ジャイサルメール城砦へ。

ジャイサルメール城砦へ。

ジャイサルメール最後の日記ですっ!ここジャイサルのシンボルとも言われる、ジャイサルメール城砦の中へ入ります。

砂漠キャンプで仲良くなった、ウィルとアレッサンドロも一緒に。大人っぽく見えるけど、二人ともまだ大学生!ムンバイでインターンしているんだって(・∀・)

あまりこの場所のこと調べてないので細かく説明できないんだけど、ゴールドシティと言われるこの街のベースカラーに、インドの色彩豊かなアイテム達がすっごく映えていて、写真撮るのが楽しかった。

インドにあるカラフルが個人的にめっちゃ好き。不思議と、どこの国よりも色彩に奥行きが感じられるんだよな〜。なんなんだろ。え〜!気になる!なんでなんやろ?!

ウィルも写真好きで、見せてもらったらめっちゃ上手やった!フットワーク軽すぎて、色んな場所にぐいぐい入っては写真スポットを見つけてた。

場内の様子を写真だけざ〜っと貼っていきます。城のこと調べるのめんどくさいからってサボり記事ですみません(・∀・)

ここジャイサルメールは、砂漠キャンプ以外にそんなに観光スポットが多いわけでもなく、この城砦もそこまで圧巻の景色とゆう感じでもない。

城の中をひととおり見て周って、ウィルとアレッサンドロが次の都市へ移動しなければならない私達を門まで見送ってくれました。

みんなで別れのハグを交わしていくと思ってたら、なんと女性にはホッペにキスまでしてくれた!照)これはイタリアの文化なのかな??

お別れしたばっかだけど、また会いたいなっ。

全然飾らない優しい性格と、ユーモアたっぷりの2人だった。下ネタ好きなのは万国共通なんだろうな。笑)

彼らの話す英語は、とてもキレイな発音でわかりやすいハズだったのに、全然会話できなかったことが本当に残念でならない。旅の最中も帰ってきたあとも、そのことばっかり考えてた。

もっともっと話したいこと、伝えたいこと、聞きたいこと、いっぱいあったのに・・・って。

まだお互いインドにいるから、デリーかムンバイで再会するときには今よりちゃんと会話できていたい。英語の話せないジャパニーズレディから、おもろい日本女子ってゆう記憶に変えさせたい。

こんな感じで、ジャイサルメールトリップは終了ですっ!

ここからまた寝台列車に乗って、ジョードプルに向かいますっ!まだまだ旅は終わらないよ〜!(`ω´ )

コメントを残す