Barney Greengrassは別格!ニューヨークで一番美味しいベーグルはここ

Barney Greengrassは別格!ニューヨークで一番美味しいベーグルはここ

それは、あるマンハッタンの夜だった。

口コミが良かったタイ料理屋さんに一人訪れた私。

カウンターで晩御飯を食べていると、私と同じように一人で来店した白人さんが隣に座った。

外国人って凄いなって思う事のひとつに、初対面でも目が合うと「ニコっ」って微笑みかけてくれる習慣がある。こっちの人は、日本人みたいにすぐ目を逸らしたり、ツンってしたりしない。

この人もその一人だった。

隣に座っただけのこの人とそれから会話がスタートし、そこから色んな話をした。

 

「腹ペコだ〜!昨日から何にも食べてないんだ!」

「え?なんでですか?」

「昨晩、仕事がすごく忙しくって」

「なんのお仕事なんですか?(・∀・)」

ER(救急救命室)のドクターなんだ。全然休む時間なかった〜。はは」

… (´゚д゚`) ←もぐもぐ静止

「ほげ〜!!!!!!めちゃくちゃ頭の良い人ですよね、宇宙人!?

「ははは、勉強はすっごくしたね(笑)今も常に勉強勉強だよ〜」

(´゚д゚`) 

「でも、僕も医者になる前は写真家になりたかったんだ。今は忙しくて行けてないけど、旅も大好きだよ。君のその経験がうらやましいよ!」

「え!!!絶対行ってください!オーロラとか!ニューヨークからぴゅっていけるじゃないですか!時間作って行って欲しいです!」

「そうだね!頑張るよ!(^^)」

 

わたしの拙い英語を上手に拾ってくれては、終始あたたかい眼差しと笑顔を絶やさずに会話をしてくれた、この優しい人。

名前はヤンさん。ドイツ出身のヨーロピアン。品が半端ない。

お別れのとき、快く写真を撮ってくれたヤンさん。

 

狭いカウンターでご飯を食べる、たった数十分の会話だけだったのに、なんだかすんごく別れが寂しくなってしまったほど、本当に優しい優しい人だった。

宿に戻り、ヤンさんが教えてくれた連絡先に、感謝とおやすみのメッセージをしてからベッドに入った。

すると翌日。

ヤンさんから、ニューヨークで絶対行くべき場所』をたくさんリストにして、わざわざ住所付きで送ってきてくれたのです。

「どうか、このニューヨークが君に冷たくあたる事がありませんように」と、目と心がうるうるしてしまったぐらい美しい言葉と一緒に(涙涙涙…)

 

さて、序章が長くなってしまいましたが(でも、どうしてもちゃんと書きたかった!!)

このヤンさんが教えてくれたニューヨークで絶対行くべき場所の1つが、知る人ぞ知るこの超有名レストラン、Barney Greengrass(バーニー・グリーングラス)だったのです!!!

スポンサードサーチ

ベーグル専門店ではないが、Barney Greengrassのベーグルが間違いなくニューヨークNo.1だ

なんとこのお店、創業100年を超える超老舗!数々の著名人が来店し、S級のハリウッド映画のシーンでも使われるほどのお店です。

初めて来た時、「ここ本当にレストランなの?」と疑ったぐらい、長い歴史をそのまま活かしたレトロな外観。

場所は、ダコタハウスをはじめとした高級アパートが軒を連ねる、あのアッパーウエストサイドにあります。

Barney Greengrass (バーニーグリーングラス)
541 Amsterdam Ave, New York, NY 10024

ドアを開けると、まず現れるデリカッセン。ジューリッシュ系の食材メインかな?

この感じだと、どうやらベーグルは外から仕入れているみたいですね。どこのベーグル使ってるんだろ〜聞けば良かった(後悔)

バーニーグリーングラスはブランチレストランなのですが、朝8時〜夕方6時まで営業しています。

店内はそんなに広くないため、朝食の時間帯はすっごく混みます。ゆっくりしたい人は、早い夕食の時間帯(4時〜5時ぐらい)に来店する方がいいと思います!
それでもこんな感じだけどっ↓

さて、超老舗のメニューを拝借。うおっ、めっちゃいっぱいある。。。

もうわからん、店員さんに聞こっ(・∀・)

「すみませ〜ん!ここの、全部ひっくるめて一番人気のメニューどれですか?」

一番のおすすめは、ロックス&クリームチーズに野菜トッピング!

なんの変哲もないベーグルにたっぷりと挟まれたサーモン。付け合わせはレモンとピクルスという、レストランで食べるにはいたってシンプルな内容。

ちなみこれでもう$22ぐらいです(涙)

でもね、、、もうこの世にこんな美味しいサンドイッチが存在するのか!って天に向かって叫びたくなるほど美味かった。

もう食にここまで感動することって人生であと何回あるんやろ。もう唸った。なぜこのシンプルな見た目と素材からこの旨味が出るのか、魔法でしかない。

色んな具材のベーグルサンドがあるけど、『ロックス&クリームチーズwithトマトとオニオン』の一択でいった方がいいです!別日に、他のメニューも試しに食べてみたんですけどダメでした!

サーモンだけをじっくり味わいたい人は、トマトとオニオンなしの、どシンプルにしてもいいかなと。

サーモンの存在感が半端ないので、十分唸れます。

支払いは現金のみ!フレンドリーな店員さんへチップも忘れずに

バーニーグリーングラスはクレジットカードが一切使えませんので、行かれるときは現金を十分に用意してから行ってくださいね(・∀・)

Barney Greengrass (バーニーグリーングラス)

541 Amsterdam Ave, New York, NY 10024
営業時間:8:00~18:00 / 定休日:月曜日

夕方がおすすめ、トイレあり、現金支払いのみ
▼参考価格
Lox and Cream Cheese $18.00
Extra Tomato  $1.25
ExtraOnions  $2.00
Coffee  値段忘れた / おかわり自由

 

ヤンさん、本当に素敵な場所を教えてくれてありがとう〜!!!また逢いたいなぁ。

↓みなさんの応援クリックが旅のエネルギーになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村