トアルハレタヒ

トアルハレタヒ

メキシコシティに戻ってきました。

相変わらずお姉ちゃんのおうちに居候させてもらってます。

 

2人分の洗濯がたまりすぎて洗濯バサミで吊るす場所がなくなり、こうゆう感じになりました(笑)

 

ハレタヒの洗濯って超気持ちいい。

旅の中で一番好きな雑務だなぁ。ははっ。

 

 

さてさて。

これからの私のプランですが、、、

とくに決めてなくってですね…(・∀・)笑

いつまでメキシコにいるかもわからないし、次の行き先も一応、コスタリカコロンビアに飛びたいなぁ…とは漠然と思ってるんだけどまだ決めかねている状態です。

 

 

でも有難いことに、お姉ちゃんは「いつまでここにいるの?」とか「次はどこに行くの?」とか、私に一切聞いてこないんです。

これって結構、”すごいこと”だと思うんだ。

あたかも、元々一緒に生活してたかのように、毎日の何気ない時間を本当に大切に過ごさせてもらってる。

お姉ちゃんの寛大さは、まだまだ狭い私にとって本当に理解できない部分もあるぐらい底知れなくって。

世間一般的に理不尽だと思うことまで自分の中で受け入れようとするその考え方がはじめ私には全然理解できなくて、落ち着いて心に目を向けながらゆっくり瞑想にふけるお姉ちゃんに、よく横からピーチクパーチク「そんなのおかしいって!」と口を出したりもした。

20年間務めたジャーナリストという仕事を潔く辞め、現在は休養中だけど、やっぱり生きて行くためには最低限のお金は作らないといけないわけで、現実的な会話をしたことだって多々ある。

けれど、そんな会話の行き着く先でもお姉ちゃんの心と表情に不安なんてものは全然映ってなくて、常に前向きに「未来が楽しみね」と微笑んでいた。

チュロスの老舗「EL MORO」にて。

 

 

そんなメキシコシティで過ごす、トアルハレタヒのこと。

私は朝早くにケイコさんと、ある場所で待ち合わせをした。

 

やってきたここは、メキシコシティにある日本メキシコ学院の中。

前回の記事にも少し書いたけど、ケイコさんはここの学校の幼稚舎で日本語の先生をしている。

そんなケイコさんに、「ここで先生として働いてみない?」といきなりの申し出を頂いた。

本当に住みたいと思えるぐらいメキシコが大好きになってしまったので、ここで働くことができるならそれはめちゃくちゃ有難いことだ。

でも、私はまだ旅を続けていきたい。

だから今回頂いたこの有難い申し出を前向きに検討する事はできないにも関わらず、授業を見学させてもらえることになったのです。

 

幼稚舎〜高校まで併設する校舎は広く、生徒がメキシカンという以外は日本の学校の雰囲気とそんなに変わらない。でもワクワクする。

まずは、今日お邪魔させていただくにあたって他の職員の方にご挨拶。日本人の先生も何人かお会いして軽くお喋りも。

 

朝から夕方まで、ケイコさんがこの日担当するクラスの授業にお邪魔させてもらうのですが、授業は基本ぜんぶ日本語っ!(難しいところはスペイン語で噛み砕いたり)

こっそりドアを開けて小声で「お〜は〜よ〜う〜ご〜ざ〜い〜ま〜す〜」と可愛い演出をするケイコさんに、

「今日は、日本からケイコ先生のお友達が来てくれました!あいちゃんです〜♪みんなちゃんとごあいさつできるかなぁ〜?」

と紹介され教室に入ると、得体の知れないアジア人に口をポッカーンとさせた表情が一斉に向くんだけど、授業が始まるとちゃんとケイコさんのお話を聞き始める。

それでも何人かは、みんなと同じ小さい椅子に座って授業を見学している私の存在を気にしてチラチラと後ろを振り返ってくる子もいたり、中には授業中にも関わらずスペイン語でずっと私に喋りかけてくる子もいたりする。

同じ幼稚舎でも、クラスの雰囲気は年少さん・年中さん・年長さんで全然違っていて、様々でおもしろい。

なによりも、アジア人の顔をしていない子供達が目の前で日本語で挨拶をし、日本語で先生の質問に答え、日本語の歌を上手に歌っている。

間違いがあっても、それは日本語でちゃんと伝わっている。

この子達は大きくなっても今喋ってる日本語を覚えてるのかな?

日本語って君たちから見たらどんな感じなんだろう?

なんのために世界共通言語でもない日本語を学んでいるんだろう?

今思い返せば、聞きたいことはいくらでもでてくるのに、この日、この瞬間は、目の前の純粋なエネルギーの塊に心を全て持っていかれて、もう最後はそんな質問をするどころじゃなくなっていた。(やっぱり私は先生には向いてないや。笑)

初めて入った年長さんクラスの授業が終わったあと、後ろの席に座っている私の元に一人の女の子がやって来て、「アリガトウ」とニッコリ笑顔になって小さい体で大きなハグをしてくれたのだ。

数十分前にその女の子の人生に初めて登場した得体の知れないアジア人の私に、なんでこんな事が自然にできるんだろう??涙。

純粋以外のなにものでもない。

この子達は人を疑うということ、人を嫌いになるということを知らないんだ。

その女の子が理由もなく私にハグをしてくれたあとは何故か連鎖反応が起きた。

机と机の間にちょっとした列ができ、何人かの子供達が1人1人私にとびきりの笑顔と、大きなハグをプレゼントしてくれた。

もうあかん。。。涙。涙。。。号泣。

教室を出る頃には、私の顔は嬉しくてたまらなくて笑っているのに、涙が出てくるせいでその笑い顔はもうクシャクシャだ。

その顔を見たケイコさんまで何故か涙目になりながら、「あいちゃんはやっぱり先生に向いてるよ」と言ってくれたことを覚えてる。

授業の空き時間に一緒に作った節分イベント用の鬼。

 

涙が完全に止まらないまま次の授業に向かう。

大丈夫。これは悲しくて泣いてるんじゃないから、子供達への印象はマイナスにならないはずだ。

「このクラスはさっきと違って、すっごくワンパクだよ〜」と言うケイコさん。年少さんクラスだった。

またドアをこっそりあけて、「こんにちは〜」と小声でヒソヒソ感を演じながら、私のことをみんなに紹介してくれる。

おもいっきり涙目でいきなり登場した私は、どこからどう見ても変なアジア人だ。

全員が一斉にこっちを見る。その表情はもう百人十色だ。

年少さんのクラスは、ケイコさんが話す日本語に対してまだスペイン語で返ってくることが多かった。

日本語を習っているというよりも、日本語を話すメキシカンの先生がいておもしろいという感じの雰囲気。

そしてここのクラスの子供達はみんな、ケイコさんの事を「ケイコ!ケイコ!」と日本では考えられないぐらい気持ちよく呼び捨てで呼ぶ。

でもそれは決して失礼なわけじゃなく、親しみのこもった愛称だと、授業を見学していてすぐに気が付いた。

『ど〜んな色が好きっ?!あかー!!あっかーい色が好きいっ。いっちばんさーきになーくなーるよっ!あっかいクーゥレヨンッ!』

年少さんのクラスは会話よりも歌がメインだった。

いろんな日本の歌を一緒に歌っていたら、私もいつのまにか椅子から立ち上がりみんなと一緒に体でリズムをとっていた。

1人1人にケイコさんが色ペンを配り、配られた子はイスから立ち上がっていき、教室内に大きな輪ができる。

みんな手にもったペンを振りながら、ケイコさんの足のリズムを真似して踊る。

たまらなく無邪気で、どうしようもないぐらい可愛い。

『ど〜んな色が好きぃ〜?ぜーんぶぅ!ぜーんぶぅのいーろが好きぃ〜♪』

この歌を歌い終わったあと、みんな立ち上がった状態で授業が終わった。

その次の瞬間だった。

目の前にいた数人の子供達が私に遠慮なく抱きついては飛びついてきて、私はそのまま壁の端に追いやられ倒れこんだ。

キャキャキャ!!!!と容赦なく全生徒が次々山のように乗っかっては乗っかって、さらに乗っかってピラミッド状態になった。

もうここまで来たらこの一部にならない方がおかしいというぐらいの勢いで、効果音にするならドバー!!!っだ。

「あああ!あいちゃん!大丈夫?!」

ケイコさんの心配する声が聞こえ、下敷きになった状態から起き上がった。

大丈夫もなにも。。。

こんなにも凄まじい無垢なエネルギーをこんな得体のしれないただの旅人がもらっていいんだろうか。大号泣。

子供達の無邪気さと猛烈なアタックに、私はもう心からの笑いと感動が止まらなかった。

授業風景の動画や写真はSNSには載せれないので、この一枚だけ。。。

ケイコさんが咄嗟に動画撮影してくれたみたいなんだけど、なぜか撮影できてなくってこの一枚だけがフォルダに残ってた(笑)

だけどこの不意打ちすぎる一枚がもう宝物すぎてやばい。

本当にとんでもなく素敵なご縁を頂いた。。。。。

この子達にとって、私がアジア人であろうが旅人であろうが偉かろうがそうでなかろうがきっと関係ないんだ。

この場所に一緒にいて、恥じらいもなにもなくただみんなで楽しむというだけできっといい。

そんな気がした。

こんな素敵な機会をくれたケイコさんにも。

ケイコさんを紹介してくれたお姉ちゃんにも。

もう感謝しか出てこないです。

GRACIAS.

コメントを残す