続・熊おじさんとの生活。

続・熊おじさんとの生活。

みんな、おはよう〜!

あいあい withコナーだよっ(・∀・)

 

今日のコーテズは晴れ。

気温はマイナス5℃ぐらいです。

マイナス15℃→マイナス5℃に変化するだけで、

一瞬、「半袖でも過ごせるよ!」と思えるぐらい暖かく感じてしまう。

人間の適応能力って、本当にすごいと思う。

溶け出す氷柱(つらら)

 

さてさて。

昨日、家の中にバスルームになる壁ができたので、いよいよ今日から本格的にバスルームの中を設備していきます。

今日の作業は、納屋からボロボロとゆうかドロッドロのバスタブを引っ張り出すところからスタート。

どこで調達してきたんだろう。乗っかっている木材やら鉄やらを手作業でどかします。

もう何を見せられても驚かなくなりました

 

「いいバスタブだろ?アンティークだぞ!買うと超高いぞ、これは!」

「その前にこれ、使えるの? 割れてるところあるけど…」

「問題ない!洗えば見違えるぞ!さぁ!家の前まで持って行こう、引っ張ってくれ!」

「了解!(・∀・) 」

「……!?」(本気で引っ張ってます)

「…あれ?なんで?まったく動かない…」

ついには、台車から転倒してしまうバスタブ…。ごめん、ジミー。

 

みんな、バスタブの重さって知ってる? ビクともしなかったんだけど。

きっと、雪道だからだよね?←

 

それをヒョイっと台車に乗せて、スイ〜と運んでしまうジミーの力。

どれだけ熊力か伝わりますか?

もう洗い始めてるし。。。

「わたしも洗う!!!」と、手伝おうするも、「そんな洗い方じゃ全然だめだ!もっとゴシゴシ強くこすらないと!」と、ジミーが私の数倍速でキビキビやってしまうもんだから、全然手伝いにならず(悔)

水だって冷たすぎるのに、お構いなしだよこの人。やっぱり熊だ。雪国の熊だ。

その後、洗ったバスタブをお家の中へ押し込みます。まじで腰にくるからね、これ。

っと同時にトイレ(便器?)も横に並べます。

 

バスタブと便器が置かれて見た目は完成しましたが、まだこれから排水管の設備とシャワーを設置して肝心のお湯を使えるようにしなくてはいけません。

この何もないただのスペースに、一体どうやってシャワーが作られるのか、私には想像もつきません。

とりあえずボイラー(お湯を沸かして貯めておくタンク)は倉庫にあったので、これを使うんだよね、きっと。

お家作りは、まだまだ続きます。

↓みなさんの応援クリックが旅のエネルギーになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村

コメントを残す