もしも “YES” と言っていれば。

もしも “YES” と言っていれば。

ラスベガス到着2日目にして、大興奮のシルクドゥソレイユから夜のベガスの街までを短時間でいっきに堪能してしまった私は、翌日目覚めてからすぐに次の目的地への航空券を探し始めた。

明日デスバレーに行けば、ここベガスに長居する理由はもうなかったから。

次の目的地は、あるTV番組の映像を見てからずっと私もこの海に潜りたいと思っていた凄いダイビングスポットのある場所、

メキシコのLaPaz(ラパス)に決めた。

ラスベガスからまずメキシコシティへ向かい、セドナで仲良くなったアイデがシティに住んでいるので、そこで夜を過ごさせてもらってから翌朝、国内線でラパスへ向かう感じのプランで航空券を買った。

お姉ちゃんにこんなにも早く再会できる。そしてこんなにも早くメキシコへの国境を越える。さらにそこにはどんな海が待っているんだろう。

うん、すんごいわくわくする。良い感じ。

さて、この日は特に何もするでもなく近くのアウトレットに出掛けて、安くて使えそうな服を探したり(・∀・)

途中Uberで出逢った運転手さんと仲良くなって、その人が仕事が終わってからバーに飲みに連れてってもらったりもしたんだけど、

お酒が強すぎて「これ苦くて飲めない、飲んで(・∀・)」と突き返したら、その人自身がけっこう酔い回っちゃったみたいで、早めに解散したり(笑

なんかそんな適当な感じで普通な時間を1人外で過ごしていた。

帰宅すると、ホストさんとアリゾナ州から車で来た彼の友達がお酒のボトルとショットグラスを手にとりながらガヤガヤと賑やかに盛り上がっていて、家の中は聞いたこともないラップ系の音楽がガンガン。

アルコールをいっぱい飲んだのか、なんだかめずらしくご機嫌の様子。

挨拶しても目すら合わせてくれないこともあったのに、帰宅した私を見て今日はめずらしく話しかけてくるホストさん。

へーい、どこ行ってたんだぃ?ベガスはどうだ?

わたしは外であった出来事を簡単に彼にアンサー。

さらにやたら私の低い鼻を見ているなと思ったら引っ張ってきて、

アジア人って本当にキュートな顔してるよね

って褒められてるはずなのに、なんかちょっとカチンともくるし、

私の英語が今日の彼にとっては爆笑ものらしく、喋るたんびに笑われたりもするからバカにされてるみたいでイイ気はしない。

それ以外にも基本的にいじわるだ。

そんな彼が「日本語で、◯◯◯◯(←彼の名前)超セクシーでハンサムだねって言ってみて」っと言ってきたので、私はリクエストにお答えして、

◯◯◯◯、チョウセクシイダネ、デモナンダカワルイヒトダネ」と日本語で言ってやった!

よし!!!(・∀・)

会話も挨拶もなくて冷たい感じがする家の中よりは、こうゆう雰囲気のほうが全然いいし、私も彼達のテンション高めで、ところどころヤンチャな会話を適当に聞きながらその場でパソコンとか触ってたら、、、

彼の友達がドラッグと拳銃を取り出しテーブルの上に置き始めた。

この人達、想像以上にヤンチャだなぁと思いながらも、特に反応するでもないわたし。

それを今どうこうして犯罪的なことに使う空気じゃないことはなんかわかる。

アリゾナから来た彼の友達は、職業柄それを支給されてるみたいなことを言ってた。

そんなヤンチャな空気の中で、彼に

今ベガスで一番あついクラブイベントに行くけど、お前も行くか?」と誘われる。

いや、わたしドレスとかヒールとか持ってないし多分入れないよ」とゆう私に、

その服装(ショーパンと今日買ったタンクトップにアウトドアシューズ)でも大丈夫だよ

と光沢グレーのカッターシャツでバッチリ正装している彼が言うてくる。

そう。ベガスの高級ホテルのクラブは正装が基本。女性のドレスアップのレベルはマジでカンヌ映画祭級だからね。。。

悩んだすえ、これも一種の経験かな?こんな格好じゃ絶対入れないだろけど、もし入れたらちょっとその場所がどんなものか見てみたい気もするし、、、

もし合わなければ1人で先に帰って来ようと、若干重たい気持ちを抱えつつ、彼らと一緒に家を出た。

途中、「あなたはリアルリカちゃん人形ですか?」とゆうぐらいブロンドロングヘアの超脚長くて細くて美人で良い感じに悪女っぽい女の子も合流して、そのクラブがある高級ホテルの中へ。

クラブへ行くまでに数々のブランドショップが立ち並ぶエリアを抜け〜カジノを抜け〜バニーガールとすれ違い〜レッドカーペットを踏み〜ドレスアップしたガールズ達を鑑賞し〜、ガンガン床が振動する入り口前についた。

多分だけどこの日連れてきてもらったイベントは、HAKKASAN だったと思う。

画像引用元:http://hakkasannightclub.com/

 

このときは突然だったから調べもしなかったけど、今調べてみたら世界中の人々がこよなく愛する名高いDJ達が普通にここでまわしてるのですね!!!驚

例えば、以前このブログでも紹介したことのあるZeddや、Calvin Harris、さらにこの人には驚いた!なんとHardwellまでもがここに登場するらしいっ!!!これはちょっと…お目にかかりたかったなぁ。。。

本当にすんごいクラブなんだね!彼がベガスで一番あついってゆう意味が今になってわかった(・∀・)

 

で、結局のところですね、、、

私、クラブに入れなかったんです。

服装は意外にも問題なかったんですが、身分証を持ってなかったので入れてもらえませんでした。

ドルと携帯だけポケットに入れて、ほぼ手ぶら状態で出てきたから、財布とかパスポートとか全部カバンの中で。。。

だけど、なぜかわかんないんだけど、これで良かった気がした。なんかホッとした。

私のせいで入り口でつっかえてる彼と彼の友達とリカちゃんに、

わたしのこと全っ然気にしないで!大丈夫だから!先帰ってるね!楽しんで!!」とサクッと告げ、

早足でその場を後にし、本当に広いホテルの中をまた迷いながらも、とにかく外に出たくって。

なんか駆け足気味で外に出れるドアを探した。

外に出て少し冷えた空気を吸った瞬間、我に戻った気がした。

ポケットの中に$30。

お腹が空いた。

昨晩あんなに歩いたベガスなのに今自分がどこにいるのかわからない。

そういえば、日本の友達に「ベガスに行ったらNYNYにあるSHAKE SHACK(シェイクシャック)のハンバーガー食べて!他と味が違うから!」って言われてたのを思い出して、そこに向かうことにした。

NYNYの建物はここから見えるから、あの方角に行けば辿り着けるはずだ。

店につくと、店内は満員だったのでテイクアウトで、メニューは一番人気のやつを店員さんに教えてもらってそれを頼んだ。

少し待ったあと、テイクアウトの紙袋2つを抱えて外に出て、座って食べれそうなベンチを探した。

アウターの下はタンクトップ一枚だったからとにかく寒かった。

ハンバーガーもポテトも冷たい風のせいですぐに冷えて美味しさは感じなかった。

美味しいと感じれないハンバーガーのせいか、寒さのせいかわからぬまま、なんかちょっとだけセンチメンタルになっておうちに帰った。

.
.
.
.
.
.

ガチャ。

家の玄関を開けて、私は唖然とした。

ホストの彼をはじめ、彼の友達も、リカちゃん人形もそこにいた。

やっと帰ってきた!どこ行ってたんだ?携帯見なかったのか?」と言われ、

ご飯食べてきた」と答えると、

また行くだろ?」と彼に聞かれたが、

 

わたしはもう、YESとは言えなかった。

 

そんな私の返事を聞いて、彼とリカちゃんが目を合わせて深くため息をついて下向きに。

このときのなんとも言えない雰囲気。

今になっても整理できない少し複雑な感情。。。

私のせいで。。。。

 

私は別に彼らと仲良しな友達でもなく、数日お世話になっているホストさんともお世辞でもいい関係とは言えない。

それなのに、わざわざ時間を裂いて帰ってきてくれたことがサプライズすぎて、その優しさの意図が全然わからなかった。。。

だけど、わたしがこのときもしYESと言っていれば、、、もしかしたら明日、あんな出来事にはならなかったかもしれない。

 

コメントを残す