//画像をindex検索結果に表示させない
野生のフクロウに出逢った日。

野生のフクロウに出逢った日。

読者のみなさんへお願いです|・ω・`)

ブログ村のランキングに参加しながら、頑張ってかいています。
ちょっとでも記事がいいなって思ったり、旅に出たくなった!って思ったら、ぜひ応援のクリックお願いします。
(1日1クリック反映されます)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

※バナーが表示されない方は、こちらから投票お願いします。

おはよございます〜(・∀・)
コーテズの続きからです。

窓辺で気持ち良さそうに眠るコナー。

 

昨日、屋上にある配管とボイラーが繋がったようなので、今日は地下の水道管を整備する作業です。

っとその前に足りなかったパーツを調達するために、ジミーと一緒に町の大きなホームセンターに行ってきました。

何が何なのかようわからんし、特に自分に必要なものを買いに来てるわけでもないんだけど、異国での買い物ってなんか楽しいよね。

 

そういえば、、、

買い物に行く途中、タイヤが雪にハマっちゃって走れなくなってる車に遭遇。どうやら、ジミーの知り合いだったみたい。

ジミーの車と紐で繋いで引っ張ろうとするんだけど、なかなか上手くタイヤが抜けてくれず、スコップで雪を避けては→車でまた引っ張ってを手際よく何度か繰り返すジミー。

道具は全部ジミーの車から四次元ポケットかのように出てきたんだけど、こうゆう状況はここ雪国では日常茶飯事なのかな?

とはいえ、ジミーの1mmも躊躇ない行動は、本当に見ていて頭が下がる。この人は本当にどこまでなんでもできるんだろう。

どうやって車を救出しようかなんて悩むことも一切なく、淡々と救出は進み、10分もかからず車は動くようになった。

 

そして帰宅後。

ジミーは地下に入り、休む暇もなく水道管の工事を始めた。

地下(床下)への入り口。

 

いつもの如く、私もお供させてもらうんだけど、真っ暗に加えて狭くて、繋げるパイプをたまにホールドするぐらいしか手伝えそうなことは何もなかった。

手に着いたら当分取れなさそうな強力なニスなのに、相変わらず素手で作業するジミー。

一通りパイプ工事を観察させてもらい、「先に戻ってる」とジミーに告げ、コナーとパコが待つ部屋に戻った。

このときの時刻はもうすぐ夕方。

陽が遠く向こうから沈む準備をしはじめている時間帯だった。

暖炉のある温かい部屋に戻ると、いつもと違う光景が私の視界に映った。

常にヤンチャなコナーが窓際でいつもより激しく吠えまくっている。それに、いつもはソファでゆっくり寝ているはずのパコまでが、コナーと同じように窓際でギャンギャンと大きく騒いで、何かを知らせてくれている。

ジミーはまだ地下で作業をしているはずなので、誰か来たのかな?と思い、私も2匹がいる窓際へ行って窓を覗くが、特に来客の気配はない。

 

来客の気配ではな・・・ぃ?

 

・・・あれ? え?

 

人の気配はないけど、、、今確かにナニカを感じた。

 

ん?待って?

 

今、、、私、、、

 

ナニカと目が合った気がする。

 

私は窓越し近くで確かに感じた、そのナニカを目で探した。

 

え?何?

 

なにこれ?

 

す、、、すずめ?

 

にしては、人間と目があったぐらいの大きな存在感を感じる、、、

 

風が吹くたび、その羽毛はふわふわと小さく優しく揺れている。

 

え? でもよくみると小さい、、、

 

それは、私の手に乗るぐらいのサイズしかない動物だった。

 

この動物の名前が私の脳に認識されるまで、しばらく時間がかかった。

 

そして、その間に無意識にカメラを手に取った。

 

私の目に映ったそれは、、、

 

小くて、可愛くて、ふわふわの、、、

 

ふくろうだった。

 

私の脳に「ふくろうが家にやってきた!」と認識された瞬間、カメラを持って玄関を飛び出した。

 

ジミーがいる地下にも届いてほしいと思う声で、「ジミー!!!!ふくろうがいる!!!!!」と大きく叫びながら。

 

玄関を出ると、ふくろうは、逆さまになって家の前に無造作に置かれている荷台の脚に、それはそれは美しく停まっていた。

 

私は、このとき自分が一体どうやってこのふくろうさんを咄嗟にカメラに抑えることができたのか、実は全く覚えていない。

 

興奮と感動は人を無意識に動かすのだろうか。

 

過去に類のないほどの奇跡が今、私の目の前で確かに起こっているけど、夢と現実の狭間にいるような気持ちだった。

 

だけど、目の前のフクロウさんは、その美しく黄色く輝く目で私をストレートに見つめてくれている。

 

あなたのその目に、私はどう映っているんだろう。

 

コナーとパコは変わらず窓から吠えまくっている。

 

「お願い、警戒しないで!わたし、絶っ対にあなたに触ったりしないから!」

 

そう言って、私は近寄れるところまでゆっくりゆっくり、ふくろうさんに近づいた。

 

人生で初めて見る野生のフクロウは、噂通り首を自由自在に回転させて周囲を見渡している。

 

小さな小さなふくろうさん。

 

風で小さく揺れる羽毛が可愛いくてたまらない、小さな、小さな、ふくろうさん。

 

あなたは、一体ここへ何しにやって来たの?

 

疲れた羽根を休めに来たの?

 

夕陽を見に来たの?

 

こんなところにおかしな家があるから気になって見に来てくれたの?

 

なぜ、あなたは今、わたしの目にこうしてはっきり映ってくれているの?

 

わたしの目にフクロウさんが映っていた時間は、5分ぐらいだっただろうか。

 

それでも長いとすら思えた。

 

このフクロウとの出逢いが、一瞬にして、私のこれまでの旅の人生に魔法をかけてくれた。

 

このときの感動は、今も心の奥から消えず、とっても優しいのに、痛いくらい強く残っている。

 

その後、フクロウさんは、小さな体から大きな羽を伸ばし、夕陽の方に向かって飛んで行った。

 

私は、興奮と感動で飛んでしまいそうな勢いのまま、ジミーの元へ走った。

コメントを残す