夢を叶えたいなら夢を叶えた人に会いに行けばいい。

夢を叶えたいなら夢を叶えた人に会いに行けばいい。

世界一周ブログ村のランキングに参加している頃に、こんちゃんの存在を知った。

頑張っても4位とか5位までしか上がらなかった私のブログに比べて、常に1位とか2位にいるこんちゃんのブログが更新されるたびにお邪魔しては読んだ。

魅入ってしまうほど綺麗な写真がメインのこんちゃんのブログは本当に読みやすくって、いつも更新が楽しみだった。

1位の金丸さんも、旅人界の超レジェンドです。

 

自分もブログを書く側だから、こんちゃんのブログを過去から全部遡って読む時間はなかなか取れなかったけど、それでも十分な刺激を受けたし、それは色んな方面から私の心に突き刺さった。

 

 

こんな素敵な旅人(写真家)に勝てるわけないともおもった。

ブログから伝わってくるこんちゃんの素敵なキャラクターを想像しては、自分と比較して自己嫌悪になったりもした。

「世界中の笑顔を撮る」という断固としたテーマを掲げて旅をするこんちゃんがどんどん夢を叶えていく姿をブログから見て、「すごいなぁ」と感動もしたけど、同じぐらい時には嫉妬もして落ちた。

それぞれに「旅が好き」というだけでいいのに、ランキングに参加してるせいか、色んないらない競争心が沸いてきたりした。

 

 

実は、私はあんまり他人の旅の日記を見るのが好きじゃない。

自分が旅人になる前は、毎日時間があれば色んな人の旅ブログを寝る前まで読んでいたのに、自分が旅をするようになってからはまったく見なくなった。

その理由は、「他人の旅のスタイルと自分を比較したくないから」ってゆうのも大きいし、自分自身が旅を通して様々な経験をしたことによる固定概念みたいなものができあがってしまったからなんだと思う。

固定概念なのか、刺激とか感動のハードルが上がってしまったと言えばいいのか、、、

いわゆる「普通の旅…というか長期観光旅行だね」みたいなのに、まっったく面白みを感じなくなった。

こんなこと言うと反感を買うと思うし、お前が言うなよって言われたら何も言えないんだけど、

「ぬるっ」って思う旅のスタイルに、年々興味がなくなっていった。

 

 

そんな私も、こんちゃんの旅に惹かれた最初の理由は、もちろん誰もが認めて惚れたこのズバ抜けた写真の才能でした。

 

Hiromasa Kondoさん(@hiromasakondo)がシェアした投稿


(以下、こんちゃんの写真展より)

カメラを熟知している人、雰囲気のある写真を撮れる人、撮影後の加工が上手な人。

人間の数だけ、”上手さ”の種類があり、ここ10年の間にカメラの世界は人間が肉眼で見るよりも美しい世界をおさめれるように超進化した。

特に世界一周なんて出かけた日には絶景のオンパレード。

街を歩けばカラフルが押し寄せて、街から抜ければ大自然に出会い、運が良ければ野生動物と目が合うこともあり、ちょっと高性能のカメラを持てば、誰もがそれらを各々の形で撮影できる。

国民総クリエイター時代とも言われるこのご時世に、いわゆる”綺麗な写真”は、片手でスマホを操作すれば簡単に見つけられる。

そんな飽和状態の中でも、こんちゃんの写真はもう超越していたどころの騒ぎじゃなかった。

こんちゃんが撮る「笑顔の写真」は生命力に溢れた感動そのものだった。(上手に例えられない。けど本当にすごいの…)

私も写真が好きだから旅中は幾度となくシャッターを切る。

でも、こんなに出逢ったばかりの人達の最高の笑顔の瞬間をとらえることは、本当に、本当に難しいっ。

インドに行った時も、キューバに行った時も、カメラを向けるとチップ的なものを要求され、撮るなと顔を隠されることだってあった。

「私が笑顔で臆することなく相手に接すれば、相手もそれを感じとって返してくれる」って思ってたことは、きっと独りよがりな考えで、それが相手の心のドアに優しく柔らかく温かい風を差し込ませるのとは違うんだなっと、こんちゃんの写真達を見て気が付いた。

こんちゃんの笑顔の写真はきっと、こんちゃんという人間の人柄が引き寄せているんだって。

だから、こんちゃんにめっちゃ会ってみたくなった。会ってどんな人なのか、頭じゃない部分で感じてみたいと思った。

 

それともう1つ、こんちゃんの旅に惹かれた理由は、バスキングという旅先の路上でお金を稼ぐというスタイルを見て。

 

Hiromasa Kondoさん(@hiromasakondo)がシェアした投稿

 

起きて、ほとんど毎日ブログを書いて、安いご飯を食べて、世界中で撮影した写真をプリントして、人通りの多い場所を探して夜まで路上販売し、疲れて寝袋にくるまって公園で寝るという生活を繰り返し、次の目的地へ行くためのお金を貯めるという、こんちゃんの途方もないガッツ。

土地毎にどんな写真が売れるのかを日々観察し、陳列を工夫したり、プリントする枚数を調節し、商売のために現地の母国語を覚えたり、、、

決して楽じゃない試行錯誤の連続を乗り越え、バスカーとしても写真家としてもどんどんすごくなっていくこんちゃんをずっとブログで追った。

何よりもこんちゃん自身がブログの中でずっと笑顔だったから、なかなか苦労感は伝わりずらいんだけど、本当に凄まじいガッツに脱帽しかない。

 

 

こんちゃんのこのガッツを見るたび、自分の旅の「ぬるさ」が際立ったのもすんごい覚えてる。

これ以上自分の「ぬるさ」なんて感じたくない。もう比較したくない。でも、こんちゃんに会いたい。

よしやっぱり会いに行こう。

写真展会場に行くまで、こんな葛藤を持ちながらドキドキ緊張、そしてこんちゃんに会うと自分はどんな気持ちになるのか想像できなくて怖くもあった。

 

 

そして、こんちゃんの「世界一周 笑顔写真展」当日。

会場20分前に来たのにもう列ができているという人気ぶりの中、まさかの歯磨き中のこんちゃんを発見!笑)

思わず「こんちゃんや!!Σ(゚Д゚)」と叫んでもうた!

まさかの歯磨きこんちゃんを見つけて、持って来た緊張はいったんほぐれた。

けど、オープンしてすぐに会場内はお客さんで溢れ、緊張はまたすぐに戻ってきた。

平日の昼間なのに。みんな、こんちゃんの大ファンなんだろうなぁ。

こんな大勢がいる前で、こんちゃんとうまく喋れるだろうか。緊張する。怖い。

土日に開催された写真展では長蛇の列ができてしまったそうで、大人気のこんちゃんと話せる時間は2分間。

さぁ、いよいよ…!こんちゃんとお話できる時が来た…!

とりあえず時間が限られてるので、「サインください!」と一番持ち歩く&長く使うであろう財布にデッカくサインをしてもらいました。超嬉しかった。

それから「私も旅人で〜ぶらぶらぶら〜」と自己紹介をして、「来年からまた旅に出るのでパワーをくださいっ!」と思い切って言ったところで………

涙がいきなり溢れてきて、止まらなくなった。

理由はわからない。とにかくわからない。

本当はこんちゃんに聞きたいこと、いくつも考えてきた。

カメラのこと、性格のこと、旅のこと、マインドのこと、いっぱいいっぱい聞きたいことはあった。

でも、こんちゃんと目があったらもう「パワーください!」しか言えなくって、そしたら泣いてた。

でもどこも痛くなかったから、悲しいとかしんどいとかで泣いたんじゃない。

 

きっと目の前に、”強く夢を持ち続けて、思いっきり行動して、夢を叶えた人”が立っていたから、そのパワーに感極まって泣いたんだと思う。

こんちゃんのブログ「#撮って笑って旅をして」より。

 

 

 

でも、「笑顔の写真展」で泣いてる写真なんて撮りたくないから、「笑ってる写真も撮ってください!泣)」と撮り直してもらった(泣笑)

こんちゃん、めんどくさい奴ですみませんでしたm(_ _)m

 

最後に…

ゆっくり話すことはできなかったので、こんちゃんの笑顔を引き出す秘訣を探ることはできなかった。

けど、こんちゃんが今まで辿って来た夢を掴むまでのパワーは、ひしひしとこの写真展の作品と会場内、そしてこんちゃん自身から伝染してきた。

こんちゃんに会うと私はもっと自分のダメな部分を浮き彫りにしてしまうんじゃないかと不安だったあのバカな気持ちも、泣いたら消え去っていた。

結局、写真展の会場を出たあとも1日涙が止まらなかった。

でもその度にお腹の奥底から、昔感じていたあの底知れないパワーが蘇りそうな気配を感じた。

やっぱり、夢を叶えている人は本当にすごいってこと。

夢を叶えている人は、人に夢を与えられる人なんだってこと。

こんちゃんを通じてよく理解できたよ。

私もまだまだ行動するよ、やるよ、絶対。

 

こんちゃんは、また旅に出るのかな。

そう願って、旅人あるあるのあの言葉で〆ちゃおうかな!

 

 

地球のどこかでまた会いましょう!

 

 


ご意見・ご感想などはこちらから。

コメントを残す