山頂に辿りついた瞬間、ボルダーに優しい雪が降りました。

山頂に辿りついた瞬間、ボルダーに優しい雪が降りました。

ボルダーでの滞在も、いよいよ後半に突入しちゃいました。

本当に毎日毎日、ベンとキャスパーの温かみに包まれ、ボルダーの新鮮で優しい気候に癒されながら、幸せ以外のなんでもない毎日を過ごしています(震)

でも、相変わらず雪は降らないまま、どんどん地面は茶色くなってきています。

そんな今日は、毎日お家から見えるあの山へ行くことに。

せっかく近くにあるんだから、見てるだけじゃなくて行ってみないとね(・∀・)

この山です。

 

歩いたら2時間ぐらいかかるっぽかったので、Uberで向かいました。楽しちゃったー!

Flatirons(フラティロンズ)にやってきたぞ!

すげー!間近に来るとやっぱり迫力が違う…!

まだ麓にいるだけなのに、もうきて良かったー!と思える壮大な景観がお出迎えしてくれました。

でも、これだけ壮大だと登るのは結構しんどいかもしれない…とも思いながら(苦笑)

雪が溶けてきていることもあって足元がぐちゃぐちゃで滑りやすいのです。初日にスノーブーツ買っておいて大正解だった!

ここフラティロンズには、フラットアイアンと呼ばれる3つのハイキングコースがあるみたいなんだけど、それぞれの頂上から見る景色が超やばいらしい。ボルダーの街全体を見渡せるんだって…!

ビジターセンターで地図をゲットしたけど、わたし方向音痴に加えて地図読めないんですよね。既に逆さまに読んでるし↓

 

地図なんか見なくたって大丈夫だよ!だって目の前にある道は1本だし。分かれ道があれば、そのときの雰囲気で決めるっ!以上!(ガサガサ…地図をカバンにしまう)

さぁ!レッツゴ〜!

 

(ガサガサッ…)

 

「え?(・∀・;) 」

 

「いきなりなに?(ここ、熊がでたこともあるらしい…)」

 

 

 

「は!!! ( ゚д゚)💓」

 

「もしかして君は…」

 

「私が世界で一番好きなお顔をした…」

 

「ゴールデン君じゃないでしょうか!?( ゚д゚)💓💓💓」

 

「オーマイガー!💓こんなとこで雪遊びしちゃって!そんなに体濡らしちゃって大丈夫?!ってか飼い主さんは?!(キョロキョロ)」

 

「いたー!スーパー美人!!!泣」

登山を初めてそうそうに出会ったこの美人で気さくな女性はアミーさん。まじで美人すぎて話すのドキドキしちゃった…!!顔の小ささ!おめめの大きさ!笑顔と歯が超綺麗!!!震)

でもフレンドリーで、「犬ちゃんの写真撮ってもいいですか?(・∀・)」って聞くと、「全然OK!いっぱい撮って!」といってくれて、ちょっとの間いっしょにハイクしました。

アミーが普通の靴でサクサク登っていくもんだから、「あなたその靴でよく歩けるね!バランス感覚すごい!驚)」って突っ込むと、なんとプロのバレリーナだということが発覚…!まじか!そうゆうことか!体幹の神だ!

ただ、この犬ちゃんの名前の発音が難しすぎて全然言えなかったので、覚えれず…(笑)3回聞いても覚えられなかった;

自分が男前なのわかってる顔してるわ〜(笑)にゃはは。

そんなアミーとゴールデン君は軽くお散布しにここに来ただけなので、そろそろ引き返そうとリードを付けようとしたんだけど、、、

「リードなんていらないわん。俺、一人で歩けるから(どや顔)」

あっはははは!!!マジ可愛い!本当に本当に、キュートな出逢いをありがとう〜!

 

そんなこんなで、あっとゆう間にハイキングは本格モードに突入っ。

もうすでにボルダーの街の一部が遠くに見え始めています。さぁ登っていくぞ〜!

恐らく、目の前に見えてるあのかっこいい岩が、サード・フラットアイアンだなっ。

あそこまで登れるのかな。

だんだん道も粗々しくなってきたけど、行けるところまで行ってみよう。でも暗くなる前にちゃんと帰らないとっ。

ぬぉわ〜!!!景色が拓けてきた!街がめちゃ小さい!

とりあえず、セカンド・フラットアイアンまで到着しました!結構すぐだった!全然しんどくなかった!

ただね、これ以上先に進むのはやめました。

 

「君、これ足につけてるかい? この先は雪道が残るから、チェーンをはいてないなら危険だと思う」

と、サード・フラットアイアンから降りてきた親切な人が教えてくれました。

行ってみたかったけどね。サード・フラットアイアン。すぐそこなのになっ。

 

まっいいや(・∀・)
ここでも絶景だ。ボルダーの街を見渡せるってゆうのは本当だった。

よいっしょっと。
ちょこんっ。ぼーっ。。。。

 

ここまで約3ヶ月。

いろんな場所を旅をしてきた軌跡をゆるぅぅぅぅうりと思い返す。

出逢った人、大好きになった人を想う。

出逢った景色に何度心を真っ新にしてもらい、この度の中で私はいくつ恋をしたんだろう。

今も絶賛この旅の全てに恋してる真っ最中だよ。本当に。

 

っとその時だった。

 

私がずっとみたかったもの。

 

ここボルダーの空から、白い優しい雪が突然降ったのです。

 

泣かずにはいられなかった。

誰にありがとうと言えばいいのかわからなかったから、目の前にありがとう!って言った。

当時のリアルタイムな気持ちは、facebookにこう投稿してた。

 

ボルダー。ありがとう。

ボルダーに導いてくれて、ありがとう。

ボルダーで素敵な人と瞬間に出逢わせてくれて、本当にありがとう。

💓

(つづく)

コメントを残す