私の心にスッと入り込んできてくれる人。

私の心にスッと入り込んできてくれる人。

シンクロニシティ
意味のある偶然の一致という意味である。

金曜日は仕事が休みで、久しぶりに北新地のジュンク堂までお出かけした。4時間ぐらい本屋さんで立ち読み、座り読みさせてもらい次に行きたい国の情報を適当に頭にインプットして、WEB関係の参考書を4冊、英語の雑誌を1冊を購入。

いい本に出会えたからなのかなんだかわかんないけど、いい気分のまま帰宅しようと駅のほうへ向かっていたんだけど、渡印する前に紅茶が美味しくてよく通った西梅田のスリランカ産ティーハウスへ寄り道した。

いつもは並ばなきゃ入れないくらい人気で賑わっているけど、このときは平日でお一人様とゆうこともあって、目の前で美味しい紅茶をいれてくれるカウンタの席へすぐに案内してもらい、私から店員さんへ雑談をもちかける。

何度もこのお店に来ているが、この店員さんは、本当に紅茶が大好きで、いつも楽しそうに仕事をしている人。紅茶の話をし始めると終わりなき紅茶話をずっと聞かせてくれる。

実はわたしがインドにいるとき、スリランカに興味を持って行きたいと思ったのもここの紅茶屋さんの影響だった。

こんな美味しい紅茶の茶葉を栽培している場所へ行って、もっと本場の紅茶を飲んでみたいって超普通にそう思ってインドからスリランカへ旅した。

実際スリランカで飲む紅茶は、ここのお店とは雲泥の差でまずかったけど(笑)ブレンドの仕方、水、お湯加減、入れ方いろいろあるみたい。

まぁそんなこんなで店員さんとスリランカの話でけっこう深く話こんで、もちろん美味しい紅茶もいれてもらい、お互いが持っている携帯の写真データを見せっこして、わたしの携帯でスリランカの素晴らしい絶景写真を見せているとき、急に画面が変わって、私は3秒くらい静止した。

スリランカのあの彼からいきなり電話がかかってきた。

私は驚いたまま店員さんに、「え!ちょうどスリランカの友達から電話が・・・!」とゆうと、店員さんも少しびっくりした表情。

彼からの電話は実に半年ぶりくらい。本当にこのタイミングには驚き以上になんだか感じるものがあった。

彼はもう地元の人と結婚して、とっても幸せそうでね。結婚式に招待されたが、ちょうど彼の式の日は、私も日本に帰国する日やって行けなかったから、それ以来こちらから連絡することはなく、彼からもなにもなく、、、

私のことを無二の親友だと言ってくれた彼だが、ぶっちゃけ一時的な思い出で終わったもんだと思ってた。もはや私のことなんて自分の人生に存在しなかったかのような感覚だろうな〜って。

電話の内容は、本当にただの「最近どうなんだ?!」ってゆう近況報告の電話だった。他のお客さんもいる中、英語を話すのも少し恥ずかしく、つたない自分の英語で簡単に近況を伝え、彼の返事をなんとか理解しようとする。

彼がくれた言葉は、嘘でも本当に嬉しい暖かい言葉だった。

「愛は親友だから、何かあったらちゃんと言わなきゃいけないよ!彼氏ができたときもちゃんと俺に言って、チェックするから!大丈夫、今はいなくても俺がいるよ、俺と愛は親友だから、ね?

ちゃんと時々こうやって連絡してこいよ、早くスリランカに遊びにきてって。勉強は順調か?仕事は?今はもう日本なのか?」

って、いっぱい聞かれたけど、もう言われた言葉に嬉しさがこみ上げてきて途中でなに言ってるかわかんなくなってきて、彼も仕事に戻っていき電話を切った。

これはこの彼に限らず、私が海外の人を好きだと思うひとつなんだけど、相手の心境に構わず自分の気持ちを素直に伝えてくれるところが、ほんとうにほんとうに大好き。

私も日本人だからよく思う。

連絡したい、会いたい、遊びにいきたい、話したい人がいても、もちろん好きな人がいて何か伝えたくても、

今忙しいんじゃないか、男友達の場合は奥さんや彼女に迷惑じゃないか、私は眼中にないんじゃないかって、いろいろマイナスに余計なことを考えちゃう。

けど、海の向こうの人は、相手の返事とか気持ちとか計算せず、まっすぐに言える人がたくさんいる気がする。

実際わたしがスリランカの彼に連絡できなかったのも、上に書いた3つが理由だし。。。

むかつくけど、やっぱり魅力的な人だな〜私のこの親友。なんか本当に嬉しい。こんななーんにも取り柄のない私なのに、気まぐれかもしれないけど結婚しても気にかけてくれるって、なかなかできないことだと思うんだ。

実は私この記事書きながらちょっとうるうるしてるからね。私にとって、こうゆうのを本当の暖かさ、幸せを感じるってゆうんだろな。

インドで一番よく話した友人が言ってくれた言葉の意味が今よくわかった。

「愛さん、一番いい形で帰ってきましたね。彼女よりも親友のほうがずっと一緒にいれるじゃないですか」って、失恋したてだったけど、めちゃくちゃ明るい当時の私に言ってくれたあの言葉。

こうゆう意味なのかなって。

嫌いなもののために無駄な時間を費やすことが多かったここ最近が、こんなちょっとの出来事で全部が暖かくてふんわりして光の差すピンク色に塗り替えられる。

これは恋の感情でもなくって、危ない感情でもなんでもない。言葉にはできない、心で感じるHAPPY。ありがとう、だーりんっ。

どんな形になっても私の心にスッと入り込んできてくれる人。

追伸
このあいだはおもわず愚痴ってしまってすみませんでした。本当は、あんな愚痴の記事を書くつもりじゃなくって、私のストレスと悩みを取り除いてくれた親友への感謝を文字にするつもりでキーボードをたたきはじめたのに、いつのまにかあんな記事になってしまってました(焦)


ご意見・ご感想などはこちらから。

コメントを残す