RECENT BLOG ARTICLES

let’s go out and BE WILD 〜星降る空の下で決めたこと〜
NEW

let’s go out and BE WILD 〜星降る空の下で決めたこと〜

ぐ〜。パチっ。 みんな、おはよう〜。今日も優しい陽が差し込むコーテズからだよ〜。   今日は、嬉しいお知らせがありますっ! 今朝いきなりやってきたこのデッカいトラック、なんだと思いますか??(・∀・) コナーも見慣れぬ車の登場に、窓からじっと見守っています。 「ジミー、誰か来たよ?なにあのトラック?(・∀・)...
続・熊おじさんとの生活。
NEW

続・熊おじさんとの生活。

みんな、おはよう〜! あいあい withコナーだよっ(・∀・)   今日のコーテズは晴れ。 気温はマイナス5℃ぐらいです。 マイナス15℃→マイナス5℃に変化するだけで、 一瞬、「半袖でも過ごせるよ!」と思えるぐらい暖かく感じてしまう。 人間の適応能力って、本当にすごいと思う。   さてさて。 昨日...
熊おじさんとの生活。
NEW

熊おじさんとの生活。

数年あちらこちらと旅をしてきた中で、もちろんその経験すべてが特別なんだけど。 なんでかな。 ここコーテズでの経験は、なんかわかんないんだけど、 本当に特別の…もっともっとトクベツなものなの。 なんでかわかんないんだけど、描こうとすると喉と胸の辺りがキュって少し痛熱くなって泣けてきちゃうんだ。 順番に、ゆっく...
白と青と光のセカイで。
NEW

白と青と光のセカイで。

翌朝。 埃っぽさが残るソファと毛布にくるまりながら目が覚めた。 目を開けると、アメリカン・ピット・ブル・テリアのコナー♂が、今まさに私の顔をベロリしようとしてせまってきていた。 まだ2歳のコナーは、ヤンチャ盛りでとにかく24時間遊んでほしくてたまらない。人間、動物関係なく生き物が大好きで何にでも興味を持つ...
風呂がトイレが水道がない。だったら作ればいいじゃない。 〜Wellcome to Primitive House(ようこそ、原始的なお家へ)〜

風呂がトイレが水道がない。だったら作ればいいじゃない。 〜Wellcome to Primitive House(ようこそ、原始的なお家へ)〜

こんにちは!あいあいです(・∀・) なんかもう、タイトルから全てを悟っていただけるような、ド田舎にやってきてしまったようです。 ・ ・ ・ ・ デンバーからここに来る時に乗った飛行機は、まさかの7人乗りでした。   そして何故か私の座席だけ反対向きでした。なんのギャグですかね。   約1時間後、辿り...
“コーテズ”という場所を知ってるかいっ。

“コーテズ”という場所を知ってるかいっ。

念願の雪降るボルダーの街を最高の瞬間に見ることができた、翌日。 私は、朝一番にレンタカーを借りて、ロッキーマウンテン国立公園に向かった。 アメリカの国立公園ってスケールが半端ないから、近くにあって行ける距離なんだったら本当に全部行ったほうがいいってぐらいハズレはない。 でも今日は生憎の天気。 雪なのか雨なのか、とにかく...
山頂に辿りついた瞬間、ボルダーに優しい雪が降りました。

山頂に辿りついた瞬間、ボルダーに優しい雪が降りました。

ボルダーでの滞在も、いよいよ後半に突入しちゃいました。 本当に毎日毎日、ベンとキャスパーの温かみに包まれ、ボルダーの新鮮で優しい気候に癒されながら、幸せ以外のなんでもない毎日を過ごしています(震) でも、相変わらず雪は降らないまま、どんどん地面は茶色くなってきています。 そんな今日は、毎日お家から見えるあの山へ行くこと...
続・幸せ過ぎるボルダーでの日々。

続・幸せ過ぎるボルダーでの日々。

ベンが休みの週末は、2人でボルダーの街をサイクリングした。(キャスパーはお留守番) アメリカって、ところどころに無人レンタサイクルがあるので、自販機でジュースを買うように簡単に自転車を借りれるのです。 しかも、返却は借りた場所じゃなくて都合の良い場所でOKだから、”街で借りて→家の近くに返却”なんて、便利なこともできる...
幸せ過ぎるボルダーでの日々。

幸せ過ぎるボルダーでの日々。

朝、目を開けると一番に視界に入るこの景色に幸せを噛み締める。 ここボルダーという都市は、標高1,655mの場所に位置していて、陸上選手の高地トレーニングの聖地としても知られている。「今、ボルダーにいます(・∀・)」と知り合いに連絡すると、「ああ!Qちゃん(高橋尚子選手)が行ってたとこね!」と返ってくることもあったので、...
温かい。あたたかい冬の中へ。

温かい。あたたかい冬の中へ。

ここに訪れるまでの私は、、、 冬が、雪が、こんなにも「あたたかい」ということを知らなかった。 メキシコで話した陸を走る旅人は、「コロラドの美しさは別格。アメリカで最も印象に残ってる」と言った。 日本で仲良くさせてもらっている太極拳の講師は、「もしコロラドに行くならボルダーに行ってほしい」と教えてくれた。 そして、それ以...
ばいばい。大好きなお姉ちゃん。

ばいばい。大好きなお姉ちゃん。

今回のこのお姉ちゃんとのすれ違いで、私はかなり深くまで降りれた気がした。 人間は、寂しさから怒りを生み、怒りから寂しさを生む生き物だ。 メキシコでの滞在すべてを通して、そう気付かされた。     人間関係って、繊細なアートと少し似ているところがあって、 力まかせに作ろうとしても何も生まれないし、 浅...
自信家で野生的。彼の名は”ジョシュ”という。

自信家で野生的。彼の名は”ジョシュ”という。

4人がまだ寝るロッジを去り、私は冷静にある場所に向かった。 メキシコシティから遠く離れたこんな山奥までわざわざやってきて、これを見ずにして帰れるわけがない! 忘れてはいませんよ。到着初日に見れなかったあれ、、、 総工費6億円!富豪の奇怪な庭園「ラスポサス」を見なきゃ! これよこれこれー!これだってば! 私、ここヒリト...
さようなら。お姉ちゃん。

さようなら。お姉ちゃん。

さて、困った。 今夜4人の前から去ると決めたはいいが、こんな森の奥からどうやって一人で帰ろう。 なつの彼氏が夜行バスに乗ってここまで来たと言っていたので、とりあえずどこか近くの街まで出れば、メキシコシティに戻れる復路バスは探せるはずだ。 でも携帯の電波もつながらないからMAPも使えないし、いつも車で移動していたので方向...
「あなた、マリファナ知らないじゃない」

「あなた、マリファナ知らないじゃない」

その夜は、森の中のロッジで宿泊することになった。 宿の周りにはフロント代わりの小さな売店と、月明かりがあるだけだった。 4人はロッジ前の小さなスペースに椅子を並べて、 今夜もマリファナを吸いながら、私にはわからない言葉で会話を楽しんでいた。 ヘビースモーカーな家族の元で育った私は、物心ついた頃から今も現役で、「煙」とい...
地上100mだぜ!「タムールの滝」の真横でロープ下降。

地上100mだぜ!「タムールの滝」の真横でロープ下降。

ちょうど一年前の今頃でしょうか。世界の果てまでイッテQ!を見ていた私は、「ん???メキシコ?この滝もしかして…」とテレビ画面に喰いついた。デヴィ夫人と出川哲郎の2人が、ここで私達がしたことと同じことにチャレンジしていた。   イッテQのお陰で知ることのできたこの高さ100メートルを超える滝の名前は...