goodbye-sedona

セドナを離れる日は、私の30回目の誕生日だった。

おめでとう、自分。

誕生日にセドナを離れるとゆう微妙なスケジュールになったけど、それを決めたのは他の誰でもない自分だった。

ここに住みたいと毎日思ったくらい、セドナが好き。

vortex-cathedralrock

もし私が「もっとここにいたい」と言えば、パトリックはずっとセドナに泊めてくれるような気もした。

「お金持ちの犬の散歩の仕事があるよ」と教えてくれる人もいた。

パトリックが採掘販売しているパワーストーンのことを勉強して、グローバルに通販を始めてもおもしろそうとか。セドナに関わる人生をふっと考えた時間もあった。

だけど、私はまだ見ぬセカイを見るために次へ進む。

若い頃から憧れた聖地セドナで過ごすことのできた、掛け替えのない一日一日は想像以上に美しすぎて、今でも心で目映く映画のワンシーンのように特別な状態で輝いている。

このブログでも、その深い記憶を偽りなく丁寧に文字に書き留めることができたとも思ってる。

ここセドナで繋がった、たくさんの縁が、今の私を活かしていると日々感じる。

私のセドナでの恩人・パトリックも、私がセドナとお別れした後、何度か「戻っておいで」と連絡をくれた。無性で泊めてもらい、お世話になりっぱなしだったにも関わらず、彼の方からそんな言葉をかけてくれる事が、もう感無量で仕方ない。

goodbye-sedona

何度でも言いたい。パトリック本当にありがとう。

だけど実はね、私はセドナに戻りたいとは思わないんだ。

セドナは大好き。本当だよ。パトリックにもまた会いたい。ジェフリーにも、マイクにも、ハリソンおじちゃんにも、かわいい狼のジャイにも。きゃんきゃん吠えまくるピューイにも。

そして、あのセドナの絶景や、パトリックのPeacefulなお家にも。

redrock-tour-sedona
sedona-life

でも、今じゃないんだ。今はね、全然戻りたいと思わない。

もし今、セドナに戻っても、私はきっと何も感じないと思う。

この記事のタイトル「I didn’t choose you, my heart did.は「私じゃなくて、私の心があなたを選んだ」ってゆう意味なんだけど、今の心境はまさにそんな感じ。

またきっと将来、私の心が、心の底からセドナを求め、導かれるときが来るまで

それまでは、心の中でセドナに、あの神秘的な瞬間に、いつでも帰るね。

さぁ!こんな気持ちを抱えながらも、ついにセドナとお別れの日がやってきました。

後、数時間でセドナを離れる前、本当にお世話になったパトリックに何か恩返しできることはないかと考えた。でも現金を払う以外のことで何か返したいと思ったときに、パトリックが採掘した天然石でアンクレットを作ってほしいとお願いした。

goodbye-sedona

あと、メキシカンのアイデと一緒に、パトリックが普段使いそうなオーガニック食材や日用品を買って冷蔵庫を満タンにもしておいた。でもパトリックは、私達がパトリックのために買ってきたココナッツオイルを使って、カカオの匂いがする特製ボディオイルを作って瓶に入れ、旅で傷んだ肌をケアするためにと、私に持たせてくれた。

goodbye-sedona

瓶入りのオイルはバックパックが重たくなるけど、彼がわざわざ作ってくれたことが、どんなブランドの化粧品よりも効果がある気がした。もちろん旅の間ずっと、そのボディオイルを持ち歩いて使い切った。

そして、最後にパトリックが作ってくれた天然石のアンクレットを付けて、空港へ向かう送迎車が来るまで、セドナの大地に別れの挨拶をしに行った。景色の前に座って、寝転んだりもして、ゆっくり、ゆっくり、思い浮かぶだけ、色んなことを想い、心を震わせた。

goodbye-sedona

ちなみに、パトリックが作ってくれたアンクレットは正直、私の好みではなかったが、パトリックに「どう?好きか?」と聞かれたとき、わたしは「うん!」とはっきり嘘をついた。

理由はわからないけど、自分の願望をもう細かく伝えようと思わなかった。パトリックが選んで作ってくれたのなら、それで良かった。十分だった。私はパトリックに僅かだがアンクレットの代金を渡した。感謝を大きく込めながら。

パトリックの家によく遊びに来ていたハリソンおじちゃんに、キャンピングカーから「愛!」と呼ばれたので車に向かうと、ハリソンが作ったセドナのオリジナルTシャツが色々並んでいた。

持って行け!どの色がいい?

goodbye-sedona

ブルー!

と即答する私に、「OK!愛はMサイズだな」となんでもお見通しの優しい言葉と一緒にセドナTシャツをプレゼントしてくれた。ケンタッキーのカーネルサンダースみたいなハリソン。彼とも、もっともっと色んな話がしたかったな。

そして、ついに送迎車がやってくる数分前。

パトリックが座るソファに、本当に最後のお別れの挨拶をしにいった

パトリックがきつく抱きしめながら言ってくれた言葉で、思わず涙が溢れ出てしまったせいで、私はまた感謝の言葉を上手に伝えられなかった気がする。でもきっと、パトリックは私の表情や心から全てを理解してくれていると思う。

愛はラスベガスと合わないよ。嫌になったらいつでも戻っておいで

別れのハグが終わってパトリックに言われた言葉に、私は微笑みだけを返した。

そしてパトリックはまた、私にクリスタルの天然石をプレゼントしてくれた。初めて会った夜にもらった土のついたクリスタルと、今日改めてもらったものをカップルにして、わたしはこのクリスタルカップルを常にポケットに入れてこの先ずっと旅をすると決めた。

この小さなカップルをポケットの中で感じるたび、安堵の愛おしさがこみ上げてくるようになった。

goodbye-sedona
今でも大切にしているクリスタルカップル

本当に、いろんな感情を与えてくれたセドナだった。

ありがとう」よりも強い「ありがとう以外の言葉」を今、世界が新しく作ってくれたら、私はその言葉をすぐに覚えて書いて模様を付けてあなたに届けるよ。

アメリカ横断旅2都市目で、こんなにも素晴らしいホストさんとその友人達と出逢い、想像のはるか彼方とゆうぐらいの経験をした。もう既に長く旅をしているような感覚にさえなったが、まだこの旅は始まって2週間しか経っていない。

次は、ラスベガスに行く。

その前に、最後の最後にもう一度言わせて?

セドナの大地、空気、自然、出逢ってくれた人、動物、すべてに。

本当に心から感謝を込めて。

ありがとう。

goodbye-sedona
created by Rinker
¥2,310 (2020/10/22 09:18:15時点 Amazon調べ-詳細)

(つづく)

こちらの記事もどうぞ
スポンサーリンク
旅ブログも更新中♪(アメリカ横断記)