goodbye-sanfrancisco

フェイさんに全身全霊で感謝を伝えてお別れし、私はレイモンドと合流した。

レイモンド
愛、Facebookの知人が連絡つかなくて、案内するの無理かもしれない。
愛旅
レイモンド、私もう十分だよ。

Facebookに行きたくないわけじゃ、もちろんない。

だけど、もうこれ以上何か新しい感性だとか奇跡に近い出来事を受け入れるスペースは、私の中に残っていなかった。

チャンスを逃している感覚じゃなく、もう欲張らなくていいと心が脳に教えてくれている感じに近かった

アメリカ人は、本当にオーガナイズ精神が強いことを知った。

オーガナイズというか、ギバー(Giver)というのか。

レイモンドは、翌日まで私のためにFaceBookで働く知人にアポ取りをしてくれたが、結局予定は合わず。

申し訳ないからと言って、車で自分が知る範囲でFaceBookの敷地を案内してくれた。

facebook-office
Facebookの自転車

レイモンド、あなたとサンノゼで出逢わなかったら、こんな貴重な体験に巡り合うこともなかった。

本当に本当に、もう感謝でいっぱいだよ。

本当にありがとう。

facbook-onehackerway
facebooの記念撮影スポット

レイモンドとお別れするとき、ずっと不思議に思っていたことを聞いた。

愛旅
なんで出会ったばかりの人間に、こんなにもあっさりと良くしてくれるの?

もしも私が変な旅人で、大切な知人に失礼とかしちゃったら...とか、レイモンドは考えなかったのかな。

これはただ、単純に日本とアメリカの文化や考え方が違うからなんだろうか。

レイモンド
・・・・。
レイモンド
う〜ん
レイモンド
なんとなく〜!!!
レイモンド
愛は本当にラッキーだね〜ぇ!!!はっはは!笑

なんじゃそりゃ!!!Σ(゚Д゚;)

愛旅
あっははは!!!爆笑
愛旅
やっぱりレイモンドって面白いね!!!笑
愛旅
あとね、さっきからもう1つ言いたいことがあるんやけど・・・

社会の窓、開いてるよ〜!大爆笑

そう言うと、レイモンドは大慌てでジーパンのチャックを閉め、ピョンピョン跳ねながら大爆笑してた(笑)

あ〜おっかしい!!!お腹痛い(笑)

愛旅
レイモンド、本当に本当にありがとう!!!
愛旅
次会った時は、また職業のこと詳しく説明してね!笑
レイモンド
あはは!OK!次こそだね!笑
レイモンド
またね!愛!

アメリカ横断始まって4日目、もう夢のような素敵な思い出を抱えてレイモンドとお別れ。

秋に訪れたサンノゼの街で、優しい風と、偉人が作り上げた雄大な街と、暖かい人々に出逢うことができた。

goodbye-sanfrancisco

サンノゼからサンフランシスコに戻った頃には、もう夜になっていた。

goodbye-sanfrancisco
電車の中

治安が良くないと言われているオークランドを夜に歩くのは避けたかったので、Uberでドミトリーまで帰ることにした。

するとなんと奇遇なことか、Uberで私をキャッチしてくれたのは、レイモンドと同じく中国系アメリカンのLeeさんという優しい方だった

今思うと、雰囲気もレイモンドによく似ていた。

goodbye-sanfrancisco
ゴールデンゲートブリッジとLeeさん

サンフランシスコに戻ってきて、力が抜けたようにいきなり空腹に襲われた私は、Leeさんに「なんでもいいから、ドライブスルーに寄ってもらえますか?」とお願いした。

車の中でサクッと食べようと思い、最寄りのマクドナルドに入ってもらってそのまま車から適当にセットを注文する。

そして、お金を払おうと助手席から手を伸ばすと、Leeさんがわたしの手をペチン!と叩き、

「NO!中国では、男が女にご馳走するのが当たり前だ!」

と、私より下手くそな英語で真剣に言ってくる。

いやいやいやいや、状況がちゃうちゃう!!!(ここはアメリカやし!)

Leeさん!わたしただの乗客!それにこれ私のご飯やから!」と、こちらも引き下がらずお金を窓から差出そうと身を乗り出すが、Leeさんは全然引き下がってくれない。

相変わらず私の腕や手をペチン!ペチン!と叩いて「ノー!」の一点張り。

そして無理矢理、Leeさんのクレジットカードが店員さんに渡された。。。

なにこれ。意味わかんない。

意味わかんないけど、もうすごく嬉しいよ。

もうね、有り難くご馳走になることにした(泣)

マクドナルドだけど、「めっちゃ美味しい!」とLeeさんに笑顔で言いまくった。

goodbye-sanfrancisco
Leeさんと私

その後、Leeさんは有名なゴールデンゲートブリッジにも連れて行ってくれた。

私とLeeさんの間にあった、Uberのメーターはもう止まっている。

aitabi-goldengatebridge
撮影もゆっくりさせてくれた

Leeさんはアメリカに住んでいるのに英語が全然上手じゃなかった。

それでも、家族や二人の息子さんの写真を見せてくれたり、ジャスチャーや単語だけで伝えたいことを伝えようとしてくれるLeeさんが、子供みたいに純粋で、私は助手席で爆笑の嵐だった。

オークランドに入り、私が泊まってるドミトリーの地域を走りながら、「なんて危ないところに泊まってるんだ!家においで!」とすごく心配してくれたりもした。

でも「明朝にはサンフランシスコを発つから大丈夫」と笑って伝え、助手席をおりた。

Leeさん、相変わらずお茶目に元気に過ごしてるかなぁ。

本当にアメリカに来て予期せぬ出来事が多すぎて、心の中が全然整理できないまま、二段ベッドに寝っ転がった。

もうサンフランシスコに思い残すことは何もない!

明朝、次の目的地へ向かう。

わたしが何年も前から絶対に行くと決めていた場所へ。

自分の誕生日は絶対にここで過ごすと決めていた場所へ。

aitabi-goldengatebridge
ありがとう、サンフランシスコ

サンフランシスコで、私と出逢ってくれた全ての人と出来事へ愛を送りたい。

(つづく)

こちらの記事もどうぞ
スポンサーリンク
【NEW】涙と感動のアメリカ横断記