風呂がトイレが水道がない。だったら作ればいいじゃない。 〜Wellcome to Primitive House(ようこそ、原始的なお家へ)〜

風呂がトイレが水道がない。だったら作ればいいじゃない。 〜Wellcome to Primitive House(ようこそ、原始的なお家へ)〜

こんにちは!あいあいです(・∀・)

なんかもう、タイトルから全てを悟っていただけるような、ド田舎にやってきてしまったようです。




デンバーからここに来る時に乗った飛行機は、まさかの7人乗りでした。

 

そして何故か私の座席だけ反対向きでした。なんのギャグですかね。

 

約1時間後、辿り着いた空港がこちら。

愛旅史上、最も小さい空港かもしれません。一応言っておきますが、ここはアメリカです。

 

さて、この小さな小さなコーテズ空港にたどり着いた頃には、辺りはもう真っ暗。

 

一緒に飛行機に乗っていた人達は、みんな里帰りっぽくって家族が送迎に来たり、自家用車で帰っていきます。

みんな空港を出て行く時に、「あなた、大丈夫? 行く宛てはあるの?」と声をかけてくれました。優しいなぁ…。

「大丈夫です(・∀・) ちゃんと迎えに来てくれる人がいるので」と返事して、重たいバックパックを椅子に置き、待つこと20分ほど。

真っ暗な雪道を荒々しく走る一台の車が空港の前に停車したので、あれだ!と思って外へ。

でっかい車のドアをあけ「初めまして!(・∀・)」した、このおっちゃんの名前はジミー。ずっと連絡とりあってたから、ついに逢えたね!っ感じ。

一番右手前ね(笑)なぜかレストランのスタッフさん全員写り込んできた(笑)

 

このド田舎コーテズで、私のホストになってくれるジミーは、50歳手前ぐらいだったかな。工事現場の帰りですか?と言わんばかりの格好なんだけど、よく見たらすごい綺麗で整ったお顔をしているの。

車の中で軽く会話して、とにかくお腹ぺこぺこだったからインド料理屋さんに連れてきてもらった。

 

ジミーの英語はなまっていて超聞き取りにくい上、私の英語もジミーに伝わりにくく、なかなかキャッチボールが難しかった。

でも、スパニッシュ系の血も混ざってるジミーは、私がメキシコに1ヶ月滞在したときに覚えた軽いスパニッシュを使うと、「おお!スペイン語知ってるの?」と会話が弾み、「バモノス!(レッツゴー!)」が私達の間ですぐ合言葉になったりした。

こんな感じで、何があるのかさえ知らず、ただただ「コーテズには絶対来た方がいい」というジミーの言葉だけを信じてやってきた未知の世界にワクワクしながら、今日からお世話になる家に向かった。

そんな家に向かう最中に、ジミーがよくわからない事をいう。

 

「今日ようやく暖炉が動くようになったよ。愛が来るまでに間に合って良かった。でもまだベッドルームができてないから、ソファで寝てほしいんだ」

「え?暖炉があるの?!(・∀・) すごい。ありがとう。ソファと毛布があれば十分だよ」

 

ジミーがこれまで数多くの旅人を受け入れてきていることも知ってたし、友人が多そうな感じもした。

だから、ベッドルームは他の誰かがまだ使っているのか、片付けができていないんだろうなって特にこの時深くは考えなかった。

それに、ジミーのお家は、写真で見せてもらっていたので大体予想はしていた。すんごい綺麗っぽくて、犬が2匹いることも。

会う前に確認した実際の写真

 

 

こんな完璧なイメージしか頭の中になかったもんだから、「ここだよっ」と言われて降り立った家を見て、、、

私は、自分のそのときの感情をどうアウトプットしていいのかわからない。

 

 

でも、この経験が、私のアメリカ横断旅で最も印象的で、最も美しく、最も深いものになったことは確かだ。

 

「じっ、ジミー、、、トイレはどこ?(・∀・;) え、シャワーは??」

「ああ、まだ作れてないんだ。でも愛が来たから、明日から優先的に水道管を作るよ。やっぱりシャワーは浴びたいよね、あつあつのやつ」

「えっ、すっ、、、水道は???」

「今は外にある水道からバケツに汲んできてるんだ。たまに凍りやがるんだ!あいつ!」

「え、、、ってか、↓あの写真のお家は?」

もはや幻想。

 

「ああ、あの家は今友人に貸してるよ。で、つい最近この古屋を買ったんだ。これから色々作っていかないとな〜。でも暖炉が入ったからとりあえず寒さはしのげるよ!最高だろ?」

「ようこそ!Primitive House(原始的な家)へ!愛がこの家の初ゲストだよ!祝」

 

「おしっこしたい!!!(゚∀゚;)」

(つづく)

コメントを残す