indian-cotton-apparel

こんばんわん!

明日からジャイサルメールに旅立つ@あいあいです(・∀・)

砂漠キャンプなんかを計画しているメンズ達にまぎれて、がっつり女捨ててきたいとおもいますっ!

さてさて、前回書いたチベタンコロニーのあとの出来事を。

チベタンコロニーでお腹いっぱいになった私たちが次に向かったのは、コンノートプレースとゆう、デリー市内で一番栄えているショッピング街です。東京でゆう新宿、大阪でゆう梅田みたいな感じかな。

まずはオックスフォードブックストア。なんでもデリーで一番本がそろっている書店とゆうのですが…

oxfordbookstore-delhi
bookstore-india

想像以上に小さい(・∀・) おしゃれだったけどね。

ちょっと興味をもったのが、本屋に占いスペースがありました!タロットで何占ってくれるんだろう?やってみたかったんだけど、意外と人が並んでて断念。

bookstore-Fortune

さて、ここからちょっとしたインドあるあるです。

インドでしか買えないものを色々見てまわりたいと思っていた私たちは、モーターリキシャのドライバーに良いお店がないかを尋ねるのですが、日本人グループでカモだと思われたのでしょう!(・∀・)

ドライバーとショップのグル作戦にまんまとハメられたわけです。

ローカルのバザーや市場で探せば、もっと安く売ってるのに、想像以上に高いお店ばかりに連れて行かれました。

別に嫌な買い物をしたわけではないので、ハメられたとゆう言い方はおかしいかもしれないけど...。

ちなみに、私たちを高いお店ばっかり連れて行ったのは、このモーターリキシャのドライバー。

inidian-tourguide

顔が小さくて、日本が少し話せるドライバーにはご用心!笑)いや、ほんまに顔小さすぎるやろ!!(`o´)え、もしかしてわたしの顔が大きいんか...?

日本語話せる〜!いい人〜!私達が買い物終わるまで待っててくれる〜!なんていい人〜!乗車代金もぼったくってこない〜!めちゃいい奴やん!!と単純に思っていたわたし。

あとから、きっちり私たちが買い物したお店からマージンをもらってるそうなのです。

いや、こんな手口、香港・タイ・中国でもめっちゃ経験したはずやん!あかんわ〜。みんなと一緒に行動してたから頼りきってて勘を失ってた!

でも、さっきも書いたけど、別に嫌な買い物をしたわけじゃないからね...。少々高くても欲しい!と思ったものを、その値段で買っただけ。

で、何をいくらで買ったかって?びっくりしますよ。多分、留学生やバックパッカーの身分でこんなにお金使うやつ珍しいとおもいます(・∀・)バカ

インドの普段着みたいな服がこっちに来てから欲しくなって、みんなローカルで買ってる!って言ってから、ローカルマーケットかバザーに連れていって!って言ってたのに、めちゃくちゃ高そうなお店の前にリキシャが止まる。

「え!ここ絶対高いじゃん!」っていったら、「高くないよ!」と言ってくるので、まぁ見るだけ...と思って中に入ると案の定、欧米人系の観光客しかいない。

とりあえず一枚そこにあった服の値段を見てみると、だいたい1,800〜3,000ルピー。高いっ!みんな1,000円くらいで買ったっ!て言ってたぞ。

でも品数の多さがすんごいし、ナウで欧米人が可愛いワンピース試着してるのとか見て、めっちゃ欲しくなってくる。とりあえず値段はあとで交渉しよう!と思い、どんなワンピースがあるのかゴゾゴゾあさってみる。

finding-nicedress
delhi-shopping
india-bluedress

うん。まんまと買っちゃった(*`ω´*)

1680ルピー(約3000円)でした。どんなけ値下げしてって頼んでも10%しか値引きしてくれなかった。イタルに、大阪人まるだしですよとか言われるし...。いや、こうゆう場所で値切るなんて普通やから!

お次はここ。

見てください、この外観からもう高そうな匂いしかしない紅茶専門店。

delhi-teashop

完全オーガニック、ノンケミカルの良質の葉だけを混ぜて作った色んなフレーバーがある有名なお店だそうです。

teashop-india

インドに来る前、紅茶仙人がいるムレスナティーハウスの紅茶の美味しさにハートを射抜かれてから、すっかりオーガニックティーに弱くなってしまったわたし。

最低100gからの販売とゆうことなので、トモくんと50gづつシェアして買っちゃいました。50gってわかりにくいね。だいたい節約して使って15杯分くらいかな。お値段は、800ルピー(約1,500円)でした。

manykinds-tea

イタルもここで友達のお土産を買うことになったんだけど、ここでまさかの「そんなの聞いてないぜ!」問題が発生。

店員さんが、どのフレーバーを選んでも、100g 1,000ルピーって説明したので、イタルが何種類か紅茶を選んでカードでお会計をさくっとしたんだけど、値段を確認しておかしいことに気付く。

イタルが選んだダージリンとゆう紅茶は、白茶?とゆう抗がん作用や美容に良い希少な成分が入っているから3,000ルピーだ!とか言って、なぜかレシートを隠そうとしてきます。

teamap-india

もちろん、イタルもダージリンだけ冷静にキャンセルを求めるんだけど、キャンセルはできないって普通に言ってくるんです。

無理!キャンセルして!と引き下がらないイタルに店員さんも負けて、結果オーライにはなったけどね。

以下、インドで買い物するときに気をつけたいこと。

  • 日本語を話せるスタッフには要注意!
  • レシートとお釣りを必ずその場で確認する(※レシートを渡してこないケースもある)

ここが本当にいい紅茶を置いてるのは、間違いないと思う。ちゃんと味見もさせてくれたし。でも最後の最後で値段のことあやふやにするなんて、高級店失格だよ〜。

高いなら「これは高い!」って最初に言って(・∀・)

最後に、わたしたちを高級店ばかりに連れていった小顔のドライバーが、リキシャ代を要求してくるとき、

値段はあなたに任せるよ」だって。

これ、ちょっとずるくない?

そんなの言われたら、いくら払うか困るし。

「いくらほしいの?」って聞いたら、「ミリオン」とか言ってくるし。

結局みんなで100ルピー払って、このドライバーとはバイバイ。いいやつだったと言えば、いいやつだった。

欲しくない商品を買ったわけでもなく、ほしいと思ったから買った。

でも、こんなザ・観光客みたいな買い物の仕方はもう絶対しない!わたしは、金持ちの旅行客じゃない!貧乏留学生なんだ!(*`皿´*)ノ

さて、明日から砂漠のほうへ旅立つので、次のブログは来週になると思います。

大人になるにつれて、どんどん人見知りが激しくなっていくわたし。まだあんまり面識のない子達との明日からの旅が、なんとか楽しくていいものになりますように。︎

(つづく)

こちらの記事もどうぞ
スポンサーリンク
旅ブログも更新中♪(アメリカ横断記)