愛犬レオちゃんのこと。

愛犬レオちゃんのこと。

レオちゃんは、私が小学6年生のときに我が家にやってきてくれた愛犬・スタンダードダックスフンドの男の子。 

むくむく可愛いクリームゴールド色の体と、ひときわ短い手足に、大きて真っ黒のお鼻が特徴的です。

幼犬期・成犬期はとってもとっても元気で、とにかく相手にしてほしくてかまってほしくて、かまってもらえないとスネてトイレの奥の隙間に入り込み、見つけてもらえるまで出てこなかたり、、

ときには、まさかの仮病を使うこともあるぐらい人間のような感情を持った子でした。

様子がおかしい!と、慌てて病院に連れていったのに、獣医さんに「仮病ですね」と診断され、診察室でぴょんぴょん跳ねだしたときはもう怒る気にもなりませんでした。笑

そんなレオちゃんももう16歳半年。中型犬の平均寿命超えてます。

だんだん足腰が悪くなり、目が見えなくなり、耳が聞こえなくなり、暴食をしだしたり、、、今年の4月から本格的に体調が悪くなり、歩けなくなり、食べなくなり、、、

食べなくなること=もう最後と勝手に判断した私達は、レオを家で看取ることに。その時は、すさまじい発作と癲癇(てんかん)で死を覚悟しましたが・・・・・・

戻ってきてくれたんです。

その翌朝すぐに高度二次動物病院に駆け込みました。とにかく餓死寸前だということで、「玉ねぎ、チョコレート以外はなんでもいいので食べさせてください!」と言われたときから、大好きだった鶏肉、牛肉、唐揚げなど・・・欲しがるものはなんでも食べさせてあげました。

処方された薬のおかげもあって、その時に比べると今は元気です。

これから、ちょこちょこレオちゃんの介護生活のことをここに綴っていけたらなって思います。

コメントを残す