幸せ過ぎるボルダーでの日々。

幸せ過ぎるボルダーでの日々。

朝、目を開けると一番に視界に入るこの景色に幸せを噛み締める。

ここボルダーという都市は、標高1,655mの場所に位置していて、陸上選手の高地トレーニングの聖地としても知られている。「今、ボルダーにいます(・∀・)」と知り合いに連絡すると、「ああ!Qちゃん(高橋尚子選手)が行ってたとこね!」と返ってくることもあったので、日本人にも結構馴染みは深いのかも。

ちなみにボルダーの街に住む人は皆んな体を動かすことが大好きだから、めちゃくちゃ太ってる人を見るのはまぁ稀だよ、とベンが教えてくれた。

標高が高いってことは酸素が薄いのかな?って思うよね。

でも全然っ。

外に出ると空気はスーーーンと透明で、私は都会よりも息がしやすいと常に感じていたぐらいだ。

 

そんな美しい都市ボルダーで、ベンとキャスパーと3人で過ごす毎日は、本当に楽しくて、居心地がいいなんて言葉ですまないほど幸せだった。

ベンは、コロラド大学ボルダー校で経済学の先生をしているので、朝〜夕方までは仕事に出掛けちゃう。

テレビを見る私の横で、明日の授業に使う資料をまとめだすベン。これは人間が理解できる言葉なのでしょうか?さっぱりわからん。

 

ベンが出掛けたあと、特に何かしないといけない事があるわけでもない私は、キャスパーに望まれるがままソファでまったり過ごすこともあった。

落ちそうな足を必死にソファに持ち上げながら、ステッカーのように私にべったりくっついて寝ようとするキャスパーが可愛くてたまらない。

ねっ?笑)すんごいぴったりでしょ? 

キャスパーがこんなにも人間を好きな理由をキャスパーに聞いてみたんだけど、見つめてくるだけで全然答えてくれないの。そのうち教えてくれるかなぁ。

 

午後はね、お買い物をしに、The North Faceにやってきたよ(・∀・)

昨日ちょっと外を歩いただけで、私の優秀な愛棒がずぶ濡れになってしまって足凍るかと思った;

水陸両用のタフなやつだったけど、どうやら雪道は苦手&滑るってことがわかったので、真剣にスノーブーツをゲットしようと思いまして。

スポーツの聖地ってこともあって、ボルダーにはアウトドア用品やヨガウェア専門店がめちゃ多い!しかも可愛いデザインが多いからお買い物が楽しいのなんのって…!

一通りショッピングエリア内にあるお店を周って、やっぱりいつもお世話になってる&信頼しているノースフェイスで購入することにした。でも日本に比べたら全然安い!$120ぐらいだったよ(・∀・)

あと、耳も寒かったからニット帽も一緒に買った(・∀・) 店員さん超フレンドリーで、色とかサイズ感とか一緒にめっちゃ考えてくれるし、ほんとにサンキュ〜!

買い物が終わって帰ると、ベンもちょうど帰宅していた。

 

「見て!スノーブーツとこの帽子!今買ったの!近くのノースフェイスで!(・∀・)」

「おお、KAWAII-NE!似合ってるよ!」

「ほんと?!にやにや」

 

中国語もペラペラで日本のお笑い番組(特にダウンタウン)が大好きなベンは、日本語をこうして使ってくれることが多かった。

それは私にとっても嬉しいものだ。

まったく共通点のなかった人とこうして理解しあえるものが増えていくだけで、心は温かくなる。

 

 

その後、ベンは「ご飯食べた?一緒に食べる?」と私のぶんまで手料理を作ってくれた。

その料理がね、、、、

冷凍食品や加工食品を一切使わなくて、全てが素材から。

肉と野菜炒めかな〜?と思いきや、、、

いきなりスープに変身!!

と思ったら、グツグツ煮込んで最後にはチーズドリアになった!!!

 

過去に男の人の中では見た事がないほど料理の腕がずば抜けていてびっくりした。もこみちもびっくりだよ!!(びっくりしすぎて料理の写真全部ブレました←)

 

私はベンが台所に立つ度、真横でじーっと見つめてその技を勉強した。(たまにアシスタントも。笑)

ベンは私が真横で邪魔しても、嫌な顔ひとつせず、「ネギちゃ〜ん♪たまごちゃ〜ん♪」っと知ってる日本語で私をさらに楽しませてくれた。

 

わたし、こんなに幸せでいいんだろうか。

教えてネギちゃ〜ん♪

コメントを残す