出会った人間がすごすぎて自分が恥ずかしい。

出会った人間がすごすぎて自分が恥ずかしい。

こんばんは、あいあいです。
こんばんは!あいあいです!!!

なんとなく1回目が元気なかったので、2回叫んでみました。

えっと、、、インドからセブ島に移動してきたのが、2月2日でした。そして、今日は3月31日。もうすでに2ヶ月目が終わろうとしている現在の私の状況を報告しましょう。

それも、わかりやすくジャンル別に報告していきましょう。

①体調

太った。お腹がやばい。すこぶる病気とは無縁。ついに太ももと太ももの間がくっつきはじめた。

②英語勉強

プログラミングの授業が難しすぎて、英語の勉強を全然していないが、そのわりに、英語を話すことにまったく臆病さを感じない私のポジティブ英会話表現が良いのか、スピーキングのテストだけは上から2番目のレベルにまで達している。

だが、ビジネス英会話とライティングだけは最悪の点数である。ペラペラが100点とすると、今の私の英語のスキルは40点くらいだと思う。
悪魔でもテストでの評価だけど、まったく話せないことはない。

ローカルの人とも結構深〜い人生についての話なんかができるようになっていたり、外国人とも本音でケンカができるくらいの英会話は身についているが、

ケンカの後、仲直りするためにお互いの思いをきちんと説明しあおうとしたとき、私の英語力では完璧にシェアしあい理解しあうことは無理だった。ボギャブラリーとネイティブ表現力がまだまだまだまだ足りません。

③プログラミング

これが本当にやばい!!!こんなに難しいなんて思ってなかった・・・。プログラミングって私に向いてないんじゃないか?いや、でもみんな最初は初心者だし、まだ初めて1ヶ月じゃないか!

と何回も自分を励まし、プログラミングを嫌いになりかけては少し距離を置いてみて、違う勉強方法を探してみたり・・・。

とにかくここ最近は、プログラミングの勉強についていけないストレスで、どうにかなりそうだった。

しかもほとんどのクラスメイトが、留学に来る前からプログラミングを勉強している子ばかりで、すごい子なんてもう小学校のときから自分でゲームとか開発していて、大手IT系企業からも引っ張りだこ間違いなしのスキルを常に持っている子だっている。

そんな子と比較しても仕方ないのはわかってるんだけど、どうしても比べてしまって、自分の薄っぺらさに気付いて、凹まないようにするのが精一杯の毎日だったと説明すればいいのかな・・・。

日本を離れてから、ほんとうにほんとうにほんとうにたくさんのすごい人たちに出会ってきた。みんな自信をもって、経歴や特技を爽やかに気持ち良くアピールできる人ばかりだった。しかも、みんな私より若いの。

本当にすごいんだよ。本当に、本当に。

私より年齢が1つ上なだけなのに、子供はもう3人いて、両親も養いながら飲食店経営。飲食店経営に大きな未来はないと前進し続け、アメリカで世界一のセミナーを受け、日本でも一流の経営者達から未来のITの動向を探り、エンジニア留学後はまた一年間アメリカを視察。

奥さん子供を地元に残して、愛するもののために自分は世界を見て、飛び回って将来計画をするすごい人。この人の表情やマインドに「無理とか、悩む」なんて言葉は全くなかった。

この人と出逢うことができて、わたしは初めて社会には裏があることを知れた。恐ろしい社会の裏を知った。社会で成功するばするほど、矛盾した世界を見るようになることも知った。

また歴史も今もその社会の裏によって完璧なまでにコントロールされているとゆうことも。この人のことは今のわたしの文章力では表現しきれない。本当に本当に未来しかない人。そして人を惹きつける人間力が半端なかったです。

人間の新たな生き方を研究しながら、その研究結果をWEBから発信する悟り人。しかもこの人は、私の誕生日にまさかの形で現れた人なの!中国系日本人の方で、英語・中国語・日本語がペラペラです。アメリカにも5年留学していたり。

生き方研究のひとつとして、不動産ではなく、好きなところに移住しながら住むことができる「可動産」を今年から作っていくと言ってたので、また会いに行くのが楽しみ^^

その可動産の中に、水も電気も自分で作るのだとか。年齢はなんと私の1つ下だけど、貫禄と物腰の柔らかさがはんぱなかった。「人類全部が友達」とゆう代名詞が似合う素晴らしい男性。そして男前!笑

そして、あの広大な中国を徒歩で横断されたとゆう経験の持ち主。その前には無一文で日本一周もされてます。
中国横断のとき、交通機関は使わずに、しかも1日1食とゆうルールで横断・・・。

もうねぇ、すごすぎますよ。この方とお話ししてるときのドキドキワクワクはハンパなかったです。

今はやりのフリーランスなんて興味がなく、大手企業にしか属さない人。世界を変えるには、大きな組織に属している必要があると、かっこよく隣の席で語られた。

大きな組織にただ入るとゆうのが目標ではなく、その場所を活用して何かを変えようとする人。そして、この人は転職のあいまに期間限定ビジネスをして、簡単に小銭以上のお金を稼げちゃう人。

東大卒の女性。アメリカでのインターンシップを経て、セブ島にある今わたしが在学中の学校の立ち上げメンバーの一人。堪能な英語力、上司部下から絶大な信頼、シャイで有名な日本人とは思えないほどのオープンマインド、ダンサーとゆう経歴、UXEデザイナー、フリーライターでもある。

現在は、フィリピン人の彼氏を連れて世界一周旅行中のとてもとてもとてもとても素敵な人。 なにがすごいかって、フィリピン人の彼氏はお金がないので、旅にかかるお金、生活費は全部彼女が出しているってゆうこと。こんなこと普通できませんよね?

わたし実はこの人にはお会いしたことないんですが、もう会いたくて会いたくてたまりません。同じ女性として、同じ年代として、何もかもリスペクトです。

大学在学中に企業。事業計画書を書いて、100社くらいの会社に乗り込み、僕に出資してほしいと突撃訪問。 80社にはバカにされたり、罵声をくらったが、残りの会社は親身に話を聞いてくれて、3社は出資してもいいよと言ってくれ、企業。

中学から大学まで名のあるエリート校出身で、人につかわれる働き方なんて考えたことがなかったそう。現在は人材派遣会社をおもに経営。彼の人をやる気にさせる言葉の力は本当にすごかった。

同じく、この方も大学在学中に企業。日本でのビジネスが意外にも簡単だったとゆうことから海外に行くことを決意。そこでまず語学留学のために来た学校が、まさかの閉校・・・。

ここでまさかのありえない一言「だったら、僕が経営します!」で今に学校経営に至る。この人の「自分が総理大臣だったら〜」の話は、まじで実現してほしい。

話の半分以上が下ネタだったのもおもしろかった。

ねっ?すごいでしょ。本当にすごすぎるでしょ。

まだまだいるよ。

・フリーランスデザイナー
・フリーランスエンジニア
・フロントエンジニアの本まで執筆しているエンジニア兼ライター
(現在、海外に新たなエンジニアスクールを立ち上げようと奮闘中)

・元プロスノーボーダ→引退後はフィナンシャルプランナーとして独立
・プレゼンの達人
・数千万円クラスの開発を一人でしちゃう若手プログラマー
・看護師
・フォトグラファー
・幼稚園の先生→客室乗務員

職業や経歴ではないけど、マインドが素敵な子にもたっくさん出会った。

・生まれ持ってピュアな子
・フレンドリーすぎる子
・めちゃくちゃ貧乏で家族全員の生活費と自分の学費をボクシングとアルバイトで稼ぐ子

海外に出てきて、本当に良かったと思う。こんなにすごい人が、こんなに普通に身近にいることを知ったから。

あのまま大阪の小さな会社で働いていたら、きっと私の未来は凝り固まっていってたと思う。

だけど、それ以上に自分の歴史のなさを痛感する。

日本を出てから、ずっと考えていることのひとつ。

わたしの強みって・・・なに??

これが、29歳まで努力してこなかった人間の結果。

なんにも取り柄のない、なんの経歴もない、やばすぎるアラサー。

こんなにすごい人たちと出会うたびに、わたしはいつも太陽みたいにすさまじいエネルギーをもらうと同時に、そのあと自分の歴史を振り返って恥ずかしく思った。

だから、自己紹介の時間が本当に苦痛だった。

こっちに来て絶対聞かれること、「なにされてる人ですか?」

大学生でもない私は、「なにもしていません・・・」としか言えない。

私が紹介できる自分のことって、名前と、年齢と、出身と、冷麺が好きってことと、海が好きってことだけだもん。それ以外、なにも言えない。

プログラミング勉強の進捗のお話しから、だいぶ話題が逸れてしまいましたが、とにかく最近の私の頭の中は、こんな自分の歴史のなさ、自分の強みのなさからくるネガティブモードでいっぱいでした。

次回の記事でも書きますが、人間関係のことでも揉めていたせいで余計、自分の殻に閉じこもっていた数週間でした。

悩んでも、29年間の過去は変わらないってことはわかりきってます。これから歴史を作っていける、作っていかなきゃってこともね。

わたしは今、ゼロなんです。真っ白です。

わたしの人生計画はまだまだ長期戦になりそうです。

勉強の飲み込みが遅いことも考慮して、35歳くらいまでのプランで、考えよう思ってます。

すぐに結果を求めて焦るところは、私の悪い癖のひとつ。そして、すぐに諦めてしまうところも。

 

ただ、これはなんの特技にも強みにもなりませんが、、、

わたしはきっと誰よりもラッキーです。

それは海外に来てからも常々思っています。

こんなのいいな〜って想像していたものが、ありえない形で目の前に突然現れることがここ最近、何度もあります。

一体これはなんの能力で、いつまで続くのかはわかりませんが、こんなネガティブモードの薄っぺらな私の前に台本付きで用意されていたかのように、キーワード的な人物が現れることが本当によくあります。

しかもそれは、たいがい一人でいるときに。

こんな魔法まがいなことがあるから、私まだまだ頑張れる、頑張る価値あるって、頑張らなきゃ!っていつも思いなおすことができます。

だから、いつも私は感じるんです。

本当に自分はいつもラッキーだって。見放されてないなって(笑

でもこれって、人間みんなが思ってるかもしれない普通のことなのかもしれないですね。

うん。とにかく頑張らなきゃ。応援してくれているみんなのためにも。家族のためにも。親友のためのも。

そして、一番はなんだかんだ頑張ってる自分のために。

あー!!!!!!!本当に毎回このセリフ書いてますが、いつもマジでまとまりない文章で薄っぺらですみません!!!

コメントを残す