bellagio-watershow

感動のシルクドゥソレイユ・オーを見終わったあと、のりさんとゆう日本人の方と、ベラージオの噴水前で待ち合わせしていたので、現地へ向かった。

nightview-lasvegas

どんな人だろうと少しだけ緊張しながらベガスの夜を歩く。

オレンジのジャケット着てるからすぐわかると思う!」と言われてオレンジを探すが、、、

nightview-lasvegas

いたー!本当に目立つオレンジだった!笑)

nightview-lasvegas

なんだか、丸山ゴンザレスにしか見えないけど、大企業でバリバリ働いてる超気さくで知的で優しい男性でした。変な人じゃなくて良かった!賢い人で嬉しいぞ!

1年に1回、ラスベガスのために長く休暇をとるほど、のりさんはラスベガスが大好きなんだそう!だから、ラスベガスのことは鬼詳しい!笑)

ベガスにある有名なホテルはほぼ制覇してるし、どこのホテルが系列だとか、無料で泊まり歩く裏技だとか、会員グレード上がるとリムジンに乗れるだとか、もうラスベガス大使になってブログでも書けばいいのに!

英語も流暢でペラペラだし。時頭が賢いっていいなぁ(・∀・)

ちなみに、私が行きたくてたまらないデスバレーに一緒にレンタカーをシェアして行ってくれる人が、のりさんです!地球の歩き方掲示板で募集したら、食いついてきた人ね!笑

こうして無事に会うことができたので、とりあえず、、、

目の前にあるベラージオの噴水ショーを楽しみましょう!

bellagio-watershow

んま〜♡噴水前でイチャイチャするカップルの多いのなんの!もう「ぶっちゅ〜♡」って周り見えてないカップル達で溢れてるよ!世界で一番幸せだろ、お前ら!いいよ!大好きだよ!やっちゃえお前ら!見てたらこっちまでニヤニヤしてまうわ♡なんか、ありがとうやわ!

いや〜!でもここまで水の高さに迫力があると見入っちゃうね!

bellagio-watershow

ラスベガスに何回も来たい!って思う人の気持ちも理解できるよ。だって、この世にあるエンターテイメントの極みだもん!

さぁ!次は、のりさんが選んでくれた豪華なディナーへ!

噴水ショーを見ながら食べられるテラスがあるレストランに行きたいんだけど、一人じゃ行きにくかったからそこ行こうよ!

って誘ってもらった素敵なレストランの名前を全然覚えてないけど、こんなお洒落なアートが玄関にありました!

nightview-lasvegas

場所は、ベラージオの道路渡って目の前だけど、木が邪魔で噴水は隙間からしか見れなかった!爆)のりさん、残念だったね(笑)

だけど、噴水ショーが見れなくても、街並みだけでも凄いのがラスベガスという場所だ。レストランの周りの景色は普通にこんな感じ。

nightview-lasvegas
nightview-lasvegas

レストランでご飯を頂きながら、のりさんと初対面なりに色んな話を交わし、このアメリカ横断旅はじまって以来、初めてこんな素敵なレストランで、ステーキやシーフードやサラダなどの豪華なディナーを今食べてることに感動(うるうる)

前にも書いたけど、食の部分ではあまり節約してないとはいえ、ここまで豪華で美味しいディナーを選ぶことはなかったから、もう感激で。しかものりさん、あっさりと全部御馳走してくれた!Σ(゚Д゚)

もう、目の前のご飯に食らいつきすぎて、料理の写真一枚も撮ってないからね!爆笑)食べるのに夢中で、撮り忘れた。ブロガー失格だよね!以後気をつける!

レストランで頂いたのはそれだけじゃなく、見てこれ。

お久しぶりにお目にかかる、シャンパンとゆうものでございます

nightview-lasvegas
ベガスの街にマッチしすぎ

シルクドゥソレイユを見て、つねに大満足なのに、さらに豪華ディナーにシャンパンまでのりさんにご馳走になってしまった私は、わかりやすいぐらい極楽ホロ酔いになりました。

話も笑いも弾む♪弾む♪

それでいて、のりさんが知的で話上手!今まで関わったことのないジャンルの人だから、人生で初めて聞く話とか盛り沢山で、もう楽しすぎるラスベガスナイト!

でも、私達のベガスナイトはここからさらに始まった。

nightview-lasvegas

レストランを出た後、「遊びに行こー!」ってことになって、ベガスの夜街をとことん散策!

そういや私、エッフェル塔にも登っておいでって拓也さんに言われてたんだ!!!」と酔っぱらって冴えた頭で思い出し、のりさんも「エッフェル塔にはまだ行ったことない!」みたいだったので、もうこりゃ行くっきゃない!

ってことで、エッフェル塔へ!!!

nightview-lasvegas

みんな知ってる?

エッフェル塔から見る夜景は、ベガスの数ある夜景スポットの中でも五本指に入る!

ラスベガスの隅から隅までを一望できる大夜景を、次回見せるね!

(つづく)

こちらの記事もどうぞ
スポンサーリンク
旅ブログも更新中♪(アメリカ横断記)