宿題は「ずっと笑顔の愛でいること」

宿題は「ずっと笑顔の愛でいること」

こんばんは、あいあいです。何回もここにぐちぐちと書いてきたかもしれませんが、2週間くらい前の私の病み具合ったら、まじでハンパなかったとです。もうハンパなさすぎて訛ってしまいました。

・プログラミングの勉強についていけないストレス
・毎週テストの成績が生徒に公開されるとゆうプレッシャー
・生徒の移り変わりが激しい学校の雰囲気にいつまでたっても馴染めないストレス
・孤独感
・シェアメイトとの生活上のトラブル
・孤独感2
・大好きだった友人が先に帰国したダメージ
・孤独感3
・なんのスキルも持ってない自分に対する哀れみと不安
・友人との大喧嘩
・帰国後どうしようの不安

などなど・・・

このときの私には、笑顔のえの字もなかった。スポットスポットで相談できる人はいても、自分が今持っている悩みを一部始終話せる友人もそばにはいなかった。

日本にいる友達に少し助けを求めたりもしたけど、口ではこっちの状況や自分の心境を全部伝えられないし。

とうとう追い詰められた感がありました。

今すぐこの環境からさよならしたくって仕方なかった。

つねに孤独と隣り合わせで、家族や友人、大好きな人が待ってくれているところに帰りたくて仕方なかった。

もちろん、そんなことはしませんでしたけどね。具体的にゆうと、できなかっただけです。だってお金払ってるもん。爆

貧乏、選択肢なしとはまさにこのことです。(今作りました)

まぁ、それでも嘘の笑顔で人に会う余裕もさすがになくなっていたので、午前中のプログラミングの授業だけなんとか出席して、午後の英語の授業は2日間休んでしまいました。

たっかい学費払っておいて、休むなんてことは留学前のわたしのルールでは絶対考えられなかったことですが、このときのわたしがもし授業に出ていると授業開始前に瞬殺で泣いていたと思います。

こっちの英語の授業って、狭いキュービックルームで先生とマンツーマンなんですよね。

だから先生ともし相性が良いものなら、めちゃくちゃめちゃくちゃ仲良くなっちゃうんです。

こんな学校大っ嫌いだ!って思っていた私が、唯一これだけは運が良かった!と確信できるのが、素晴らしい英語の先生ばかりに当たったこと。

わたしの英語のクラスは、3コマ。1コマづつ先生が違うので、3人の先生とそれぞれマンツーマンで授業します。

 

1人目の先生は、もうとにかく美人!女性的!そしてとても人間関係において、とてもとても成熟している人。

自分よりもいつも周りのことを考え、行動して、完璧だとおもってもやっぱり彼女もハートブレイクして、、、

だけどいつもポジティブで笑顔で。本当に本当に内面から美しい人。私なぜかこの先生と話すと、泣けてきちゃうんです。もう2回は泣いちゃったかな。。。5回はうるうるしながら授業受けてる。

完璧すぎるんです。もうね、ひとつひとつの言葉に嘘がなくって、思いやりがって、愛があって、重みがあって。このひとの彼氏が本当にうらやましくおもえるくらい。一番大好きで尊敬している。

2人目の先生とは、ついこないだ大喧嘩をしましたが、喧嘩をしてから余計にお互いをわかりあえた気がして・・・。今ではなぜか元どおりに。

もう泣き叫んで感情をぶつけるくらいの大喧嘩を旅先でしたんだけど、あれは完全に私の精神レベルがクソガキだったのと、彼女と私の金銭感覚や感謝を感じる感覚に、国と文化が違うように「違い」があるとゆうことを理解してから上手に付き合えるようになりました。

本当に心から感謝しているのは、感情的で心の中を隠せてなかったあのときの私に対して、あきらめずに話をしようと働きかけてくれたこと。

私はすぐに「もーいいっ」て人間関係を諦めちゃうところがあるから、そこを乗り越えてきて最悪の状態だった私の心の中に入ってきてくれたことが・・・ねっ(泣)

いや〜それにしてもあの旅は本当に思い出深いな〜。スネて、泣いて、叫んで、号泣して、怒って、ガチの無人島でひとりで孤独感じて・・・。なんやねん!この旅!笑)めちゃくちゃいい経験やないかい!

あ、ついでなんでその旅の写真貼っときます。余談ですが、この島、「Biri island ビリ島」というところで、

セブ島から、フェリーで11時間→ジプニー(乗り合いバス的な)で2時間→モーターボートで1時間で行ける、外国人観光客にはあまり知られていない秘島です。サマール島の先端にある小さな島です。

島の人にも「どうやってこの島のこと知ったの!?」と聞かれるくらい、フィリピンではけっこうレアな島です。

そして、日本語でこのビリ島の情報が書かれた記事やガイドブックは多分今のところないです!汗)おかげで私達が行ったときは、日本でゆうシルバーウィーク的な期間で、どこに言っても人人人!の観光客で混雑してたそうですが、この島に外国人は私達しかいませんでした。

でもホテルとレストランが島に1つづつしかないので、予約は必須です。リゾートとゆうよりは、大自然でした。アドベンチャー気分で行ったほうが楽しめるし、ロックフォーメーションとゆう惑星にきたような場所がこの島唯一の観光スポットです。

島のひとつだけあるレストラン。
同じく島にひとつだけの宿。

観光するためにちょっぴり危なっかしいところをひたすら歩いていかないといけないので、可愛い服できれいな旅行〜がしたい方にはおすすめしません。

しかも、私はてっきりその観光スポットには自由に出入りできるもんだと思っていたんですが、ちゃっかり商用になっており、きっちり入場料とガイド料を支払わないといけません。

行く前は、保護区なのかな〜??あんまりこの島のこと広めない方がいいな〜と思っていたのですが、どうもそうではない感じで、観光客求む!みたいな印象を受けました。

もし行きたい方いらっしゃったら、How to go thereしますので気軽に聞いてください!(・∀・)

あ、ちなみのこの座ってるところ、かなりの断崖絶壁です。まさにこのときの私の心境と同じ感じの場所です。次の写真のクリフの上にちょこんと人影があるのが私です。

久しぶりにダイビングもやってきました。大物は全然いなかったけど。

写真見て、こう思われてるかもしれませんね。

「おまえどこが病んでるねん!!!」

安心してください。めちゃくちゃ病んでましたから。

このとき一緒だったガイドさん、多分わたしが一緒に来ている友達とうまくいってないこと、気付いてたんだと思います。

他の友達2人と一緒にいれなくなった私を、なにも言わずに夕方のサンセットが見れるここに連れてきてくれた。

この時間のそこには本当に誰もいなくって。大自然に私とガイドさんだけ。

本名の発音が難しかったので、イトウさんと呼んでた優しいビリ島のガイドさん。

大きな岩山に2人で登って、目の前にすごい景色が広がっているのに、心にだけフォーカスして、陽が沈むまで、満ち潮で帰れなくなるギリギリまでいろんな話したな〜。

幸せってなんだと思う?みたいな話。

しかもこのガイドさん、ついにわたしにお金を請求しなかった。ありえないよ。

私がそれは無理!いくら?と聞くと、「あなたが決めて!」って。

さらに、、、次の日の朝、私が泊まってるホテルのロビーにいてね、なんでいるの!?って聞いたら、「Because of you!」だって。わざわざお見送りにまで来てくれた。そして、「この島のこと忘れないで」って言ってくれた。

忘れるわけないじゃん。

こんな素敵な島と、あなたが住んでいること。写真見てるだけで、思い出して涙が出てくるよ。感謝しかないよ。

あなたが私のカメラのシャッターを押してくれたから、わたしはあんな状況でも、心から笑えたんだよ。

ほんまに感慨深い旅行だったな〜ぁぁっぁぁぁぁっぁぁっぁ・・・

あ!!!!!!英語の先生の話に戻ります!爆

3人目、最後の先生は男の先生でね、この人の生まれ持ったフレンドリーさと言ったらもう頭が下がるレベルで・・・。

だけど、彼みたいにフレンドリーになれない私は、この人のフレンドリーな考えを聞くと、ときたま傷ついたりもするんです。

わたしは、あなたみたいにどんな人間のことも好きにはなれないし、大勢でいることも好きじゃない。あなたはなんでそんなに大勢といるのが好きなの?っていつも思っちゃう。

単純に、大勢の人間と素直に楽しむことができるこの先生がうらやましいんです。憧れるんです。この先生のこの素晴らしい性格に。

この先生との授業では、1回もテキストを使ったことがないの(笑)

いつも人生とは?人間とは?恋愛とは?愛とは?社会とは?プライドとは?悩みとは?喧嘩とは?孤独とは?友達とは?って感じで、そのときそのときのお互いの悩みや、気になることを気ままにトピックにして、ひたすたお互いの意見をシェアしあう。

私はいつも自分が体験してきたことを元に、彼に意見を伝えるんだけど、私の意見が彼にとってなぜか新鮮で影響力があるみたいで、

「愛との授業が楽しみで仕方ない!」「愛から出るフレーズが大好きだ!」「他の生徒とまったく違った意見ばかりでおもしろい!」と、やたらおもしろがってくれて、本当にいつも楽しく勉強になる会話を楽しんでいました。

はい・・・2週間前までは・・・。

そうなんです。病みすぎて私の顔から笑顔が消えたときのこと、彼の口からこんな言葉が。

「愛はどこに行ったの?」

わたしがなんとかいつも通り振舞おうとやってみても・・・

「愛・・・おかしいよ?」

「・・・耳まで口が広がるくらい笑う愛はどこにいったの?」

やばい。もうそれ以上何か言われたら、、、泣いてしまう。

そう思って、自分で解決するために授業を休みました。

そして、ようやく今日ですね。なんとか自己解決できた今日、やっと彼に、「元の愛に戻った!」とハンコを押されました。

ちなみに解決方法は、やっぱり悩んでも仕方ないってことと、私らしい自分が未熟でも認めてあげようってことと、期間限定の留学なんだから、なにがあっても割り切ろうとゆうことと、

みんなそれぞれ悩んでるってゆうことと、私はきっと一人じゃないってことと、小さな幸せを見つけて笑おうってことと、、、あとは時間が後押ししてくれた感じかな。

私の解決って、いつもこんな感じです(恥)

参考にならなくて、ごめんなさい。これでもぐるぐるぐるぐる考えてるんですよ〜。

そして授業が終わって、席を立つときにその先生が、

「愛!ひとつ宿題がある!」

「え〜;プログラミングの勉強したいから英語の宿題はいらないっていつも言って…」

「明日からも、ずっと笑顔の愛でいること!OK??」

「・・・おけい;;」

うるうる。そして心で感謝。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    3番目の先生、感動した。
    なんか、、あいさんの日記いいね。
    まさにありのままだね。
    生きた経験だね。
    感謝を込めて

  2. leochandaisukiyo

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    そういってもらえると、どこまででも頑張れそうな気がします。
    日本出発直前に柳さんに出会えてよかった〜。
    こちらこそ、いつも感謝感謝です。

コメントを残す