すべてをくれた。聖地セドナ。

すべてをくれた。聖地セドナ。

ずっとずっと、ここ数日のあいだずっと、セドナの記事を書いている自分をイメージしていた。

どう書き始めるべきか?

どう言葉を使うべきか?

絵を描くべきか?

抽象的に表現すべきか?

わたしが伝えたいことは、きっと100%わたしの記憶のまま届かないことを前提としてるけど、それでも全力でこの聖地のことを伝えたいとゆう思いだけはもんもんと抱えていた。

やっと今日、手探りで心と記憶になんども確認しながら、それを書いていくときがきた。どうか最後までおつきあいいただければ幸せです。

セドナのあの景色を思い返すだけで目の表面にあったかい涙の膜ができる。なんどでも、どんな自分のときも。

あの視界に収まらないくらい広大な紫オレンジの夕陽も。
まっくらな街の中、月と星だけが明るい夜の空気も。
みんなで囲んで無言でながめた黒と赤の焚き火も。
歯止めが効かなくて怖くも感じるスピリチュアルな人達も。
マリファナの匂いも、細胞がゆれるくらい重低音な音楽も。
この地ではじまった素敵なご縁のはじまりも。
ここで急にでてきたわたしの醜いわけのわからない感情も。

ぜんぶ結構はっきりと思い出せる。

わたしがみたセドナは、まさにファンタジーの世界。いや、魔法の世界か、宇宙だったのか。クリスチャンラッセンの描く絵に近いような、そんな色使いを感じた場所だった。

「ただの観光地、ガイドブック化された今流行りのパワースポット」とゆう考え方もある中で、これから私がセドナでみたもの・経験したことを書いていく前に、まずこのことを書いておこうと思う。

わたしがセドナとお別れして、アメリカ横断の旅路をすすんでいってるとき、サンノゼでお世話になったレイモンドから

「来月どこかに行きたいんだけど、おすすめのとこある?」と連絡がきたので、

わたしは「もし行ったことがないならセドナ。素晴らしい場所だった。」と返した。

ちなみにアメリカ人のあいだでは、セドナはあまり知られてなくって、私がセドナの話をすると「どこそれ?」みたいな反応が返ってくることが多かった。不思議。

でその1ヶ月後くらいに、レイモンドは本当にセドナに行ったみたいで、彼が現地にいるときに予想外のメールがきた。

「ここで1週間もなにしてたの?」

予想外のリアクションに私は驚きを隠せなかった。さっきそのときのレイモンドとのメール見返してて、わたしこんなことも言ってるんですよね。

「なにも期待しないで、ただしぜんに、ただリラックスしてね」って。

もちろん、私がセドナで感じたことや経験を簡単にかくかくしかしかと、レイモンドがセドナに行く前に話して、レイモンドも「それはすごいね。パワーだね。俺も感じてくるよ」と言ってたんだけど、、、

彼は、「ここセドナですることがない。なんかアドバイスちょうだい。」と現地に滞在しながらわたしに聞いてきた。

「えっ、、、なにも感じないの?」と聞き返すと、

「ここに愛がいたんだってことぐらい」っとびっくりする返事がきた。

このレイモンドとのやりとりから、わたしはちょっと自分なりに考えてみた。

あ、レイモンドがセドナに行ってわたしと同じような感情を抱かなかったから、なんでよー!とか、かなしいー!とかそんなことでは全くなくって、

なんか、これが当たり前で普通なんだろうなって納得できたとゆう感覚です。

以後、わたしは自分から人に「すすめる」とゆうことを見直しました。とくに大切な人に対しては、余計に。

大切な人の、その人の人生、その人の旅だから、じぶんの目で決めて心で感じて行き先を決めてほしいって。

もちろん聞かれたりアドバイス求めたれたら喜んで答えるけど、わたしから出しゃばったアドバイスはしないことにした。

そしてわたし自身もこのアメリカ横断の旅で変わりました。どんなに友人や先輩に「◯◯いいよ!絶対行った方がいい!」とか言われても、あんまり周りの情報に反応しなくなってる自分に。

だから、わたしがこれから書くセドナの記事をみてくれるみなさんにも、おせっかいながらそんな気持ちで読んでもらえたらいいなってなんかほんわりと思っています。

でも、本当にすごいんだ。セドナ。

この記事のタイトルに「すべてをくれた。」と書いてありますが、今わたしが、ようやくこの世に生を授かって人間として生きてることの意味を深く考えはじめれるようになった、その起源をくれた場所だと勝手に思っています。

なんだか帰りたくなる故郷のように暖かく、でも寂しいからとゆう理由だけで帰っても、あのとき感じた感動はきっと感じられない。。。

きっとこの世界の全ては結局は自分次第とゆう考え方を教えてくれた場所。

うまく言葉で説明できないし、あんまり詩人みたいなこと言うのも恥ずかしいのですが、なんだかそんな気がして、しっくりきたタイトルです。

さぁ!前置き書いたぞーぅ!次回からはセドナでの過ごした毎日を時系列に書いて行こうと思いますっ。

みてね〜(・∀・)

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 愛さんのブログ、言葉の選び方が素敵で、力強くて、
    文字から、素敵な生き方してるんだろうなってことが伝わってきます!

    「なんだか帰りたくなる故郷のように暖かく」と、記入されてましたが、
    わたしもセドナに行ってから、「あ、わたし前世ここにいたんだゎ」
    という無根拠な思い込みをしてます。笑 故郷を感じる気持ちと似てるかな?と。

    次の記事楽しみにしてます!

    • わぁ、素敵じゃないですか!
      思い込みでも自分でそう感じたなら、そのときは
      それが事実で前世はきっとそうだったんだと思います。
      第六感や意識で感じるものは実は一番の真実だったりします^^
      また頑張って記事作っていきます〜(・∀・)
      いつもコメント感謝ですっ!

コメントを残す