もしゲバラが生きていたら、この時代に向けてなにを言っただろう?

もしゲバラが生きていたら、この時代に向けてなにを言っただろう?

キューバ2日目の朝。

コロンビアの人達と朝食を食べたあと少しお散歩。

ラファ達はもう数日映画祭に参加した後、ハバナを離れてビニャーレス渓谷や別の場所に行くと言っていたので、とりあえず今日でお別れになった。

「俺らもう友達だから、愛が次コロンビアに来たらまた遊ぼう!」とハグをして笑顔でお別れした。

 

帰宅後すぐにシャワーを浴びてベッドに横になってみたんだけど、外がめちゃくちゃ明るいせいで全然眠れず。

それよりも昨日からメールとか全然チェックしてなかったから、近くのWi-Fiが使える公園に行った。

毎度の事ながらキューバのことあまり調べずにやってきた私。

Wi-Fiがこうゆう公共施設や高級ホテルのロビーに行かないと使えないってゆうことを、昨日ラファに教えてもらってビックリしました。

ふつうに「Wi-Fiパスワード教えてください(・∀・)」ってエヴァに聞いて笑われたからね(笑)

そのせいで公園には朝から夜までずっとスマホ族がいる。パソコンとかも普通にみんなここで広げてる。試験前の学生さんとか大変やろな〜(汗)

っで、そのWi-Fiを使うためにはプリペイドカードみたいなものを購入しないといけなくって、なんとそれが1時間3CUC(330円ぐらい)!

接続も不安定やし、規制がかかって繋がらんサイトも多いからほっとんどメールのチェックと簡単な調べ物ぐらいしかできひんかった。

画像引用元:http://www.vagabondish.com/how-to-get-internet-wifi-in-cuba/

 

ちなみに、このWi-Fiカードをゲットする方法は3つ程あります!安い順に書くと…

・通信会社で購入(約220円)
・個人ディーラーから買う(約330円〜440円)
・ホテル・施設から買う(約340〜550円)

通信会社にいちいち行くのが面倒くさいって人は、公園内に絶対何人かいるディーラーさんから買うことができます。

私にカードを売ってくれたのは、突っ込みどころ満載のこんな人(・∀・)

どこのギャングスターやおもたわ!(゚Д゚;)
でも写真撮らせてゆうたら快くOKしてくれた!笑)

値段を高く言うてくることもあるけど、「私、原価知ってるもーん!(・∀・)」と言えば、ぼったくられる事はなかったです。それでも通信会社で買う定価だと彼らに儲けはないので、3CUC以上は払ってあげてください。

 

そんな感じでメールチェックしてみると、わぉ!ジョンからメールが来とる〜(・∀・)嬉

「フロリダ楽しんでる?キーウェストまで行けたんだね!(SNSの)写真見たよ!」

「ジョン!元気?週末楽しんだ?わたし昨日からもうキューバだよ!ここ家でWi-Fi使えなくって、いちいち公園に来ないとあかんねん」

「おお!そういえば次はキューバ行くって言ってたね!俺は昨日アートショーに行って、ロードバイクで街走ってきたよ!」

 

とお互いの近況話をしつつ、昨日コロンビアの人達と出逢っておもしろい映画&経験があったことを伝えたり(・∀・)

一通りの映画の内容を伝えたあと、「ドキュメンタリー映画は性的な表現のものが多いよね〜」ってジョンは流石の意見だった!わかってるぅ〜!(・∀・)

 

 

あとは、明日キューバに到着するって言ってたミジにも連絡っ。

私が今泊まってる場所にミジも来るかなぁ?と思ってたんだけど、「タダで泊めてくれそうなホストさんを見つけた!」と謎な事を言ってる。

前回のブログにも書いたとおり、キューバではカウチサーフィンでの無償宿泊は禁止になっているはずなんだけどな〜。

「それ本当に大丈夫?」と聞くと、「タダでいいって言ってるから大丈夫だと思う。愛ちゃんも来ていいって言ってるよ?」って。

私は一度決めたホストさんをコロコロ変えるってゆう行動が基本的に好きじゃないから、無料には惹かれたけどミジの申し出を断り、とりあえず明日、その謎のホストさんの家の近くにある高級ホテルで午後3時に待ち合わせとゆうことになった。

 

 

ふぅ。これでとりあえず連絡はとれた。

 

明日からまた二人旅が始まるのかぁ。

 

昨日1日だけだったけど、1人になった瞬間いろんな人に出逢って話していきなり濃い時間を過ごして、、、やっぱり1人で旅してる方がなんか楽しい気がするなぁってこのときは正直思った。

めっちゃ当たり前のことを言うけど、何をするにも誰と出逢うにも常に本来の自分でいられるし、自分の感じた気持ちのまま動ける。だからかなぁ、1人で旅している方が出逢った人とダイレクトに仲良くなれる気がするんだ。

 

昨日コロンビアの人達と過ごしたあの場所に、もしミジと一緒だったらって考えてみた。

ミジは英語もペラペラで頭も良いから会話もきっと私より弾んで、もっと色んな話が聞けて、もっともっとおもしろい展開になったかもしれない。

でもそれはミジが作った展開であって、私はそこではきっとただの第三者なんだよなぁ。

 

心の中の説明が難しいんだけど、、、簡単に言えばミジといるときの私は、私の旅の中なのに脇役に回らないといけないってゆう潜入感みたいなものがこのときすっごいあってね。

その原因はわたしのただ狭い心と、フロリダで実際ミジと過ごした経験から。

 

私がここで完璧なお姉ちゃんになりきれたら全然問題はないんだろうなぁ。なんせ年が離れた兄2人を持つ末っ子とゆう環境で育ったので、お姉ちゃんになるとゆうことを体が知らない…。

そう思ったら、メキシコの姉ちゃんはこんな私と仲良くしてくれて疲れないのかなぁ。やっぱあの人は本当にすげぇな。。。

 





って、心の中ほじくり返してたらいつも話脱線や!汗)

 

お昼間の公園には可愛い子供達もたっくさんいて、カメラを構えたくなりますね〜。←無理やり話題変えた!Σ(゚Д゚)

でも見知らぬアジア人の私がカメラを向けるとめっちゃ警戒されて可愛い笑顔引き出せない…。そんな眉毛かしげないで〜!泣)

お!この子はちょっとカメラに興味持ってくれてる?!素敵なシャツ着てるね〜。

おぉ!笑顔をくれたー!泣)2人ともめっちゃ美人さん✨

お姉ちゃんのほうに「カメラ使ってみる?(・∀・)」と英語とジェスチャーで話しかけると、伝わったみたいでこっちに来てくれた!うん!実に様になってるぅ!ちなみにこの子の写真が可愛すぎて、ずっとLINEのアイコンにしてる♡

連写音にすっごい驚いてる〜!もういちいち可愛すぎるぞぉぉ!

 

 

いや〜それにしてもこうやって外にいると、1分毎のペースでこうやって声をかけられるんです。

 

「ヘイ、チナ!(やぁ、中国人!)」

 

最初の方は、「ノー、ハポン!(日本!)」と声かけられるたびに答えてたんやけど、本当に尋常じゃないぐらい「チーナ!チナ!」ってあっちこちから言われるから、もう無視することを覚えちゃった。

それなのに、私が座るベンチの横に居座って、言葉もまったく通じないのにずっと陽気に話しかけてくる男の子がいてね。

私がメールしてるのとか、カメラ撮ってるのとか、物思いにふけてるのとか、子供達と遊んでるのとか全っ然お構いなくガッツガッツ来るからしんどくも感じたんだけど、悪い人ではなさそうだったから何を言おうとしてるのかは理解しようと試みたところ、なんかふつうに「日本人と友達になりたい」って感じやった。

 

そんな彼、ワン・ツー・スリー系の簡単な英語も伝わらん状況で、めっちゃくっちゃ質問してくる。

 

そんな中で、「オールドハバナに行ったことあるか?」と聞かれ、「まだ」と言うと、「案内してあげるから今から行こう!」と言ってる様子。

 

ん〜、多分明日ミジと待ち合わせした場所行くときに見れると思うけど、、まぁ特に予定もないし、いっか。せっかくだし。

「OK!行こ!」と返事すると、その彼が後輩らしき若者を呼び出し、なぜか3人で向かうことになった。

いやいや、この子(左)絶対まだ中学生ぐらいやろ!?と思って年齢を聞いてみるが、「ハーオルダーユー?」すら伝わらないのがここキューバなのだ。

 

こんな会話にならない状態だけど、とりあえずオールドハバナと言われる街を案内されるがまま歩いてみた。

おお〜!なんか映画のセットみたい!クラシックカーずるーい!めっちゃ絵になる!

 

この場所のメインシンボルでもある、CAPITOLIO(カピトリオ)

ここは国会議事堂として使われていた場所で昔は大統領も住んでたそうです。けど、今は博物館なのかな?工事中でした。

私がキューバに訪れた数週間前、元大統領でチェ・ゲバラの同士でもあったフィデル・カストロ氏が亡くなったと旅の最中にニュースで見て、キューバといえばチェ・ゲバラしか知識のなかった私も、キューバ革命の歴史についてバカなりに勉強したん覚えてる。

ここがアメリカの国会議事堂にわざわざそっくりに造られたのは、当時のアメリカによる半植民地化の影響なんだろうな。キューバ革命が起きる前まではアメリカのやりたい放題・搾取され放題だったって…

 

ゲバラが来日した際に、広島を訪問したときに言ったこの言葉、知ってますか?

「君たちはアメリカにこんなひどい目に遭わされて、怒らないのか」

 

アメリカとの国交が2015年に回復した今、もしゲバラが生きていたら、、、この時代に向けてなにを言っただろう?ってふと考えた。

 

キューバ革命を共に率いた2人だけど、その後の国家再建に伴い様々な衝突があったそうです。

常に今現在の国民の事を考えて善を尽くすカストロは、アメリカとの国交が断たれて国も国民も貧困の危機に陥っていたキューバへの援助をソ連に求めます。

ソ連は条件としてキューバにミサイル基地を作ろうと建設を始めましたが、途中アメリカの偵察機がそれを発見し、米・ソ連両国ともに条件をつけて中止になりました。

アメリカの半植民地時代も貧困に悩まされたにも関わらず、革命後もキューバ危機は続き、他国の支援なしではどうしようもなかった。。。

2015年に行われた米国によるキューバ市民へのアンケートで、「国民の97%以上がアメリカとキューバの国交回復に賛成」と答えたそうです。。。。

 

当たり前のように時代が変わり、世代も変わり、当時の痛みと苦しみを知る人の言葉だけ残り、そこに込められた想いはどんどん薄くなってなっていく。

 

今もし、他国の支配下になることを心底嫌ったゲバラが生きていたら、この時代に向けてなんて言ったかな…

 

きっと、彼は「別れの手紙」に綴ったように力強い情熱と優しさと怒りを込めて、ああゆうのかな。。。

▼ブログ村のランキングに参加してます。
1日1回クリックしていただけると、
嬉しくなって更新が早くなるようです(・∀・)
どうぞよろしくお願いします。
↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村 旅行ブログへ
バナーが表示されないときはコチラを押してください!

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. はじめまして☆ 昨日初めてアイさんのブログ見つけて、ほんとに楽しく読ませてもらいました!私もインドが大好きです☆これから更新楽しみにしてます^^

    • Yumiさん
      初めまして!こんばんは(・∀・)嬉しいコメントをわざわざ書いてくださってどうもありがとうございます〜!インドってハマると何度でも行きたくなる不思議な国ですよね!笑)私もまた一通り世界を旅することができたあと、まだ見てないインドにゆっくり会いに行きたいなって思ってます。これからもリアルな旅ブログを書けるように頑張ります^^ありがとうございますっ!

コメントを残す