世界遺産ソチミルコへ。 不気味な人形島をスルーすると夢幻な光景が広がっていた。

世界遺産ソチミルコへ。 不気味な人形島をスルーすると夢幻な光景が広がっていた。

こんにちは。あいあいです。

だいぶ更新が開きましたが、メキシコ旅記の続きを綴っていきたいと思います。 

世界遺産の運河ソチミルコ(Xochimilco)へ

年末年始をのんびりと過ごした後、極自然な流れでメキシコ内での旅行計画が進んで行った。

アメリカに負けないぐらい大自然や絶景、遺跡などの見所も多い国メキシコで、行きたいところを上げればキリがなかった。

ダイバーとして絶対に潜りたかったバハカリフォルニアカンクンには行ってきたので、メキシコシティ滞在中のプランはお姉ちゃん達の直感とチョイスに任せっきり。

お姉ちゃんが選ぶ場所なら私は多分どこでも好きになれる、心はいつもそんな感じだった。

そんな中、今日行くことになった場所がソチミルコというところ。

“メキシコのベネツィア”とも言われる水上を、カラフルな遊覧船が行き交う現代離れした街並みは、世界遺産にも登録されているほど。

遊覧船の種類や周るコースも様々で、大勢で乗合えばお得になるシステム。

なので、この日は姉ちゃんの友人夫妻とラウラの弟も一緒でした(・∀・)

ご飯や場を盛り上げる音楽隊、お土産なども全てボートで売りに来てくれます。

観葉植物屋さんもいたよ。水の街ソチミルコでは植物の栽培が有名で、購入していく人が多いみたい(・∀・)

それにしても今日は生憎の曇り空。

カラッと晴れたらもっと綺麗な風景なんだろうなぁとか思いながら、船が進んで行くと・・・

…(・∀・)?

( ゚д゚)??!

「愛〜、船長さんが『人形島に上陸するかって言っ……しなぁぁぁあぁいぃ!!!断固拒否)

絶対行かない!呪われたくない!や!スルーでお願いします!(;゚;ж;゚; )

 

はぁ。はぁ。。。

テレビで見たことのあった呪いの人形島ってソチミルコにあったんかぁ。

作ろうと思って作れるレベルのホラー感じゃないよねこれ。

昼間やからまだいいけど、夜とか想像しただけで怖い。。。

私は霊感的なものが全くないので、横通るだけじゃなんにも感じなかったけど実際のところどうなんやろ…

私が頑なに行きたくない!って拒否せんでも、他のメンバー誰一人として行きたいって言うてなかったし…。

やっぱ例の都市伝説あるんかな。。。

 

ってか君たち、なんちゅうところに住んどるんやぁ!汗)

今すぐお引越ししししなさいよ〜!!!泣)

っと、こんな感じで人形島を経て〜、遊覧船が密集していた場所を経て〜、いよいよ絶景ポイントへの道のりに入ります。

うちの姉ちゃんが「通常のツアーじゃ行けない場所に絶対行きたい」と言ってた特別な場所。そのせいか、他に船も人も見当たりません。

しかも、さっきまで曇ってた空がここに来て急に青空に変わり、太陽が現れた!神)

アヒルちゃん達が「ご飯ある?」って船の近くまで遊びに来たよ。アヒルぐち可愛すぎるわ〜、せこい。

ラウラと船首に座って口ずさんだ歌は、なぜかウエディングソング(笑)

「パパパパーン、パパパパーン、パパパパンパパパパン〜♪」ってやつがわたしの口から勝手に出て来て、ラウラ爆笑(笑)

さぁ、現実離れした景色もエンディングを迎えます。もうここからは写真で語ろう。。。

映画の世界でしか知らなかった夢幻世界が広がっていて、みんなの会話が一瞬この温かい森閑の雰囲気に飲まれた。

各々が大きな呼吸を味わったあと、「なんか心電図みたいな景色だね!笑」ってラウラが可愛いこと言うから、その静寂にまた笑いが咲いた。

ここまで一生懸命ボートを漕いでくれた船長さんもここでようやく休憩。

漕いでみるか?」と言われたので、やらしてもらったけど本当にむずかしいし、超重たい!これずっとやってたなんて考えられないぐらい重たかった!!

 

以上、ソチミルコ日記でした〜!

何が一番びっくりしたってね、こんな素敵すぎる場所に姉ちゃんもラウラも今まで来たことがなかったっていうこと!驚)

2人が住んでるメキシコシティから車で1時間もかからんのにやで!(°_°)

それが不思議すぎて、「なんでこんなすごい綺麗なとこ、今まで来なかったん!?」って聞くと、

「う〜ん。なんやろ、タイミング?」だって(笑)

でも、みんなで初めての体験ができて余計嬉しかった1日でした。

ありがとう。みんな。

にこっ。


ご意見・ご感想などはこちらから。

コメントを残す