I didn’t choose you, my heart did.

I didn’t choose you, my heart did.

セドナを離れる日は、私の30回目の誕生日だった。

おめでとう自分。

誕生日にセドナを離れるとゆう微妙な感じになったけど、それを決めたのは他の誰でもない自分。

ここに住みたいと毎日思ったくらいセドナが好き。

私がもっといたいと言えばパトリックはずっと泊めてくれるような気もした。

お金持ちの犬の散歩の仕事なんかがあるよ〜と教えてくれた地元の人もいた。

パトリックが掘っているパワーストーンのことを勉強してネット販売なんかを真剣に始めてもおもしろそうとか。セドナに関わる人生をふっと考えた時間もあった。

 

けど、私はまだ見ぬ世界のために次の場所に進む。

 

若い頃から憧れた聖地セドナで過ごすことのできた1日1日は今でも心で目映く輝いている。

約1ヶ月かけて、セドナでの深い記憶を漏れなく文字に書ききることができたんじゃないかと思う。

ここで繋がったたくさんの縁が今の私を活かしていると日々感じる。

すっごいおもしろいのが、セドナの友達ジェフリーが日本語で書かれたこの愛旅のサイトを見て連絡してきてくれた。

前の記事にも書いたけど、ジェフリーとなんの懸念もなくお互いの夢や目標なんかを語り合う時間は本当に貴重な人生のエネルギーだ。

私のセドナでの恩人パトリックも、私がセドナとお別れしたあと何度か「戻っておいで」と連絡をくれた。

ただで泊めてもらってお世話になりっぱなしなのに、彼の方からそんな言葉をかけてくれるだけでもう感無量だった。

何度でも言いたい、パトリック本当にありがとう。

 

だけど実はね、私はセドナに戻りたいとは思わないんだ。

セドナは大好きほんとうに。パトリックにもまた会いたい。ジェフリーにもマイクにもハリソンにも、かわいいジャイにも。きゃんきゃんうるさいピューイにも。あのセドナの景色にもパトリックのおうちにも。

でも、今じゃない。今は全然戻りたいと思わない。

今戻っても私はきっと何も感じないと思うんだ。

この記事の英語のタイトル、「I didn’t choose you, my heart did.は、「私じゃなくて、私の心があなたを選んだ」ってゆう意味なんだけど、まさにそんな感じ。

またきっと将来、私の心がセドナを求めるときが来るまで。それまでは心の中でセドナにあの神秘的な瞬間に帰るねっ。

 

さぁ!セドナとお別れの日。

わたしは本当にお世話になったパトリックに何かできることはないか、でも生のお金を払う以外のことでと考えたときに、パトリックにパワーストーンのアンクレットを作ってもらってそれを買おうと密かに思っていた。

あとは、メキシカンのお姉ちゃんアイデが提案してくれた、スーパーでパトリックが普段使いそうなオーガニック系の食材や日用品なんかを買って冷蔵庫を満タンにしておいた。これはアイデと折半で(・∀・)

でもパトリックは私が買ってきたココナッツオイルで「最近肌がカサカサなんだ…」という私に、カカオの匂いがする特製ボディオイルを作ってくれて瓶に入れ持たせてくれた。

バックパックが重たくなるけど、旅の間ずっとそのオイルをシャワーのあと使って乾燥を防いだ。彼がわざわざ作ってくれたことがどんなブランドのクリームよりも効果がある気がした。

そして最後にパトリックが作ってくれたアンクレットを付けて、空港への迎えのバンが来るまで、セドナにお別れの挨拶をしに行こうと家の裏地の景色の前に1人座って、寝転んだりもして、ゆっくり思い浮かぶだけいろんなことを想った。

ちなみにこのアンクレットは、全然わたしの好きなデザインじゃないっ。パトリックに「どう?好きか?」と聞かれたとき、わたしは「うん!」とはっきり嘘をついた。

もっとこうして、この色で、このサイズで〜と言えない自分がそこにいた。理由はわかんないけど言えなかったんだ。

帰宅して、パトリックの家によく遊びに来ていたハリソンおじちゃんにキャンピングカーから「愛!」と呼ばれて、そこに向かうと「どの色がいい?」と聞かれた先には、ハリソンがつくったセドナのオリジナルTシャツが;;

ブルー!」と答えると、お前はMサイズだろと言ってセドナシャツを頂いた。ケンタッキーみたいなハリソンおじちゃん。彼とももっともっといろんな話がしたかったな。

ついにバンがやってくる数分前。

パトリックが座るソファにきちんとお別れの挨拶をしにいった。

パトリックがきつくハグをしながら言ってくれた言葉で思わず涙が出てしまい、私はまた感謝の言葉を上手に伝えられなかった気がするけど、

恐縮ながら私の表情やマインドからちょっとでも感じ取ってくれていてほしいなと切に願う。

そして、最後にパトリックに言われた言葉。

愛はラスベガスと合わないよ。嫌になったらいつでもここに戻っておいで。

私は笑って返事をした。

パトリックと初めて会った夜にもらったまだ土のついたクリスタルと、このお別れのときにまたもらったクリスタルの2つをカップルにして、わたしはこの子達を常にポケットに入れてこの先ずっと旅をした。

今でも大切にしているクリスタルカップル。

 

本当に、いろんな感情を与えてくれたセドナ。

ありがとうよりも強いありがとう以外の言葉を今世界が新しく作ってくれたら、私はその言葉をすぐに覚えて書いて模様を付けてあなたに届けるよ。

はじめてのカウチサーフィンでの旅。素晴らしいホストさんとその友人と出逢い、想像のはるか彼方とゆうぐらいの経験をした。

もう長く旅をしているような感覚になったけど、まだアメリカ横断の旅始まってたった2週間。

私は次、ネバダ州・ラスベガスに行く。

欲望にあふれた街でのはじめてのトラブル。その出来事で怒り涙狂う自分。でも、悲しみは悲しみのままで終わらないことを学んだ。

では、次回からラスベガス編に突入します!(・∀・)

 

最後の最後に、もう一度言わせて?

セドナの大地、空気、自然、出逢ってくれた人、動物、すべてに。

本当に心から感謝を込めて。ありがとう。

コメントを残す