india-happy-chai

こんばんは、あいあいです。

今朝は久しぶりに鮮明な夢をみました。

夢のなかの自分は大きな愛情に助けられながらずっと悩んで苦しかった事とやっと決別するときがきてね。でも苦しみの種が去っていくとき、なぜか切なくなる自分もいて。

本当に今でもクリアに思い出せるくらいのリアルな夢だった。一番印象に残った夢の一部分を起きてから夢占いで調べてみると、とても良い暗示だったから朝からちょっと未来にドキドキしてしまう。

でも、わたしはすぐ調子にのる悪いクセがあるからこうゆうのですぐに嬉しくなっても、なるべく一喜一憂しないようにすぐ頭の中からアウトさせるように意識してるの。

これは自分らしい人生を生きたい!と願う中で、今すごくテーマにしていること。もし周囲から褒め言葉や評価をもらっても反応しないあと、一瞬の娯楽や快楽に惑わされないように。

だけど周りとは協調性をもって楽に生きたい。全然できてないけど、、、心のコントロールって本当にいつもむずかしいです(´・_・`)

さてさて昨日は日曜日だったのですが、寮から一番近くのショッピングセンターまで本場のインドカレーを食べにいきました。

インドに来たくせに辛いものが一切食べられないわたしは、いちばん甘いバターチキンカレーを一緒の寮で生活しているインターン大学生のトモくんとシェア。

chikencarry

本場のカレーが美味しすぎてびびってしまった!カレーだけどデザートみたいに深い甘みがあって、絶妙なスパイス加減なのに辛くない!

でも見た目以上にボリュームがすごくって、二人ともけっこう大食いなはずだけど食べきれなかった〜!しかもこのレストラン、この辺りではけっこう高めで、2人でRs.700(約1300円)。お金あんまり使えないのに贅沢しちゃったよ〜( ノД`)

ランチの帰りは、お腹壊さないから大丈夫とお墨付きの道端にあるチャイ屋さんへ寄り道した。

streetchai

なんとチャイ一杯がRs.6(約11円)
そうそう!こうゆう値段を求めてたの!!!ランチに1000円以上使ってる場合じゃないよ〜(汗)

ジンジャーベースのホットチャイ。屋台を見ると衛生面がとても不安だけど、基本火を通したものは食べて大丈夫だそうです。

それにしてもこのチャイとても美味しい。なんだか落ち着くし幸せな気分になる。

makechai

そんなチャイをほっこり道端で飲んでると、一人の大きいインド人と目があった彼もチャイを飲みに来ていたお客さん。

happy-indianuncle

インドでいちばん高くて安全なツアー会社で、ドライバーをしているんだって。

チャイ美味しいね〜!」からはじまって、インドの話になって、ポジティブマインドの話をしてくれた。

どの国もそうだと思うけど、人口には富裕層・中間層・貧困層という階級がある。貧困層については犯罪が多いこと以外に多くを語らなかった彼だが、いちばん幸せを感じている人が多いのは中間層だと言う。

「富裕層は、たくさんの情報を集めて毎日いろんなことを考えて仕事をして忙しい生活を送っているが、幸せとはそうゆうことじゃない

「身近な家族と生活だけを大切にするために中間層がベストなんだ!自分が今居るこの場所に必要のない物や情報をわざわざ得ることはないんだよ!」って。

彼の言ってくれたことをこうやって文章に起こしてみると日本人的に突っ込みたくなる部分もあるよ。だけど、とっても陽気に、幸せとユーモアいっぱい!で明るく話してくれる彼に、わたしは「その考え方大好き!」と本気の言葉で返した。

こんな幸せオーラがもっと伝染すればいいな。幸せは伝染しやすいはずだもん。だって、わたし彼の幸せうつったもん。

彼は「もう一杯飲みなよ!」っと、2杯目のチャイをわたしとトモくんにご馳走してくれた。

インドにきて2日目、出会ったばかりのインド人がチャイをご馳走してくれた。

わたしが想像していた最悪なイメージだったインドが、こうして出逢う人々のせいでどんどん違ったものになっていく。

それでいい。それがいい。このままどんどんどんどんインドを好きになりたい。

最後に彼は、ヨガをしたいとゆうわたしのリクエストを聞いて、寮の近くでヨガができる場所を探して連絡してくれるとゆう。

わたしは携帯が使えないので、現地携帯をもっているトモくんがかわりに彼と番号を交換しあってくれた。そして、この英会話のやりとりもほぼトモくんが訳してくれた(笑)ありがとう!

あはははは〜。インターン中の大学生たちに頼りっぱなしで不甲斐なさすぎるよ〜わたし。成長したい。

meetnicepeople

(つづく)

こちらの記事もどうぞ
スポンサーリンク
旅ブログも更新中♪(アメリカ横断記)