に計算されたサイズ感の夜景だと思いました!

ベガスのこの豪華絢爛な街があってこその大夜景。他のどこにもないカラー。

のりさんが、「あそこから宇宙人呼んでるらしいよ!」って言ってたピラミッドの頭頂部から発射されてるビームがなんかこう見るとすごく神々しい。

あとでこのピラミッドのあるところにも遊びに行くことになりました(・∀・)

寒いこの時期のこの時間は、ここに来る観光客も少なくって。それは私達にとってはただのラッキーだった。

日付が変わる前に今日最後のベラージオのウォーターショーを上から拝見。

 

なんで人って夜景が好きなんだろうね。

大自然を体感したときのあの計り知れない壮大さにどこか怖くなる感覚とは反対で、都会の夜景はどこかで何かに安心するものがあるのかもしれない。

目の前に見えるこの街に自分が生きているとはっきり思えることとか。

目の前に知っている世界がはっきり見えていることとか。

人間が作り上げたものだからこその安心感とか。

ただ不思議なのが、私は夜景を見て感動するのは本当にこの場所にいるこの瞬間だけで、

そのあとこの夜景を思い出して何かのエネルギーになったりとか、燃えるような決意を手助けするようなきっかけになることは過去の経験にはない。

こんなにもギラギラして輝いていて綺麗なのにおかしいね。

早く大荒野デスバレーのことが書きたくて仕方ないのですが、ラスベガスナイト散策記事はもうちょっと続きます。

ラスベガスで泊めてもらってるホストさんともまた色々あって、、、

そのこととかもちゃんと書きたいのでラスベガスのメインであるデスバレーの記事を書く日までもうちょい待ってちょ(・∀・)

コメントを残す