leo-dachshund

初めまして、@あいあいです。

今日は、私の大切な愛犬レオちゃんのことを書きます。

私が小学6年生の頃、どうしても犬が欲しくって家族に懇願し、縁があって我が家にやってきてくれたのがレオでした。

スタンダードダックスフンドの男の子で、当時は超めずらしいと言われていたクリームゴールド色のむくむくした体に、ひときわ短い手足が可愛く、さらに真っ黒の大きなお鼻が特徴です。お目目もまんまるです。

leo-dachshund
包帯で遊ぶレオちゃん(笑)

幼犬期〜成犬期はとってもとっても元気で、とにかく「遊んで!相手して!俺をもっとかまえ!」とすごくて、もしもかまってもらえないものなら、スネてトイレの奥に入り込み、誰かに見つけてもらえるまで出て来なかったり(苦笑)

ときには、まさかの仮病を使うこともあるぐらい、まるで人間のように強い感情を持った犬でした。

「レオの様子がおかしい」と慌てて病院に連れて行ったのに、「どこも悪いところがないです。完全に仮病ですね(笑)」と獣医さんに診断され、診察室へ迎えに行くとピョンピョン飛び跳ね始めたレオを見たときは、もう家族全員が怒る気にもなれませんでした(笑)

そんなレオちゃんも、もう16歳と6ヶ月。
ダックスフンドの平均寿命を超えてます。

だんだん足腰が悪くなり、目が見えなくなり、耳が聞こえなくなり、急に暴食をするようになったと思った今年の4月から、本格的に体調が悪化してしまいました。

自分で食べることも、歩くことも困難な状態になってしまったのです。

ご飯を食べることができない=最期」と勝手に判断した私達は、レオを家で看取る決意をしました。その時は、すさまじい発作と癲癇(てんかん)の繰り返しで、レオの死を覚悟しましたが、、、

生死の戦いに打ち勝ち、なんと戻ってきてくれたんです。

leo-dachshund

その翌朝、すぐに高度二次動物病院に駆け込み、先生に状況を伝えました。

とにかく餓死寸前だったということで、
「玉ねぎ、チョコレート以外はなんでもいいので無理やりにでも食べさせてください!」と言われたときから、大好きだった鶏肉・牛肉・唐揚げまで、レオが欲しがるものは何でも食べさせてあげました。

処方された薬のおかげもあって、その時に比べると今は元気です。

これから、レオちゃんの老犬介護の様子をここに綴っていけたらなって思います。

(つづく)

こちらの記事もどうぞ
スポンサーリンク
【NEW】感動のアメリカ横断記