hate-lasvegas

ラスベガス到着2日目にして、シルクドゥソレイユから夜のベガスの街までをいっきに堪能してしまった私は、もうラスベガスに思い残すことはないと感じ、翌朝目覚めてからすぐに、次の目的地への航空券を探し始めた。

明日デスバレーに行けば、もうラスベガスに長居する理由はなかった。

そんな私が次の目的地に決めた場所は国を変えて、メキシコのラパス(LaPaz行くことにした。

とあるTV番組の映像を見てから、ずっとこの海に潜りたいと思っていた凄いダイビングスポットのある場所

sealion-kiss-lapaz
順を追ってブログに書くからね!

ラスベガスからまずメキシコシティへ向かい、セドナで仲良くなったアイデがシティに住んでいるので、そこで夜を過ごさせてもらってから翌朝、国内線でラパスへ向かう感じのプランで航空券を買った。

大好きなお姉ちゃん(アイデ)にこんなにも早く再会できる。

eleveneleven

そしてこんなにも早くメキシコへの国境を越える。

さらに、そこにはどんな海が待っているんだろう。

うん、すんごいわくわくする。良い感じ。

さて、この日は特に何もするでもなく近くのアウトレットに出掛けて、安くて使えそうな服を探したり(・∀・)

gorgeous-lasvegasnight_5

途中、Uberの運転手さんと仲良くなって、その人が仕事が終わってからバーに飲みに連れてってもらったりもしたんだけど、お酒が強すぎて「これ苦くて飲めない!あげる!」と突き返したら、その人自身がけっこう酔い回っちゃったみたいで、早めに解散することになったり(笑)

そんな適当な感じで、普通に1人で過ごしてから夕方、帰宅。

すると、ホストさんとアリゾナ州から車で来ていた彼の友達が、お酒のボトルとショットグラスを手にとりながらリビングでガヤガヤと賑やかに盛り上がっていて、家の中は聞いたこともないラップ系の音楽がガンガン鳴り響いていた。

アルコールをいっぱい飲んだのか、金髪マッチョのホストさんがご機嫌な様子を久々に見る。

この2日、家の中で挨拶しても目すら合わせてくれないこともあったのに、帰宅した私を見て今日はめずらしく話しかけてきた。

へーい、どこ行ってたんだぃ?ベガスはどうだ?

わたしは、問題なく楽しめていることを彼に簡単に答えた。

するとホストさんは、キツイお酒の酔いが効いてるのか、私の鼻をやたら見ているな〜と思ったら、突然引っ張ってきて、こう言う。

「アジア人って本当にキュートな顔してるよね(笑)」

褒められてるはずなのに、そのバカにした笑いのせいで、なんかちょっとカチンともくる。

それに、私の話すアンネイティブな英語が彼にとっては爆笑コメディのようで、私が口を開くたびに笑われて、バカにされてるみたいでイイ気はしない。

それ以外にも、この人は基本的にいじわるだ。

そんな彼が私にこう問いかけた。

日本語で、◯◯◯◯(←彼の名前)超セクシーでハンサムだねって言ってみて

いいよ。いくらでも言ってあげる!

◯◯◯◯、チョウセクシイダネ、デモナンダカワルイヒトダネ!

よし!!!日本語で)言ってやった!(・∀・)

同じ屋根の下に過ごしていても会話も挨拶もないような冷たい雰囲気よりは、こうゆう雰囲気でも全然いいと思えた。下ネタやスラングな言葉を使いこなすヤンチャな会話を適当に横で聞き流しながら、私はパソコンで作業しつつ同じ空間にいた。すると、

彼の友達がドラッグと拳銃を取り出しテーブルの上に置き始めた。

この人達、、、想像以上にヤンチャだなぁと思いながら、特に反応するでもないわたし。

アリゾナから来た彼の友達は、職業柄それを支給されてるみたいなことを言ってたから、銃をどうこうして犯罪的なことに使う空気じゃないことは、なんとなく察知できた。

そんなヤンチャな空気の中で、彼がめずらしく私を外のイベントに誘ってくれる。

今、ベガスで一番ホットなクラブに行くけど、お前も行くか?

いや、わたしドレスとかヒールとか持ってないから多分入れないよ

そう。ベガスのクラブというのは、高級ホテルの中にあるのが基本なので、女子のドレスコードは必須なのだ。カンヌ映画祭級に派手にキメてくる人も大勢いるので、どんなにドレスアップしていっても大丈夫なほど。

その服装でも大丈夫だよ

ほつれたデニムのショーパンにレギンス、今日買ったグレーのタンクトップに、KEENのアウトドアシューズが、今の私の服装だ。

光沢グレーのカッターシャツでバッチリ正装している彼の「大丈夫」は微妙だったが、もうベガスに来ることはない人生で最後かもしれないなと思い、もう一度だけ考えてみた。

これも一種の経験かな?

こんな格好じゃ絶対入れないだろけど、もし入れたら、今一番熱いベガスのクラブがどれだけのものか見てみたい気もするし。もし雰囲気が合わなければ1人で先に帰って来ればいいか。

と、若干重たい気持ちを抱えつつ、彼らと一緒にクラブに行くことにした。

途中で「あなたはリアルリカちゃん人形ですか?」とゆうぐらい美人で細くて脚長くて黄金のブロンドヘアを持つイイ感じに悪女っぽい女の子も合流して、そのクラブがある高級ホテルの中へ向かった。

クラブの入り口に行くまでに、数々の一流ブランドショップが軒を連ねるエリアを抜け、カジノを抜け、バニーガールとすれ違い、レッドカーペットを踏み、ドレスアップした女性達をたくさん鑑賞し、いよいよガンガン床が振動するクラブの入り口前についた。

この日連れてきてもらったイベントは、HAKKASANだった。

Zedd、Calvin Harris、なんとHardwellまでもが普通に回(DJ)しにくるほど、有名なクラブだ!彼が「ベガスで一番ホット」と言う理由が本当に理解できた!!!

ただ、、、

結局、、、

私はクラブに入れませんでした。

服装はね、意外と問題なかったんです。

でも、年齢確認できる身分証を持ってなかったので入れてもらえませんでした。

ドルと携帯だけポケットに入れて手ぶら状態で出てきたので、パスポートとか全部家に置いてきちゃった。

だけどね、、、

なぜかわかんないんだけど、、、

これで良かった気がした。なんかホッとした。

私のせいで入り口でつっかえてる彼と彼の友達とリカちゃんに、家に帰ることをサクッと告げる。

わたしのこと全っ然気にしないで!大丈夫だから!先帰ってるね!楽しんで!!

そして、早足でその場から離れようとする心に身を任せて、広いホテルの中を迷いながらも、とにかく外に出たくて仕方なかった。

歩いているが、走っているようなスピードで、とにかく一番最初に外に出れそうなドアを探した。

外に出て、少し冷えた初冬の空気を吸った瞬間、我に戻った気がした。

gorgeous-lasvegasnight

昨晩あんなに歩いたベガスなのに今自分がどこにいるのかわからない。

お腹が空いたなぁ。。。

そういえば、友達に「NYNYにあるSHAKE SHACK食べて!ラスベガスの味は他の地域と違うから!」って言われてたのを思い出し、そこに向かうことにした。

NYNYの建物はここから見えるから、あの方角に行けば店に辿り着けるはずだ。

gorgeous-lasvegasnight

店につくと、店内は満員だったので必然的にテイクアウトすることになった。

一番人気のメニューを店員さんに任せて頼み、ポケットに入れてきた$30から支払った。

店内で出来上がるまで待ち、テイクアウトの紙袋を2つ抱えて外に出て、座って食べれそうなベンチを探した。

アウターの下はタンクトップ一枚だったからとにかく寒かった。

ハンバーガーもポテトも冷たい風のせいで、すぐに冷えて固まってしまい、「美味しい」と友達におすすめされたグルメは、全然美味しく感じなかった。

美味しいと感じれないハンバーガーのせいか、寒さのせいかわからないまま、何故かちょっとセンチメンタルな気持ちになって、一人で家に帰った。

.
.
.
.
.
.

ガチャ。

玄関のドアを開けて、私は唖然とした。

ホストの彼も、彼の友達も、リカちゃん人形もそこにいたからだ。

「やっと帰ってきた!どこ行ってたんだ!?携帯見なかったのか!?」

ご飯食べてきた。。。」

今頃ハッカソンで楽しんでいるはずの彼らが、なぜ私より早く家に帰ってきてるのか、私には全然理解できなかった。


.
.
.
.
.

また行くだろ?

そう彼に聞かれたが、わたしはもう、YESとは言えなかった。

そんな私の返事を聞いて、彼とリカちゃんが目を合わせて深くため息をついて下向きになったのもちゃんと見た。

ごめんなさい?なのかな?

このときのなんとも言えない雰囲気。

今になっても整理できない複雑な感情。

私のせいなのはわかる。

でも、私は彼らと仲良しな友達でもない。

数日お世話になっているホストさんとも、お世辞でもいい関係を保っていたとは言えない

それなのに、わざわざ時間を裂いて帰ってきてくれたことがサプライズすぎて、その優しさの意図が全然わからなかった。

だけど、わたしがこのときもし「YES」と言っていれば、、、

もしかしたら明日、あんな出来事にはならなかったかもしれない。

gorgeous-lasvegasnight

(つづく)

こちらの記事もどうぞ
スポンサーリンク
旅ブログも更新中♪(アメリカ横断記)