aitabi-skindive

コルテス海ダイビング1日目。

港からボートでどれぐらい離れただろう。30分以上は移動し、ハンマーヘッドシャークを狙うポイントに到着した。「エルバホ」と呼ばれるポイントです。

でわ!ニコニコ大笑顔で1本目潜ってきやすっ!(・∀・)

cortez_sea_dive

う〜ん。今日はあんまり透明度よくないなぁ。

cortez_sea_dive

小魚ちゃん達がたくさん群れてるけど、ハンマーヘッドの影は見当たらない。でもここはダイバーの希望の海「コルテス海」だ。キョロキョロと視線の方向を変えながら、抜かりなくハンマーの姿を探す。

陸と違って、海の中では大物が現れても音で気付くことが難しいので、目で見つけるしかない。 聞こえるのは自分の出す泡の呼吸音と、近くにいる仲間がタンクをカチカチと鳴らしてサインする音ぐらい。

それでも私の視界に入るのは小魚ばかり。残念だけど、1本目のダイブはこんな感じで時間切れ。

cortez_sea_dive

まぁ、ダイビングなんてこんなもんです。この広すぎる大海原で、お目当ての海洋生物と100%の確率で出逢うなんてことは、餌付けして飼いならされている生き物を除いて、絶対ありえない。なんていっても相手は超野生だもんっ。だからこそ出会えたときの喜びは半端ないっ。だからこそ潜ることが好きなんだ。

船の上で、ガイドさんが用意してくれた材料でサンドイッチを作って昼食っ。

lunch-on-boat

いつも思うんだけど、海に潜ったあとに日向ぼっこしながら食べるご飯ってなんでこんな美味しいんだろう(・∀・)

ポカポカしながら船上でご飯を食べて休憩していると、別のダイバー達の船が通りかかったので、私達のガイドが「ハンマー見た?」と尋ねてみた。

すると「エントリーした瞬間に1匹だけ見たんだけど、すぐに深海に潜っていっちゃたわ」と外国人女性のダイバーさんが教えてくれた。

ハンマーヘッドシャークは、サメの中でも結構臆病な性格らしく、ダイバーが近寄ったり、フィンをバタつかせるだけですぐに逃げて行っちゃうと、何かで読んだことがある。

でも今日この時間帯にハンマーを見た人が確かにいるってことは事実だ!それに、基本群れをつくって行動する生き物だから、1匹見つかったのならまだ大群を見れる可能性はあるかもしれないっ!

よし!2本目!ハンマーヘッド(できれば大群)に出逢うことを祈って…!

あれ・・・・・?

cortez_sea_dive

・・・・・・・??

cortez_sea_dive

チーン・・・

ハンマーどころか、魚すらいねえ。

今まで経験したダイビングで、一番おもんないダイブやったかもしれん。。。目の前に何も見えないぐらい透明度の悪い海中をただ彷徨うだけの40分…。しかも流れだけはめっちゃ強いから、泳いでるだけでけっこう疲れるやつ。

どうもおつかれさまでした、私。

cortez_sea_dive

ハンマー狙いは後日、冬の与那国島かコスタリカのココ島でリベンジします(爆泣)

明日のダイビングは、ここラパスの名物でもある「ア・ノ・コ♡」に逢いにいくそうなので、明日への期待に気持ちを切り替えて宿に帰る。

でも、今晩ちょっと楽しい出逢いがあったのだー。

(つづく)

スポンサーリンク

関連記事
スポンサーリンク