america-oudan-start

某年11月4日、アメリカ横断への挑戦が関西国際空港から始まりました。

出発前日は、仲良しの先輩の家でたこ焼きパーティーをして、朝4時までカラオケで歌いまくってました。

aitabi-americaoudan-zenya
あほですよね

でも、寝る前の真っ暗な部屋で、先輩にこんな気持ちを打ち明けたのを覚えてます。

「実は、ちょっとトラベルブルーになってる。怖いに近いドキドキ」

「行ったら絶対楽しいのはわかってるねんけど」

「アメリカって銃社会やし...」

パーティーモードだった雰囲気から一転。静かにそう打ち明ける私に先輩はこう言った。

「自分で決めたんやろ。行ったら絶対楽しいよ」

うん、そうだよね。未知な道への前夜だもん、そりゃ色んな感情が出てきて当然だよね。

そんな感じで、強さよりワクワクが勝った状態で少しだけ仮眠して、先輩と一緒に空港へ向かった。

出国ゲートをくぐるときまで見送ってくれた先輩が見えなくなるまで、お互いに手を振り合った。

最後に先輩は私にこう言った。

「楽しんどいでや」

kansaiairport-aitabi

二十歳の頃から、ずっとずっと、ただ純粋に憧れていた夢の国アメリカへ行ける時がきた。

特別な理由はないけど、アメリカにずっと行きたいと思いながら20代を過ごした。

本や映画を見ながら、いつかアメリカの大地を歩き、アメリカの風を感じている気持ちよさそうな自分を、心と頭で何度も何度も想像した。

どうせアメリカに行くなら、全州周りたいと思っていたから、なかなか機会を作ることができなかったけど、「三十路を迎える前に行くぞ!」と強く決断して、やっと踏み出す今回の旅。

なぜか、アメリカは横断するものだと思ってた。

前回のアジア放浪旅から学んだ、「ノープランで旅する」というテーマに沿って、今回のアメリカ旅は完全無計画でチャレンジすることにした。

出逢った人と関わりながら、そのときの感情と、ふとした直感を信じて、自由気ままに旅をする。

費用は実家に居候しながら、4ヶ月で70万円程貯めた。

WEBデザインの派遣で貯めた、大切な旅の道具。

職場で楽ではないことだってあった。仕事についていくために家でも勉強する日々。

でも、「11月にアメリカへ行く!」という強い目標があり、会社にも「10月末で完全に辞める」と話をした上で入社したので、何もブレることはなかった。

さて、話を戻します。

先輩の優しい見送りのあと、手荷物検査を終えて、悠々と搭乗ゲートの前に座ってたら、

いきなりアナウンスで呼び出されました(゚Д゚)

愛旅
今呼び出された者ですけど、なんでしょうか?!
スタッフ
あ!松原さんですね!
スタッフ
帰りの航空券はお持ちですか?
愛旅
いや、持ってないですよ!いつ帰国するか決めてないんで!(・∀・)
スタッフ
帰りの航空券を今すぐ用意してください!でないと出国できません

え!出国デキマセン?!

そんなあほな!ヽ(゚Д゚;)ノ!!

帰りの航空券なんかなくても普通に行けると思ってた!汗

だって今回の旅は、無計画がテーマなんだから!今、帰りの航空券決めるとか無理です!

なんて子供みたいな意見が通用するわけもなく、、、

当初乗る予定だった飛行機を一便ズラしてもらい、関空で急遽、お得なダミーチケット(※)を探して買うことになりました。

愛旅の豆知識

※ダミーチケットとは、使う予定のない航空券のことをいいます。後日に無料キャンセルができる航空券や、アメリカ⇄日本の復路航空券ではなく、アメリカ→カナダなど近隣国へ抜ける格安の航空券を準備することで、出国審査に引っかからず搭乗することができます。

こうして私は、シアトル→カナダへ行くダミーチケットを購入し、日本を出国することができました!

air-window

さぁ!出国する段階からこんな調子ですが、今後どうなって行くんでしょうかね(笑)

無計画アメリカ横断旅、記念すべき初上陸都市は、霧の街・サンフランシス!!!

sf-goldengatebridge

あ、ちなみに私が今回のアメリカ横断に選んだバックパックと靴は、deuter(ドイター)KEEN(キーン)です。多くの旅人が信頼しているブランドで、私もかなり愛してます。

created by Rinker
KEEN(キーン)
¥11,556 (2020/09/20 14:37:51時点 Amazon調べ-詳細)

KEENは水陸両用で、一年中使える優秀なアウトドアシューズなので、一足持っておいて損はないですよ(・∀・)

(つづく)

こちらの記事もどうぞ
スポンサーリンク
【NEW】涙と感動のアメリカ横断記