itsukushimi-no-kokoro

めっちゃいきなりなんですけど、私、めっちゃ狭いんです。

なにがって?

対・人間の許容範囲がです。

日本にいるときも、海外にいる今も、人間との関わりの難しさを頻繁に感じています。

周囲の声を聞くだけでイライラしてしまい誰とも喋りたくない時もあるし、誰かといると笑えないどころか涙をこぼしてしまうくらい孤独な時期もありました。

苦手な人をすぐ「嫌い」と判断してしまいそうになることだって何回もあります。

そんな時、あからさまに態度に出してしまう自分のカッコ悪さを振り返って、何度恥ずかしい思いをしたかはもう数え切れません。

自分では、かなりの人見知りだと思っていますが、私の周りにいる人間は、わたしのことを「絶対、人見知りじゃないよ」と言います。

だから平均的に見ると、人間関係の経験はたくさん積んでる方なのかもしれません。

経験して、考えて、振り返って、悩んで、落ちて。。。

落ちて、悩んで、抱えきれなくなって、相談して。

今日は、私がアジアを放浪しながら経験して私なりに構築した、人間関係のルールを深堀してみます。

スポンサーリンク

自分の意志を常にしっかりと持ち、曖昧にならない

自分の意思が特にない&自分の意見が言えない人を見ていても、

または自分がそれと同じ状態のときに客観的に振り返っても、

いつも曖昧で意思がない人間には、それに似た曖昧な人間関係しか付いてこないと思います。

だからと言って相手になんでもかんでも言いたい放題言うのではなくて、自分の意見を伝えるときは、声のトーンや表情・言葉使い・少し笑いを入れながら話すなどして、相手に不快を与えない努力は必要です。

喧嘩を売ってるような口調や、相手をただ批判するような口調にならないように。

スポンサーリンク

それで育めない人間関係は削除していいと思う

地球に生きている人間全員と友達になれれば、どんなに幸せで楽しいんだろう!

なんてゆうのは夢物語だと思っています。

どんなに人間力が高い人でも、相手に同じレベルの人間力がないと友人になることは無理なんです。

逆のパターンも多いですね。

相手がどんなに素晴らしい人でも、自分の人間力のなさから近づけないこともあります。

でも、そんなときは後輩や弟子として関係を維持することはできますね。

私はよく「教えてください!もっと教えてください!」と真剣に熱意を送ったりします。

先にも書きましたが、曖昧な人間のままでは一時的な友人関係しか生まれない

目標があって、やらなきゃいけないことがちゃんとあるのに、一時的な機会や感情に邪魔をされて自分の本音を偽ったり、無理してあわせることを一切辞めた方がいいと思いました。

スポンサーリンク

人を判断する時は無期限で、相手に何も期待しない

よくあることなんですが、めっちゃ嫌いだと思っていた人が、なんかの拍子に好き...にはなれなくても、「案外いい奴じゃん」と思えることが多々ありました。

そこでこんな答えを自分で出しました。

人を判断するのは無期限だと。

これ、めっちゃくちゃしんどいです。心壊れそうになるし、めっちゃ腹立つこと多い。

まじで、めっちゃすぅぅぅっぅぅぅぅぅぅんごいストレス溜まります。

でもそれは、相手に絶対なにかを期待をしているから。

期待してないと思ってても絶対どこかで大なり小なり期待してるんですよ。

だから、予想していた(期待していた)レスポンスが帰ってこないとイライライライラしちゃうんですよね。

イライラしちゃうのに、さらに無期限ってどういうこと?!って思いますよね。

これは私の性格から出した考えなのですが、嫌いな相手に対して、

「性格悪いやつだなぁ」
「変な奴だなぁ」
「もっとマシな言い方ないんかよ」
「うわ、こいつほんま最悪やな...」

など、ネガティブなことも一時的に自分の心の中でだけなら、全然思っていいとおもう。

だけどそのネガティブな感情を絶対、口から出しては駄目です!!!←経験済み

口から出すことによって、めちゃくちゃ現実になって状況は悪化していく一方です。

「この人のこと今からもっと嫌いにっていきますよ〜!」って宣言してるのと同じだからです。

口は災いの元って本当ですよ。←経験済み

私は、どんな人にでも無償の愛で接することができる神様みたいな人間じゃないし、そんな人間には絶対なれません。

だから、相手に対して「絶対期待しない!」という心も常に持つことはできないと悟った。

だから、マインドを変えて「判断は無期限」とゆう方法を使うことにした。

↓こんな感じのステップです。

  1. 嫌な奴に出会ってしまう。もしくは、嫌なことや傷つくことをされた。
  2. 自分の心の中だけで「こいつまじうざい!なんやねん!めっちゃ腹立つー!きー!!!」と思う。
  3. イライライラ・・・誰かに愚痴りたい。外に吐き出したい。でも我慢。ひたすら我慢。
  4. あ〜〜ストレス溜まるなぁ。
  5. この人苦手だったけど、ちょっと観察してみよう。ひたすら観察してやろう。
  6. あーやっぱり嫌いや、むかつく。(ここも絶対自分の心の中だけで対処するよう耐える
  7. 自分から嫌な奴に関わることをなるべく避けて、できるだけその人から離れてみる。
  8. 嫌だけどバッタリ再会してもうた。
  9. あれ?今日なんかおとなしいな。いつもと違う。なんか優しい。会話も前と違って普通にキャッチボールできてるし。

ここまで来たら大成功!!!

口から愚痴を出さなかった自分をめちゃくちゃ褒めてあげましょう!!!

さらに「あいつもあの時はしんどかったんだな〜。わたしと一緒やなぁ」なんて思えたら最高だと思います。

これは、慈しみの心を持つとゆう方法です。

人間誰もが自分に関わる時、いつも万全の状態じゃないということを念頭に置き、

もしかしたら私と接したそのときに、人生でめっちゃ辛いことがあって、周りの事なんか考えられなかったのかもしれない

と相手に慈しみの心を持つんです。

一度やってみて!結構おおらかになれるから(^^)

まだまだ色々書きたいのですが、もう夜中3時です(汗)

明日はテストなので勉強します!また後ほど〜!!!

(つづく)

こちらの記事もどうぞ
スポンサーリンク
【NEW】感動のアメリカ横断記