arrived-sedona

某年11月7日、月曜日。

念願の「セドナ」とゆう場所にやってきた。

ずっと行ってみたいと憧れてた場所だけど、とくに何があってどうなっていて、なんでパワースポットと総称されているかとかも、何にも調べずに来た。

ただ、随分と昔から「セドナ」とゆう場所がアリゾナ州にあるとゆうことを知っていた。

「安室ちゃんとロンブーの淳がセドナで熱愛デート!」ってワイドショーで騒がれたよりも、随分前からセドナのこと知ってたもんっ(・∀・)←

愛旅
あー!セドナ行ってるー!どっちが行き先選んだんだろう!?すごーい!

って思ったの、めっちゃ覚えてる。

…でも別れるなよ!なんか嫌やなっ!笑

当時、友達とたわいもない会話をしてたとき、「アメリカに行ったら絶対セドナに行きたい」ってゆうと、「どこそれ?」と聞かれて、「世界一のパワースポットらしいねん!」と根拠もなく語ってた。

基本的な想いや情報量はそのまま。いつも心のままに動く私は、下調べも勉強も特にしなかった。

でも、Googleでセドナの写真を見ていたとき、すっごい素敵な写真を撮る日本人ガイドさんがいることは知っていたから、その人には現地で絶対アポを取ろうとゆうことと、

あと、これは直感で「うわ〜!絶対この人のおうちに泊まりたい」とゆう人をカウチサーフィンで見つけて先にアポを取り、「OK」をもらっていた。

arrived-sedona

このアメリカ横断の旅で、初めて私のホストさんになってくれる人になる。

写真を見た瞬間、心臓を力強く鷲掴みにされるように「ここに行け」と心に命令された。

まるで映画の大事なシーンのために細部までセッティングされたかのような家。

社会から離れて独自の世界観を三次元に作り上げた家。

そして、その家にはオオカミもいる。

arrived-sedona

この2つ以外は本当にノープラン(・∀・)

いつまでセドナに滞在するかも、何をするかも決めてない。

ってかセドナに何があるかも知らないし。

でもひとつ言わせて。

これが私の旅のテーマなんです。

これが、私にとっての自然。

目的地だけを見つけたら、後は現地に行ったままに応じて見つけて行く。

うん。なんかいい感じ。


遡ること、サンフランシスコ最終日の宿にて。

明日は午前中の国内線でアリゾナのフェニックスへ向かうので、ちょっと早起きしないといけないにも関わらず、シリコンバレーで起きた奇跡がまだ夢だったんじゃないかと胸が興奮状態で全然眠れなかた。

バックパックに荷造りしたり、買ったばかりでまだ使いこなせてないGoProの勉強をしたりで、二段ベッドの下で夜更かししてしまった。

愛旅
ヤバイ!!!

案の定、目が覚めると寝坊していることに気付き、慌てて宿を飛び出し空港に向かった。

愛旅
でも国内線だから、そんなに急がなくても乗せてもらえるだろう!
愛旅
チェックイン、プリーズ!
Staff
5分遅かったわね。そのフライトの受付は終了したわ。
愛旅
え!Σ(゚Д゚;)
愛旅
どうしたらいいですかね?!
Staff
あなたはスタンバイね!
愛旅
スタンバイ・・・?

スタンバイ?いや、スタンバイって、スタンバイやけど…。

空港でのスタンバイの定義がわからんと、致命的な感じになりそうじゃない?

私は「どうゆう意味ですか?」と聞き返した。

でも、スタッフさんがいっぱい説明してくれるねんけど、ところどころ英語聞き取れないー;;

1%でもわかったふりしたら絶対あかんやつや!と感じて、「もっかい言ってくださいっ!」って2回程聞き直したけど、もうこいつ何回ゆうても英語理解できひん子やと思ってくれたみたいで、

なんと日本語が話せるスタッフさんを呼んで説明してくれたー!!!神

めっちゃ助かった。ほんまにありがとうございました;;

空港で「スタンバイ」と言われたら?

乗り遅れてしまった次のフライトに空席があれば乗せてもらえるか、当日に乗客が搭乗をキャンセルした場合、その枠に入れてもらえることがある。どっちにしてもスタンバイをしている人達の中から抽選で決まるから次のフライトに乗れるか乗れないかは運次第!

スタンバイと言われたら、とりあえずチェックインを済まして搭乗ゲートの前で待ちながら、スタッフに名前呼ばれるか、STANDBYの掲示板に自分の名前があるか随時確認する必要がある。

愛旅
次のフェニックス行きは結構あいてますか?私乗れますかね?泣
Staff
今日のフェニックス行きは混んでるから大丈夫とは言えないわ。

って言われて一瞬サンフランシスコ延泊かも?って思ったけど、あっさり次のフライトに乗れました(・∀・)

ラッキーなのか?とりあえず良かった!

セドナのホストさんにも「今から飛行機乗るので到着遅れます〜!」と連絡した。

相変わらずいつもゴタゴタしてる愛旅ですが、夕方前にフェニックス・スカイハーバー国際空港到着しました。なんて爽快な名前なんだろう。好き!

セドナは空港から車で2時間くらいのところにあるので、空港のツアー会社が出しているシャトルバンを利用して移動することにしました。$50くらいした(高)でもどこに頼んでもこのぐらいの値段します。

車の中で、ひたすらGoProを使いこなしてやろうと格闘したり、音楽聴きながらしっぽりしたりしてると、あっとゆうまにセドナに到着。

arrived-sedona

あんなに綺麗に色づいてた夕陽も気付けば消えていて、いつのまにか外は真っ暗に変わり、他の乗客さんはそれぞれ宿泊するホテルで順番に降りていったので、車の中は最終的に運転手さんと私だけになった。

arrived-sedona

で、おまえはどこに泊まるんだ?」と大きな体の運転手さんが私に聞く。

事前にホストさんから聞いた住所をGoogleマップに表示させて「ここらへんです」と返事した。

これはホテルか?」と聞かれるのだが、なんて答えるのがベストかわからず「…友人の家です」と言った。

数十分後、Googleマップが示した場所に車が止まった。

運転手さんに「ここらへんだぞ?」と言われ、バックパックとサブバッグを前後に背負って車から降りたのだが、

外が真っ暗で先が何も見えない。どこだここ。

arrived-sedona

多分、運転手さんも私と同じことを思ったのか、「おまえ、、、ほんとうに大丈夫か?」と、私の大きいほうのバックパックをとりあげて、もう一回車に積んでから、周辺を一緒に散策し、今日から泊まらせてもらう予定の家を一緒に探してくれた。

この些細な優しさが本当に心に染みてしまう…。

ホストさんに電話してみるが応答がないまま、一軒のここだと思われるオレンジの灯がついた家の敷地に勝手に侵入し、ドアをノックして「パトリックですか?」と訪ねてみた。セドナの家はどこも門→中庭→家の玄関となっていて、門にインターホンがない場合も多い。

すると、可愛い猫と、もう一匹の猫を抱きかかえた女性が出てきて、「パトリックの家はあっち」と教えてくれた。

私と運転手さんはもう一度車に戻った。

そして、バックパックを背負い、運転手さんに「ありがとう!もう大丈夫!」と伝え、一人で家まで行こうとしたのだが、運転手さんは最後まで乗客を見届ける責任があるみたいで、車のエンジンを切って、パトリックの家の中まで一緒に着いてきてくれた。

門を開けて中に入っていくと、パトリックの友人・マイクが玄関から出てきて、同時にパトリックからも携帯に連絡が入った。

そして運転手さんはマイクと少しだけ喋って、暗いセドナの街の中を帰っていった。

運転手さん、本当にありがとう。

実は真っ暗で怖かったんだ。

私は本当にいつもいつも助けられてばっかりだ…。

(つづく)

こちらの記事もどうぞ
スポンサーリンク
【NEW】涙と感動のアメリカ横断記