I’m on my way.

I’m on my way.

ちわっ。あいあいです。

 

 

 

わたしは、、、

 

 

 

 

今、、、、、

 

 

 

 

だらけきってます。爆

 

・・・ん?

 

ゴボボボボ・・・

 

ふがっ!ゴボッ!鼻に水が・・・!

 

フンギャッ!!

 

 

は〜っ。焦ったぁ。。。

 

 

 

改めてもう一度、、、

 

 

わたしは今、バラデロの青空の下、ダラけきっています。

 

通りすがる人も、私の異常なダラケ具合を見てなぜか笑っていきます。ここ、アジア人が全然いないからかな?

 

泳いでは、だらけて、、、

 

ダラけすぎて無防備になってると、また強い波に飲み込まれ、、、

 

 

は〜。なんて平和な時間なんだろう。

当分海に行かなくてもいいな〜ってくらい海をチャージした。(っていいながらすぐ海が恋しくなるんだけど)

 

 

ここ、バラデロの海は「ザ・綺麗」って感じです。本当にリゾ〜ト〜♪って雰囲気の場所。人が少ないのですごく落ち着きます。

 

 

っとここで、すんごい共通点がある人と友達になったんだぁ(・∀・)

 

 

私が「写真撮ってくれませんか?」ってたまたま声をかけた事がきっかけで、なんか適当に会話が始まったオランダ人のおっちゃん。

名前はニコ(・∀・)!

会話の途中にね、ニコが財布をガサガサしだしたのをなにげなく見ていた時、わたしと同じ誕生日が書かれていた身分証明書を偶然見つけてね、

 

「え?!あなたの誕生日、11月16日なの?!」

「ああ!」

「えー!私もだよ!(ガサガサ)ほら!見て!(・∀・)」

 

誕生日が一緒ってゆうのと、ここに一人旅で来ているってゆう共通点だけで仲良くなっちゃって、ニコとはここバラデロに滞在してる間、ご飯食べたり、眠たくなるまでラウンジで色んな事喋りながら一緒に過ごした。あ、お互いダイバーってゆう共通点もあったわ(・∀・)!

何が嬉しいって、オランダ人に初めて出逢ったってゆうこと!やっぱり初めての国の人と話すときは、その国にすっごい興味持っちゃう!

そして、こうして仲良くなれたことで近い将来、「あ、◯◯に会いに行こ(・∀・)!」っゆう動機で旅ができる。現地に住むその人の目線の近くで旅ができる。

ここキューバでキューバ人の友達はできなかったけど、コロンビアとオランダにお友達ができた。そのうち絶対会いに行くぞ〜!

 

 

オランダ人のニコは今も現役でエンジニアとして働いてるって言ってた。仕事がハードだわ〜って嘆いてたな(笑)

他にも、家族とか離婚のこととかね。。。色々プライベートなのに深い重いところまで聞いちゃった。なんかすんごい優しい人だった、ニコ。

 

おもしろかったのが、夕食の時、私がウエイターさんに「すみませーん!」って普通に呼びかけると、

「それはあんまり美しくないよ!ほら、ウエイターが近くに来るまで待って、目でこうやって合図するんだよ。ねっ、来たでしょ。こっちのほうがキレイでしょっ?」って言うの。

 

これがヨーロッパなんだなぁ。なんか品があるなぁ(・∀・)

 

 

そんなニコに、「ビーチから夕陽見たかい?」と聞かれたので、「うううん、見てない」と言うと、

天気が良ければすごく綺麗だから帰る前に見た方がいいよ」と勧められたので、バラデロ最終日の夕方、ビーチでのんびりしたあと1回部屋に戻ってシャワーして着替え、一眼レフをぶら下げてまたビーチにやってきた。

 

おお!(・∀・)今日は天気いい感じかもっ!✨

 

写真撮ってもらった人の子供ちゃんがずっと走り回ってるの、可愛い。

 

 

なんだかんだで色んな事があったなぁ、キューバ。

 

一度はキューバのことを大嫌いだって本気で思った。

車から出る排気ガスも。
外を歩けばチーナと呼ばれ続けることも。
Wi-Fiが普通に使えないことも。
言葉が通じずムズムズしたことも。
おかゆにシナモン入れて台無しにしちゃうとこも。
高級ホテルなのにフロントで鍵預かってくれないことも。
写真撮ってとお願いすると全部フルズームで私の顔しか写ってなかったときも。。。

 

アメリカやメキシコの旅に慣れていた私にとっては、本当にここで旅するのは難しかった。

その不便を解消するために、お金もだいぶ使っちゃった。反省。

 

でも、もともとこのタイミングでキューバに来ようと思った理由は、アメリカとの国交が回復してキューバらしさがなくなる前に、今のキューバを見たかったから。

それを考えると、自分がしたかったキューバでの旅ができたとも思う。

 

 

 

だけど、一人じゃなんにもわからなかった。

 

一人じゃなにもできなかった。

 

いつも誰かが助けてくれたから最後にはこうしてキューバを好きになれた。

 

温かい人達にもらった親切に、すべて塗り替えられた。

 

この世のどこにも嫌いになれる国なんて存在しない、きっと。

 

国が持つ土地や景色や文化だけで判断せずに、もっともっと人を知る旅がしたい。もっっともっっっと。

 

 

キューバ脱出します。

 

コメントを残す