coffeebaisen-waraku

ちゃーお!あいあいです(・∀・)

今日は、東京都日野市にやってきました!
都心から30分電車に乗っただけでこんな景色になるんだね!

tokyo-hinocity

小雨が降ってたんだけど、それもまたよくって道中なんか癒された。トトロ気分でるんるん♪

tokyo-hinocity
スポンサーリンク

コーヒー専門「珈琲焙煎庵わらく(和樂)」へ

日野市に来た目的は、4年前に小笠原諸島で出逢った安住さんという素敵な女性に会うため!

久しぶりにご連絡してみると、ここ日野市で「旦那さんとコーヒー焙煎を始めた!」とのことで、早速お邪魔してきました。

coffeebaisen-waraku
緑あふれるお店の前

お店の中に入ろうとすると、入り口の真ん前で迎えてくれた安住さん。

優しい笑顔とハグ!
そして相変わらずオーラが綺麗!!

coffeebaisen-waraku

4年ぶりという隙間をまったく感じない居心地。この人の周りは出会った頃からいつも愛が充満している。

そんな安住さんに抱かれているのは、新しく家族になった黒猫のガクちゃん

waraku-gakuchan

会うのが超楽しみだったんだ〜!
お腹にだけ白い毛が生えているから別名「パンツくん」(笑)

waraku-gakuchan1

まだ5ヶ月の子猫なのにめっちゃ男前!それに全く人見知りしない陽気な猫なのです。自分の尻尾を追いかけてクルクル回ってた(爆笑)

こちらは旦那様です!今日が初めましてですが、「安住さんの旦那さんって感じ〜!」で、優しさが溢れていらっしゃいました。

coffeebaisen-waraku
愛旅
愛です!初めましてこんにちは!大阪から来ましたー!お邪魔しますー!
旦那さん
元気いいねー!
安住さん
愛ちゃんはいつもこんな感じだよ(^^)4年前に仕事で小笠原諸島に行った時に出逢ったの

旦那さんは、長年コピーライターとして活躍された後、独学で工芸作家に転身され、現在は茶杓師(ちゃしゃくし)として活躍されている。

芸術大学で外部講師を務められたり、国内から海外まで幅広く展示会を開かれたり、とてもクリエイティブなお方だそうです。

coffeebaisen-waraku

茶杓という物と使い方をこの日初めて知った無知な私に対して、とても優しく現物を見せながら解説してくださる旦那さん。携帯でパチパチ写真を撮るなんて恐れ多いお値段だったので作品は撮影してません;

安住さん
愛ちゃん!チーズケーキ焼いたよ!どれぐらい食べる?ホールまるごと食べてもいいよ!

そんな和樂(わらく)は珈琲専門店なのですが、安住さんはお菓子作りが超上手なのです!今日は私が来るからって朝から作ってくれたんだって(涙)

coffeebaisen-waraku

以前はカフェみたいに軽食も提供してたそうなんですが、今は黒猫ガクちゃんが家族になったことを気にかけて、食事はストップしてるの。万が一、猫の毛が食べ物の中に入ってしまったら駄目だから〜って。

安住さんのケーキみんなに食べてほしいよぉ(涙)

azumisan-cheesecake

それにしても本当に、木の優しさと温もりを感じる素敵なお店だなぁ。「これこれ!私も将来こういう家に住みたい!」ってぼんやりしてた理想を明確にしてくれる、そんな場所。

店内の棚やカウンターも丁寧にやすられた「木」で手作りされていて、都会なのにまるで自然の中にいるようだ。

coffeebaisen-waraku

息がしやすいというか、ポケーっとできる空間というか。

店主の人柄もあって、とってもホッとする不思議な空間。

私の大好きな安住さんの性格や生き方が、店内のところどころに表現されているのも好き。

coffeebaisen-waraku
達筆すぎる

そして安住さんに一番美味しいコーヒーを淹れて頂きました!

GAKU」っていう和樂のオリジナルブレンドコーヒー!一番人気の商品だよ!

こんな可愛い湯呑みでコーヒー飲むの始めてだ♪

coffeebaisen-waraku
ほっこりする

エグ味や余計な酸味が全くなくって超飲みやすかった!私ね、コーヒーは毎日豆から挽いて飲むから、色んな焙煎工房でスペシャルティコーヒーを見つけて飲み比べるのが好きなんだ♪

そんな私も和樂のコーヒーの深さにやられたなぁ。

はぁ。幸せ。空間も人も珈琲も甘味も。

もう何もかもが温かいのです。

私がお土産に買って来たベーグルを全種類カットしてくれる安住さん。

coffeebaisen-waraku
女子力の塊だ…

安住さんのオーラや作法や気配りは、同じ女性として学ぶされる。

この人は、生き方もマインドも全然ゴチャゴチャしてなくて、喋っていると心がものすごく洗われるの。

そしていつも暖かい眼差しで、私の目をじっと見つめてくれる。

前に会った時は、ご自身の体調が万全ではなかったのと、お父様の介護も重なっていて大変そうだったんだけど、私は安住さんの口から「愚痴」という名のものを一切聞いたことがない

coffeebaisen-waraku

人間ってさ、大変なときは誰かに言葉ですがりたくて仕方ないものなのに、いつも前向きで姿勢正しく生きている安住さん。こんなに華奢な体のどこからそんなパワーが生まれるんだろうね。

私も安住さんみたいに、しなやかで綺麗でかっこよく歳を重ねていきたいからさ、離れていてもよく彼女のきれいな姿を思い出すんだぁ。

愛旅
教えてガクちゃん?あなたのママはなんでこんなに強いの?
ガクちゃん
にゃ!
愛旅
え!返事した!驚
安住さん
そうなの。時々返事するの、この子
waraku-gakuchan

4年ぶりに再会した安住さんと私だったけど、4年分のマシンガントークなんて全然してない。ずっとほっこり、言葉が心から湧き出る時だけ会話を交わし、無言のときはにこってみつめあって、それでも居心地はずっといいままで時は流れて。。。

時刻もそろそろ夕方になり、安住さんと2人で夜ご飯を食べにいくことになり、忙しい旦那さんがまたわざわざ見送りに来てくれた。

旦那さん
また遊びにおいで
安住さん
泊まってもいいからね。あと愛ちゃんこれお土産に!
waraku-dripcoffeepack
愛旅
え!めっちゃ嬉しい!これって今日淹れてくれたコーヒーと同じやつですか?!
安住さん
そう!旅に持って行って!愛ちゃんのこれからも見守ってるからね!
coffeebaisen-waraku

私は、本当に本当に本当に本当に幸せ物だ。

こんなに素敵な人と過去に出逢い、こうして元気で再会できることに感謝しかない。

そして再会したときには、ガクちゃんや旦那さんなど、ご縁が広がることも。

素敵な人との関係は、さらに素敵なご縁を生むんだね。

もっと何か、、、、

こうしてたくさんの愛をくれる人たちの恩返しになるような生き方がしたい。

いつも旅先で出逢う素敵で偉大な先人達にこうして愛を分け与えてもらうたびに思うんだ。

もっともっと頑張らなきゃ。

もっともっと、この人たちの愛を無駄にしないように自分らしく頑張らなきゃって。

スポンサーリンク

珈琲焙煎庵 和樂(わらく)の詳細とアクセス

お店の紹介よりも心が先に出てきた記事になってしまったけど、コーヒー好きな方は是非、日野市の陽だまりのような和樂へ足を運んでみてくださいね。

住所〒191-0053
東京都日野市豊田2丁目32-5
Googleマップを見る
営業時間 11:00~18:00
※水・木曜日は定休日
参考サイト https://beanswaraku.com/
通販サイト

(おわり)

スポンサーリンク

関連記事
スポンサーリンク