バラナシで一番のプレイボーイに捕まった話。

バラナシで一番のプレイボーイに捕まった話。

ここバラナシで人を信じることについて悶々と考えていた矢先、事件は起こりました。

この辺で一番危ないプレイボーイなインディアンと遭遇してしまったのです。

その日、わたしはここまで一緒に旅をしてきた大学生とガンジス川の朝日を見るため、早朝からホテルに手配してもらった安全なボートツアーに参加しました。

ツアーは6:30~7:30までの約一時間。ツアーを楽しんだ後、私達は朝ごはんを食べるために、カフェを探した。

まだ早朝だし、もしオープンしてなかったらとりあえず宿に一回戻ろうか、とゆう感じでカフェを探していると、一軒のお店に辿りつく。

玄関には、トリップアドバイザー認定シールが貼ってあり、先客に欧米人が何組かいる。店構えも店内もけっこうお洒落で、メニューも豊富でおしゃれな感じ。

私達はここで朝食をとることに。

席に座ると、隣に座っていたアメリカ人のおばちゃんが、「ここのお店はロンリープラネット(海外版の有名ガイドブック)に載っているんだよ。でも、最後にチップを要求されるから英語がわからないフリをして逃げてね(笑)わたしは払ってしまったけど。」と教えてくれる。

出てきたご飯もおいしいし、私達はなーんの不信感もなく、ただただ普通に美味しい朝食を食べながら会話し、楽しい時間をすごしていた。

えっと、まず言っておこうかな・・・。

私達が朝食を食べたこのカフェ。実は、バラナシでは偽者のカフェといわれています。

名前は、BrownBreadBakery(ブラウンブレッドベーカリー)ってゆう、バラナシでも有名で人気のカフェなんだけど、なんと私達は本店の完全コピー店舗、つまりフェイクのお店に入ってしまったのです。

後日、宿の人に教えてもらって、ちゃんと本物の方へ行ってきたんだけど、メニューも料理も完璧にコピーされていました!

こっちが本物のお店にある2Fのガーデンスペース。

 

だけど、味は両者ともふつうに美味しいし、リアル店とフェイク店で値段がまったく違うとゆうこともありません。

ただ、本店のほうはチップは絶対要求されないと思います。

いや、普通に美味しいからコピー店舗に来てもいいじゃん?って思うんですけどね・・・。

この事件が起きなかったら。

はじめに言っておくと、もしかしたら私達は最悪の事件に巻き込まれたていたかもしれません。

でも、私のあるクセが状況を一転させて、結果災いにはなりませんでした。

だけど、過去に被害にあっている女性がたくさんいると、ここバラナシに住むインド人達が言っているし、わたしたちも被害者になりかけたので、ここにちゃんと書きます。

これからバラナシにくる、特に女性に必読してほしいです。

じゃあ、話を戻します。

そのフェイクといわれるカフェで、わたし達がくつろいでいると、一人のインド人男性が、私達の横の席に座ってこういいました。

「あなた、わたしの前の彼女に似ている」

私は、「いや、似てないとおもう。こうゆう顔よくいるから。」とさらっと返事し、そこから会話がゆっくりスタートしたのです。

彼は、「自分の家族みんなでここのカフェを経営している。つまり自分はオーナーなんだ。」と言って、話を盛り上げ、いつのまにか私達のひろいテーブル席に一緒に座ってきて、こんなことをいいます。

「5年間、占星術の勉強をしたんだ。」

女子が一番食いつく台詞です。気が付くと、わたしは彼に左手を差し出し、手相をみてもらっていました。

彼はじっくり私の左手をみて、こんな感じのことをいいます。(ぜんぶ英語だったので、憶測の表現があります)

「あなたはこれまでも今からもたくさんの人と出会う。だが全部が深いつながりのある良い関係ではなく、一時的な軽い関係が多い。

それはあなたが過去にいろんな人に傷つけられ、心を閉ざしていることが原因で、その原因はこれからもあなたのネックになっていく。

あなたは結婚するけど、今ではない。そしてあなたは将来母国ではない場所にいるだろう。あなたは自分がもっている良い魂をもっとオープンにしないといけない。

そのためには、チャクラへのヒーリングを続けることと、肉を1週間食べないほうがいい。毎日、ここのカフェにきたら、わたしがヒーリングをいれてあげるよ。」

ただただうさんくさい。最後のヒーリングってなんだよ。

もちろん、私は心を子犬にして聞いていたわけでもなく、ちゃんと最後の最後まで疑いまくってました。

占い中も、終わってからも、最後の最後まで、「お金ないよ、わたし。肉食べるし。あなたのこと信用してないから。どうやって信用しろってゆうの?」と彼に伝えました。

私なりに感じたその男の戦略はこうだったんだと思います。

心をオープンにしたほうがいい→俺を信用しろ→ここで信用しなかったら明るい未来はないぞ→俺がスピリチュアルな力を無料でいれてあげる→無料だ、絶対お金なんてとらない→それでも僕を信用しないのはわかってる→だけど信用しないなんて寂しいじゃないか

僕はあなたから何も見返りを求めたりしない→チャイ飲むか?もちろん無料だ、俺はここのオーナーだから→それでも僕を信用しないんだね→じゃあ、この近くにある寺を案内するよ→バイクで行こう!楽しそうだろう

朝食代は払わなくていいよ→次会ったときでいい→僕はここのオーナーだから大丈夫→これでちょっとは信用してくれた?

こんな心理戦が私達と彼のあいだで繰り広げられ、最終的に私達がふたりで出した答えは「彼のバイクで寺に行くとゆう誘いを受け、一時間後にまたこのカフェで待ち合わせ。」でした。あ、朝食代は普通に払いました!

わたしのそのときの気持ちはこう。

・バイクにのりたい
・私達は2人だから何もやましいことはできないだろう
・今はお昼だし

こんな感じで、わたし達はいったん宿に帰り、ロビーにいつも座っているオーナーさんとスタッフに「ぐっもーにんっ!ボートツアー楽しかったよ!」と挨拶。

そして、なにげなく「今ね、そこのカフェで出会ったインド人に、お寺に連れてってもらうことになったの!^^バイクにのしてくれるんだって!」

と言うと、オーナーが形相をかえて「誰だ!?どんなやつだ!?どこであった!?」とびっくりするくらい突っかかってくる。

とここで、さっき書いた私のとあるクセ。

どんな状況でも写真を撮るとゆうあほみたいなクセのお陰で、カフェで手相をみてもらっているときの彼の写真がスマホにあったので、それをオーナーに見せたのです。

ちなみにこの写真とったとき彼は、「写真はあまり撮らないでくれ」と言ってたな・・・

オーナーはその写真を見て、「最悪だ!いちばん最悪なやつだ!」といって、その写真を宿のスタッフさんに見せ、「こいつをここに連れて来い!!!」と大きな声で命令した。

そのあいだに、この男がどんなに悪いやつで有名なのかを私達に説明してくれたと同時に、怒られた。

・下手したらレイプされていたかもしれないんだぞ!
・ストリートボーイには着いていくなと言っただろう?
・このあたりで一番のプレイボーイだ!
・日本人だけじゃなく、他の国の女性も被害にあってる!
・こいつはとにかく口がうまいんだ!
・なんて言われたんだ!
・こいつはカフェのオーナーなんかじゃない!
・名前もうそだ!こいつはいつも名前を変えるんだ!
・本名はバッラだ!
・こいつの写真を他の女性も見れるようにネットにのせたほうがいい!

散々オーナーに注意され、ソファに座ってあっけにとられる私達。これだけ強く言われているのに、なんでこんな台詞をオーナーに言ってしまったのかわからないけれど、、、

ほんとうに?本当にそんなに悪いやつなの?」と聞き返す私にオーナーは、「もうその男についていけ!」と呆れた言葉を返した。

「嘘だと思うんなら、今から起こることをよく見ておけ。そいつがもうすぐここに来る。そのとき、もし自分が悪いことをしてないんだったら、俺に怒ってくるだろう。」

そういわれて、わたし達はオーナーの前に座りながら複雑な気持ちを隠せないまま、なにもしゃべれなくなり・・・。

そうこうしているあいだに、さっきカフェで会ったその男がスタッフ2人に連れられて、わたしたちがいる宿にやってきた。

入ってくるなり、オーナーは彼に向かってヒンディー語で大きな声をあげて、真剣な表情で彼に大きな言葉をあびせる。

彼はわたしと同じソファの端っこに座りながら、ずっと背中をまるめて下を向いたまま、時折オーナーをチラッと見ては、また下を向き、最後のほうに、オーナーに謝れといわれたのか、わたしのほうをチラッと見て、「ソーリー」とぼそっとつぶやいた。

5分くらいの時間は経ったんだろうか。彼がようやくオーナーから解放されて帰っていき、オーナーは私達にこう言った。

「彼は俺に反論したか?もし悪いことをしてないんだったら、普通の人間なら反論するだろう?でも、あいつはずっと下を向いていたじゃないか。これでもまだ信じないのか?

俺の宿に泊まっている客にもし何かトラブルがあったら俺の顔にも傷がつくんだ。ほんとうに気をつけてくれ。」

わたしはオーナーに返す言葉と勇気がなかった。まだ複雑な気持ちのまま、ずっとうつむいていたのだが、チラッとオーナーの方を見ると、オーナーはもう優しくなっていて「わかったのかこのバカ野郎」とゆう感じでいじってきた。

わたしはひとつオーナーに聞いた。

「彼が今日のことを根に持って、わたしに仕返しをしてくることはない?」

オーナーは大丈夫だと言った。

ちゃんと伝わったでしょうか、この事件の中身。最悪の事件にはならなかったけど、未遂とゆうか。

だけどもし、あのまま3人で遊びに行っていたとしても、わたしはまだ事件になる手前で自分で回避できたと思えてしまうんです。

なんて説明すればいいんだろう、この複雑な感情を。

自分達で行くと決めた。
行く前にオーナーが守ってくれた。
もし行っていたらどうなっていただろうと想像しても最悪の結果なんてまったく想像できない。
その想像できないってゆうことが、一番怖いことなのかもしれないけど。

それでは、まだ少しだけ気が引けるけどその男の写真を貼りますね。

一応、バラナシでは本当に要注意人物みたいです。

えっと、見た目はまじで悪人です。でも私はバカだから心の奥底で信用したかったんだとおもう。だけど、彼は見事にそこにつけ込んで来たんだろうな・・・。

オーナー、スタッフ以外にも、今日ガンガーで出会ったインド人にも、この人はプレイボーイで有名だよ(・ω・)と普通に言われました。でもこの人のゆうことも信用していいのかわからないし・・・。

私が信用するとゆうことについて、本当にさ迷っているときに起きた出来事。結局わたしは、本当に悪い人なのかを見る前に終わったので、真相はわかりません。

自分の目と心で決めてください。だけど、気をつけてください。

コメントを残す