シリコンバレーの凄さに圧倒された。

シリコンバレーの凄さに圧倒された。

こんばんは!あいあいです。

なんでシリコンバレーに興味持ったんだったけ?と記憶を遡っていたら、小笠原諸島の海の上でご一緒したときに仲良くなったこの人↓の影響だったことを思い出しました。

あ、ちなみにこれ↓わたしです(・∀・)

この人は、IT業界で活躍されてる桁違いに凄いプログラマーさんで、WEB業界で仕事してきたといえ、通販業界でのディレクション・デザインがメインだった私は、プログラミングなんて宇宙人がやるもんだと思ってたんだけど、当時28歳だったわたしに、この人は

俺も「今の年収じゃだめだな〜と思って、28歳から3年間猛勉強して転職したからね〜♩全然遅くないよ。あと英語は必須だね!」

と言われ、ほんと単純な私はプログラミングと英語留学を決めた。

4ヶ月プログラミングを毎日勉強した結果、「絶対向いてない〜!ってか楽しくない!デザインしたい!」てなって、結局エンジニアの方には進めなかったけど、、、

でもプログラミングの概念がちょっとはわかったから、プログラマーさんへ依頼するときに「こうゆう依頼の仕方・話し方をしたら伝わりやすいかな」とか素人よりは気付けるようになったので、無駄なことではなかったかなって思う。(プログラミンがどんなけ嫌だったかは過去の記事で綴ってます)

話を戻して、世界を股にかけて活躍されているこの人が、「もうすぐサンフランシスコにある会社に戻るんだ〜嫌だな〜あはは〜」ってゆうのを聞いてたので、その前にもう一度ちゃんと話が聞きたいと思い、わたしは小笠原旅行から大阪に帰ってきたあと、すぐにもう一度時間をつくって、この人がいる東京に向かった。

友達がプレゼントしてくれた青春片道切符で10時間もかけて!爆笑

築地市場で待ち合わせで、値段がかいてない方のお寿司やさんに連れてったくれたこの人は、やっぱりすっごい実力者なんだなって思ってわたしはそれ以来、この人を「ボンボン」と呼ぶことにした。

この人も「おれボンボンだから〜!」とほんとうにノリよく受け止めてくれる。やっぱりすごい人は器から違うんだなぁ。

ちなみにこの人がマネージャーとゆう肩書きで所属している外資系企業は昨年、約5億米ドルで大手IT企業の姉妹会社になったってなんかのニュースで見た。

外で美味しいご飯をいただきながら、

・具体的にどんな仕事をしてるのかってゆうこと
・世界に通用するにはどうゆう人間にならなきゃいけないかとゆうこと
・将来のビジョン
・アメリカのこと
・なぜかお互いの家族のこと
・世界一流企業の採用面接のこと
・天体観測のこと

もうお腹と頭がいっぱいで、途中ボーリング行きましょ!って言ったくらいだからね。

そして、「ボンボンの書斎見せてください!」とゆう私のリクエストに「もちろんいいよ♩」と答えてくれ、びっくりするくらいの高級タワーマンションに着いて・・・、書斎を見た瞬間、わたしはこの人を宇宙人」と呼ぶことにした。

なんだか腰が抜けて座り込んだもんな。

あ、世界で活躍する人は、ここまで遠いのかって。

「どしたの?」と聞かれて、「いや・・・正直・・・ここまで遠いと思ってなかったです」っていうと、「なにが〜!笑」って笑ってたけど。

当時のわたしにはその部屋は衝撃だったんだ。

辞書なみに分厚い参考書のほとんどが英語で、量も半端なくって。

これ全部読んだんですか?って聞くと「もちろん!」って。そんな軽快な笑顔で「もちろん!」なんて言える量と内容じゃないよ。

さて、そして渡米前のわたしに戻ります。

わたしちゃんと知ってました。

シリコンバレーのIT企業のオフィス内に入るには、そこで働いている人のアポがないと入れないとゆうことを。

この扉を開けるのは、ここで働いている人のカードが必要です。

渡米前、シリコンバレーの各企業に出入りしている、ボンボン宇宙人にも恐れ多いけど聞きましたが、「もう知り合いやめちゃったんだよね〜。」って(泣

「オフィスの中に入れなくても行く価値ありますか?」と聞くと、「うん、行ったほうがいいね。あれがあそこの凄さだから。」とも言ってくれた。

でも、本当に「すごーい」なんてもんじゃなかったよ、シリコンバレー。会社でもなく、ドームでもなく、会社がもう街だった。

その圧倒的な雰囲気と広大さに、ジョブズやザッカーバーグがどれだけ偉大か、「偉大な人」とゆう意味を肌と心の奥から感じることができた。もう桁が違う。

次回は・・・
ついに!Google本社オフィスに潜入成功!でも一体どうやって・・・?の巻。みてね。

 


ご意見・ご感想などはこちらから。

コメントを残す