亡命チベット人達のコロニーに行ってきた。

亡命チベット人達のコロニーに行ってきた。

今日も元気にこんにちわ!あいあいです(・∀・)

インドに来てから、ようやく1週間が過ぎたのですが、けっこう時間経つのが遅いような気がします。1日1日、時間がゆっくり流れてる気がしてならないのです。

そんな土曜日は、イタルとトモくんと一緒にデリー区内にあるチベタンコロニーとゆう場所へ行くことになりました。

寮から10分くらい歩いて、最寄りのIFFCO Chowk(イフコチョーク)駅まで。

そこから20駅くらい離れた場所までメトロの中でまぁまぁの長旅です。

道中、全然隙間のあいてない座席にグイグイお尻を押し込んで無理やり座るインド人お姉さん。横に座ってるおばあちゃんがつぶれそうになってる。

日本じゃ白い目で見られるような行動を普通にしてしまうインド人は、やっぱりすんごい鉄のハートなんだな〜と思いながらお姉さんのこと見てたら、目があってニッコリ(・∀・)

それがきっかけで、みんなでペチャクチャ喋るようになり、なんとポテチまでいただきました(笑)朝ごはん食べてなかったから、超うれしかった!(ノω`*)ノ

このお姉さんと旦那さんとおしゃべりしてたら、降りる駅に到着。駅名は、ビドハンハブハ駅だそうです。←覚えるれるかぁ!

駅からはモーター力車を使い、あっとゆうまに目的地に到着。
ここがインドにある異空間、「チベタンコロニー」

亡命チベット人達の難民キャンプから、観光地に・・・

世界に約14万人もいると言われる亡命チベット人。
そのうちの約10万人がここインドに避難されています。

チベットは昔、独立した国だったそうです。

私はチベットに行ったことがないので、色んな文献を調べての印象で書きますが、「穏やかな人達がたくさん住む仏教国」とゆうイメージを受けました。

後にも理由を書きますが、チベット人達がとってきた行動の理由からも、そう思わずにはいられません・・・。

チベット問題とは?

なぜこんなにも多くのチベット人達が、昨日までの当たり前だった生活と住み慣れた場所を捨て、異国に移らなければならなかったのか・・・

それは、大帝国・中国からの信じられないほど理不尽な弾圧でした。

もともと日本のように独立した国だったチベット。

立派な国家として、国や政治の繁栄と向上に努めていたチベットに対し、中国がある日突然こんなことを言い出します。

「チベットは中国の領土内にあるんだから、この国は俺たちの支配下にあるべきだ」

世界の歴史は、今簡単に調べられるようになっているけれど、書かれていることが事実だとは限りません。勝者が歴史を塗り替えることができるように、過去にどれだけの歴史情報が操作されてきたのか、、、その真実を知る術もありません。

私たちが当たり前に勉強してきた歴史が、実は全然違っていた。なんてこともきっと少なくない。

チベット問題と言われる中国からチベットへの弾圧の原因も、権力抑圧や領土奪還、宗教や思想など色んな理由があげられているが、実際のところ何が真実なのかは本当にわからない。

世界の裏は、オカルトなほど信じられない・信じたくない残虐な事がいっぱい起きていて、しかもそれらは、まるでゲームのように、ボタンひとつで尊い人の命や心を無視し、都合の悪い事実を消してしまう。

だから、チベット問題と名付けられた背後に、本当は何が隠されているのかはわからない。だけど、そのせいで数え切れないほどの人間が命を失ってきているのは紛れもない事実です。

私達4人は、コロニーの門をくぐり、中に入っていきます。

天気の影響もあるけれど、第一印象は、薄暗くて決して陽気な場所には見えなかった。

だけど、インドにある喧騒や激しさもなく、優しさも少し感じた。

でも歩き進んでいると、すぐにカラフルを見つけた。
ここチベタンコロニーのお野菜は本当に新鮮でみずみずしかった。

裏に行ってみると、そのわけがわかった。
川のほとりに大きな畑。そこで作られた野菜が新鮮なまま売られているんだね。

このチベタンコロニーの規模・人口に対して、この畑が大きいのか小さいのかは私には計れないけど、インドに来てから見た野菜の中では、間違いなく一番新鮮でキレイだった。

このあと、チベタンコロニー内にあるレストランで生野菜を食べたけど、ほんとうにほんとうに美味しかった。日本のレストランで食べるより美味しいといっても間違ってない。

イタルはトマトがあまり好きじゃないって言ってたけど、ここで食べた瞬間、「なにこれ!!!」とその美味しさに驚いていた。

失礼かもしれないけど、こんな汚い空気と場所から、あんなに美味しくてキレイな野菜ができるなんて・・・。

雄大で美しいチベット高原で、独立国家として豊かに生活していたときの知恵なんだろうか。

 

帰ってきてからも、チベタンコロニーのこと、チベット問題のことを私なりに調べてみた。

あまりにも傷ましくて・・・あまりにも支配的で・・・。調べていくほどやっぱり哀しくなった。

無知なわたしでも知っている、あの焼身自殺。。。

中国からの弾圧や、色んな問題に対して、チベット人達は武器を持って抵抗しないとゆう訴えの結末があの焼身自殺。

中国に、世界に、みんなに、どれだけの思いで独立の思いを抱えているのかを訴えた結果。

でもね、自殺だけはどうやってでも避けてほしかった。自殺とゆう行為が誰かの心に響いて、なにかに繋がるなんて思えないから。。。

あなたを愛しているひとをただ苦しめるだけだよ・・・。


ご意見・ご感想などはこちらから。

コメントを残す