There is more to life than increasing its speed.

There is more to life than increasing its speed.

ラパス3日目。

2日間、短い間だったけどお家に泊めてくれたカーラと早朝にお別れをし、私は昨日借りたままのレンタカーでラパスの街に向かった。

まだ8時過ぎ。とりあえず車を返しに行ってから、OPENしていたカフェで朝食を食べ、今日から宿泊するホステルのチェックインができる時間まで、ラパスの小さな海沿いの街を散策した。

わぁ。よくあるリゾート地や観光地とゆう感じでもなければ、田舎とゆう感じでもない。

今まで訪れた場所とはちょっと違う、まるで微笑みかけてくれるような雰囲気のあるこの小さな街が、私はすぐ好きになった。さらに今日は光るような青空にも恵まれた。

おっ!わんわんだ!(・∀・)

おっちゃんも雰囲気あるわ〜!(・∀・) このおっちゃん、毎日海沿いに座ってた。

街が続く限り、海岸沿いや裏通りもけっこうウロチョロしてみたが、2時間ほど経ったころには元いた海沿いに戻ってきていた。

砂浜に降りていき、足まで海に浸かって軽く水浴び。

そして、ヤシの葉で作られたパラソルの影の中、少しひんやりする砂の上でバックパックを枕にして寝転び、ただ目の前の光と青を眺め、この場所、この時間の静かな音を感じた。

何もすることがないとゆう考えよりも、何もしないでいいとゆう考えの中に深く入っていける時間。

プランのない旅、行き先を決めない旅、自由気ままな旅。

そんな漠然としたテーマを掲げている私の旅だって、大抵は「明日なにしよう」「今日なにしよう」「次どこ行こう」と毎日何かおもしろそうな場所や美しいものを求めるために生きているのが正直なところだ。

もちろん好きで旅をしているんだから、それらを考えることが苦なワケじゃない。むしろ計画も移動も、予定があることも常に楽しく感じてる。私は動いているほうが好きな人間だし。

だけど、旅をしていて大切やなぁと思うことは、観光地に行くことでも、移動することでもなく、

「今いるこの場所になにもなかったとしても、そのなにもないところからどんなことを悟るのか」

これなんじゃないかなぁと、、、思う。そして、

その悟りから得たものを、自分の中にどうインプットして、その後、関わる人やセカイにどうアウトプットするか。

久しぶりに1人で何もすることがなくなったら、こんなことを考えたり、ただ眠かったり・・・。

 

ふっと気配を感じると、えらい男前なカモメさんが目の前から歩いてきた!(・∀・)

おっ。こっちみた(・∀・)

ラパス3日目は、こんな感じの街散策とご飯で終わりっ。

その後は、ホステルにチェックインして同じバックパッカーの子と雑談したり、2階のバルコニーで読み物をしたり。

引用元: GoogleMap
引用元: GoogleMap

 

海外にいる、旅をしているからって、毎日が刺激的でキラキラしたものじゃない。

常に自分と向き合うから、自分の粗探しみたいになって私の場合、落ちることの方が多いかもしれない。

まぁ、また深いことはおいおいタイミングを見て書いていきます〜(・∀・)

▼ブログ村のランキングに参加してます。
1日1回クリックしていただけると、
嬉しくなって更新が早くなるようです(・∀・)
どうぞよろしくお願いします。
↓ ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村 旅行ブログへ
バナーが表示されないときはコチラを押してください!

コメントを残す