嘘だと言ってくれぇぇ…。

嘘だと言ってくれぇぇ…。

こんにちは、真面目に更新中のあいあいです(・∀・)

 

↓これ!押して欲しい、あいあいです!(・∀・)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

なんか遺跡巡りばっかりしてる私ですが、ここカンクンに来た大きな目的はスキューバダイビングをするためなんですなっ。

 

 

しかも私が潜りたいのは海でも川でも池でも湖でもなく、、、、、

 

 

聖なる泉セノーテ 〜Cenote〜

聞いたことある人も多いと思いますが、、、

セノーテとは、氷河期以前にあった洞窟がその後何百万年もの歳月の中、自然の働きによって洞窟の上部に穴が開き、その穴の部分に地下水が貯まってできた天然の泉(井戸)のこと。

 

ここユカタン半島には昔から地上に川がないため、降った雨は全て地下水脈に流れ込んでしまう。

 

その貯まった地下水が何百万年もの歳月の中で浄化されてこんなに綺麗な青になるのかな?

 

ちなみにセノーテとは、マヤ語で「聖なる泉」「命の水」とゆう意味だそう。

 

先にも書いたとおり、地上に川がないとゆうことは雨が降らなければ農作物が育たず、この場所で生きている人々は干ばつに見舞われるかもしれない…

 

そんな想いから、昔も今も変わらずこのセノーテを雨の神と崇め雨乞いの儀式が現在でも定期的に行われてるそうです。

 

行けばワイワイとした観光地だけど、こうしてちゃんと調べてると神聖としか言いようのないセノーテ。

なんとこのユカタン半島だけでも4000~5000ヶ所もセノーテがあるんだそう!
まだ発見されてない物や小さいのも合わせたら7000以上あるんじゃない?という人も…(・∀・)驚

 

フィリピンに住んでたときも島が7000個あると知って驚いたけど、地球って本当に本当にすごい以外のなんでもないよね!

 

本当に神様はこの地球を7日間で作ったんだろうか?!(゚Д゚)

どんなデザインセンスだよ!
どんなブランディング力だよ!
だから神なのか!
そうなのか!

 

 

そんな数千ヶ所もあるセノーテの中でも特に有名なのが、、、

グラン・セノーテ(Grand Cenote)

画像引用元:https://www.visitmexico.com/

 

最も知名度の高いグラン・セノーテ。

 

そうこの景色!

 

ダイバーになった24歳の頃からずっとグランセノーテの写真を携帯に入れて、「いつか絶対ここで潜る」と決めていた。

 

水中なのに100m先まで見渡せる超抜群の透明度の中でのダイビングは、まるで宙に浮いているような感覚になると誰かが言っていた。

 

そしてこのオーロラみたいな太陽光のカーテンが差し込む神秘の景色を絶対に肉眼で見たいと長年思い続け、ついにここカンクンまでその夢を叶えに来た。

 

 

 

んだけど、、、、、

 

 

 

1ヶ月前、ここでまさかの死亡事故があり、現在グランセノーテの立ち入りが禁止されていた。

ダイビングは危険なスポーツだとゆうことは何度も聞いたことはあるが、そんな事ばっか考えていても楽しめないので、経験本数を重ねるうちにそんな言葉は知識のどこか奥底に追いやられていた。

 

海外の適当なインストラクターさんとも潜ったことあるし、日本でも波が荒くて一度怖いと思ったこともあるけど、、、

 

まさかこんな身近で死亡とゆう最悪のキーワードを聞くことになるとは思わなかった。

 

セノーテダイビングを申し込んだツアー会社の人に詳細を聞くと、あまり多くは語らなかったけど「ガイドの指示をリスペクトしなかったからだよ」と言う。

 

私もこの記事を書く上で、もう一度本当かどうか調べてみると、当時一緒に潜っていたバディの文章がweb上で公開されていた。。。

 

 

 

グランセノーテには潜れなくなったけど、セノーテは他にもたくさんあるからダイビングはできる。

 

そこがグランセノーテのあの神秘的な景色とどれぐらい違うのかはわからないけれど、ガイドさん曰く「他のセノーテも同じぐらい綺麗だから大丈夫。光のカーテンもちゃんと見れるよ」と言ってくれたので安心してダイビングツアーを申し込んだ。

 

 

「ついに長年憧れたセノーテダイビングの夢が叶う!」

 

 

そう興奮していたダイビングの前夜、、、

 

 

ツアーを申し込むときに色々バスの事とかでお世話になったのがきっかけで、結構仲良くなっていたツアー会社の人からメールが入った。

 

 

 

 

「明日セノーテダイブ行けなくなったから、明後日に変更してくれない?」

 

 

 

 

「いや、無理だよ!言ったじゃん!明後日は夕方飛行機に乗るから潜れないって!」

 

私は明日セノーテで潜って、明後日にはアイデがいるメキシコシティに戻る。もう飛行機は手配してあった。

 

ダイビングしてから高度の高い乗り物に乗ると減圧症になる危険性があるから、最低でも半日以上は時間をあけないといけない。

 

 

 

 

「お願いだからなんとかして!!セノーテダイビング明日にしたのはあなただよ!?私、セノーテで潜るためにカンクンに来たんだよ!!」

 

 

 

「わかった。なんとかしてみる。じゃあ明日朝8時に…」

 

 

 

この人なら絶対なんとかしてくれると思ってた。

 

カンクンに滞在中、3日間の超お得なツアープランを作ってくれたのもこの人だった。

1日目はピラミッド
2日目はトゥラム遺跡
3日目はセノーテダイビング

遺跡ツアーのときにシュノーケルができるセノーテにも行ったけど、私はこんな感じでただプカプカしたいわけじゃない。

モグリタインダ!!

 

ローカルバスに乗って自分でピラミッドに行こうとバスターミナルにチケットを買いに行った帰り、路上でツアーを売っている彼に声をかけられ、「ツアーの方が絶対に安いから!」とガチで勧めてくれた。

 

「今さっきバスチケット買っちゃったよ!もし返品できるなら…」と言う私に、「返品したいって一緒に言いに行ってあげるよ」と歩いてバスターミナルまでわざわざ連いてきてくれた親切な人だった。
引用元:http://everythingplayadelcarmen.com/

 

 

 

そして翌朝。

 

 

待ち合わせ場所に来た彼はずっと無言で、そのまま私の前を歩き始めた。

 

 

私は「きっとなんかのサプライズ演技だよね?(・∀・)問題なくセノーテいけるんでしょ?」ぐらいに思ってたんだが、、、

 

 

数分歩いて着いたダイビングショップのカウンターの前で彼はこう言った。

 

 

 

 

 

 

「本当にごめん。何件も確認したけどダメだった。セノーテダイブは諦めて、そのかわりコズメル島へ行ってくれ

 

 

 

 

 

 

嘘だってくれぇ(@_@;)

 


ご意見・ご感想などはこちらから。

コメントを残す