eleveneleven

「11:11」

無意識に時計を見ると、同じ数字が連続で表示されてることってありませんか?

カバラ数秘術など、数字の持つ力を信じる人たちの間で、「11時11分」は、「イレブンイレブン」と呼ばれるみたいです。

created by Rinker
¥2,793 (2020/10/22 09:42:51時点 Amazon調べ-詳細)

わたしも、セドナに来るまで「数字に何か意味がある」なんて全く知らなかった。でも、このアメリカ横断の旅中に出逢った大切な人に、「連続した数字にはとても力強い意味がある」とゆうことを聞き、私も旅中に体験を通して納得できたことがあったので少し説明します。

あくまで私が自由に思ってる(信じてる)ことを書いているだけなので、理論とか責任説明はできないけど、誕生日占いみたいな感じで読んでください(・∀・)

スポンサーリンク

数字の「1」には物凄いパワーが宿っている

まず「」とゆう数字は、基本的にゼロの何もない状態からカウントされる始まりの数字。なにもないところからエネルギーを新たに生み出す数字と言われています。「1位」「1番」など、「1」はそこから始まりを示す力強いパワーがあるんだと言われてるそう。

世界を舞台に活躍する人やアスリートの中には、誕生日に「」がついていることが多いそうです。孫正義さんも11日生まれですね!個人的に私が大崇拝しているフリーダイビング世界一の篠宮龍三さんは、なんと誕生日が「11月11日」です。素潜りで115m潜られた世界記録を持たれる人間離れされた偉人です。

で、そんなパワーの強い「1」が、11月11日は4つも重なるわけで、「1」が重なれば重なるほど、もちろんパワーは強くなると言われているわけです。占いの世界でよく言われる「11」「22」「33」などのエンジェルナンバーも、カバラ数秘術の類です。

さらに、2016年の11月11日は、「2+0+1+6=9」 となり、9=終わりの数字から、「11月11日」という「1」が4つも重なる「強い始まり」に明け渡される特別な日と言われています。(理解できます?)

この日は、新しいことを始めたり、何かを再生したり、何かに目覚めるとゆうことに対して、すごくエネルギーに満ち溢れた1日だったそうです。だから、「2016年11月11日11時11分11秒」は、もう魔法騒ぎじゃないですかね!笑

こういうのは、信じなきゃ始まんないぜぃ!(・∀・)

そんな私は、こんな素晴らしいパワーを持った11月11日を、偶然にも世界一のパワースポットと呼ばれる「セドナ」で過ごしているわけです。もっと付け加えると、3日後の2016年11月14日は、68年ぶりの超特大スーパームーンにも重なりました!あとの記事にも惜しみなく書きますが、ここセドナで起きた全ての奇跡が、もう魔法の世界でした。

miracle-sedona

当初の予定だったら今はラスベガスに居る計画だった。でも今、セドナで私を迎え入れてくれたパトリックから、「息子が住んでるカリフォリニアに会いに行くから早くセドナに来てくれ」って連絡が来たのがきっかけで、急ぎ足でセドナに来た。そのおかげで、わたしはまんまと「セドナマジック」にかかってしまったのだ。(結局パトリックはカリフォルニアには行かず、息子さんと彼女がセドナに尋ねてきたしね!笑)

本当に今思ったら、ここセドナで起きたことの全てが「何かの導き」としか思えない。

そして、わたしはこの11月11日に、自分の人生を変えるほどの影響力ある人に出逢いました。一人は前の記事で紹介した「まささん」のことです。彼の常人離れした生き方を知れたお陰で、人生の選択肢が確実に自由になった。

nishikawa-masanori
自転車冒険家まささん

そして、実はこの11月11日にもう一つ、私の人生を変える出逢いがあったのです。

話を前回の記事の続きに戻して、、、

お昼前に目が覚めて、パトリックに「おはよう!」と挨拶すると、「昨日何時に帰ってきたんだい!?」と聞かれる。(当たり前だよね;)

ん〜4時半ぐらい。(遅くなって)ごめんなさい

そう答える私に、パトリックは笑顔で、昨日1日に起きた私の出来事を聞いてくれた。「ごめんなさい」なんて言う必要はなかったぐらい優しく。

そして、「今から人を迎えに行くけど、愛も一緒に行くか?」と聞かれたので、「うん!(・∀・)」と、パトリックの車の助手席に乗り込んだ。

eleveneleven

誰を迎えに行くの?」とパトリックに聞いてみると「愛と一緒でカウチサーファーの子だよ。なんか少し困ってるから助けてってメッセージが来たんだ」とその子のプロフィールをアプリから見せてくれた。

プロフィールを見ると、名前は「アイデ」と書いてあった。メキシコ在住なんだけど、なんと苗字が「ムラカミ」と日本の名前だった!!!

パトリック!この子、日本人かも!でもメキシコに住んでるの。ハーフかな?!日本語話せるのかな!?」と興味が沸きつつ、アイデが待つ場所に到着。

アイデはメキシコ育ちの女性で、日本人の父を持つが日本語は全く話せない。お父さんも幼少期にメキシコに渡ってきたそうで、ほとんど日本語を覚えていないそうだ。

でもアイデが何人だろうと私には全く関係なかった。彼女の全然飾らない気さくな性格と、知的かつ情熱的な人間性に、わたしはアイデのことが自然とすぐに好きになり、懐くようになった。

11月11日のお昼。私はアイデとの出逢う。

eleveneleven

イレブンイレブンに起きたこの2つの大きな出逢いが、わたしのこれからの旅と人生を大きく変える。

(つづく)

こちらの記事もどうぞ
スポンサーリンク
旅ブログも更新中♪(アメリカ横断記)