白と青と光のセカイで。

白と青と光のセカイで。

翌朝。

埃っぽさが残るソファと毛布にくるまりながら目が覚めた。

目を開けると、アメリカン・ピット・ブル・テリアのコナー♂が、今まさに私の顔をベロリしようとしてせまってきていた。

まだ2歳のコナーは、ヤンチャ盛りでとにかく24時間遊んでほしくてたまらない。人間、動物関係なく生き物が大好きで何にでも興味を持つ。

その興味の対象が、どうやら昨晩から私になったようだ(笑)

超フレンドリーでめっちゃいい子なんだけど、ヨダレがすごいので一度ベロリされてしまうと着替えなきゃいけない(笑)

背後からベロリをねらってくるコナー(笑)

 

ジミーは、笑けるぐらい対象的な2匹の犬を飼っている。

左がチワワのパコ。もうおばぁさんに近い年齢なので、家の中でゆっくりするのが日課。外は寒いから余計だろうね。

それなのに、コナーが終始パコを嬉しそうに追いかけるもんだから、そのたびにパコが小さなお口で牙を向けて本気で怒る(笑)

パコが牙を向けると、その数倍の体格をもつコナーは諦めてどっかに行ってしまう。なんだこの上下関係(笑)おもしろすぎる。

そんなパコとコナーが家の中でお留守番しているときは、こうしてよく窓から外のセカイを見ていた。目線の先に飼い主のジミーがいるときはジッと見守るだけだったが、それ以外の来客があったときはちゃんと吠えて知らせる賢い2人だった。



そういえば、ジミーがいない。

外でなんかしてるのかなっと思って、玄関のドアを開けると、すんごい太陽光線が私の視界を強く塞いだ。

目が開けていられなかった私は、サングラスをかけてからもう一度ドアを開けて外に出た。

昨晩この家にやってきたときは、車のライトが照らせる範囲しか見えなかったこともあって、まさか家の目の前がこの景色だなんて1mmも想像していなかった。

目の前に広がっていた、この“白と青と光のセカイ”に、強く深く感動したことを今でもよく覚える。

都会で育った私にとって、この視界いっぱいに広がる自然が生み出した雪景色はね、もう眩しすぎた。

近くに馬がいることにも驚いた。この光景に馬って、北の国からでしか見たことないよ!

ジミーを探すことを忘れて、まずお馬さん達に挨拶しに行ったからね(笑)

「初めまして〜!愛です〜!仲良くしたいだけです!お顔なでなでしてもいいですか?(・∀・)」

「あなた達は、兄弟ですか?(・∀・) そっくりだね!」

「ご飯?ごめん、わたしなんにも持ってなくて。お腹すいたの?でも勝手にあげていいかわからないから、ジミーに聞いてみるね!」

間近で見るとすんごい大きいの!

 

あ!ジミー発見!コナーも一緒だー!外に出してもらったんだね!(・∀・) 

コナー、嬉しそう〜💓 

体力に限界とかないのかな?長距離走かってぐらいのエリアをひたすら走り回って雪遊びしている。

パコおばちゃまは、トイレだけしてすぐに震えながら家の中へ帰っちゃう(笑)

ジミー!!!朝起きてびっくりした!昨日暗かったから全然わかんなかった!!!雪!雪景色!あの山脈も!!すごいんだけど!雪がめっちゃ綺麗だね!いつ降ったの?!でね!そこに馬がいるの!触れるかなって思って近くに行ったら寄ってきてくれて、でもなんかご飯欲しそうだったんだけど、あげれるのかな?!!!あの馬たちは怖くない!?寒くないのかな?!興奮)」

「ほらな〜!ニヤニヤ)だからコテーズはいいとこだって言っただろう?まだまだ好きになっていくさっ」

「あの馬達は俺のじゃないよ。彼ら(馬達)はフレンドリーだけど勝手に食べ物をあげないほうがいいよ」

「愛が来る前夜、大雪が吹雪いたんだよ。新雪はそのときの積もったやつだ。家の裏のほうに行けば、もっと綺麗なのが残ってるはずだ」

ふわふわの新雪。

 

「あっ!これがもしかして水道!?たまに凍るってやつ?(・∀・) 私、家まで運ぶよ!」

 

昨晩やってきたときの衝撃や不安は、今朝、この光景がくれた色に一瞬にして塗り替えられたようだった。

白、青、そして光。

私が最も好きな色をもつこのセカイで、ジミーとコナーとパコと、そしてまだ家とは呼べない場所で。

これから自分にできることをしながら、過ごしていきます。

わくわく。アタラシイセカイ。

(つづく)

↓みなさんの応援クリックが旅のエネルギーになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村

コメントを残す