leo-lookup
若かりし頃のレオ様

今日は、家族のことを書きます。

なぜ今、私は一人でレオを介護しているのか。小学生のとき、家族と一緒に飼い始めた子です。もともと私一人で育ててきたわけではありません。

結論からゆうと、母が急に私とレオの前から去って行きました。急だったので理由はわかりません。何も話してくれませんでした。ちょっと不安定な性格をした母だったので、こういった事はこれまでも何度かあったとはいえ、

私も仕事に行かないと行けない手前、一人で老犬介護するというのは、かなり厳しい状況です。

「レオは金かかりすぎや!!」ってよく言ってたけど、レオにかかる費用は全部私が出してたから、それは私がいうセリフなんだけどな、とか思いつつ。いまだにいなくなった理由は不明です。

ここには全てを書けないけど、相談もせずに急にこんな状況になった私はとりあえず泣くことしかできなくって、、、だけど同時にレオを抱きしめ、「安心していいよ。私がちゃんと最後まで面倒みるからね」と言える自分にもなりました。

それからもフルタイムの仕事は続けましたが、約12時間ものあいだ、自力で水も飲めず、歩けないレオを一人でお留守番させることに限界を感じました。

暴れまくってできる床ずれ、不安からくる体調不良、喉が切れそうなほど吠えた後の声、入退院の繰り返し。2泊3日の入院で6万円の病院代がかかったり。ペットシッターに観てもらうのも1時間安くても2700円。

生活費のこともレオの通院費のこともあるし、働くことを辞めるなんてありえないとも思った。だけど、働いても、この悪いサイクルにお金を払うくらいなら、私が仕事を辞めて、最低限の生活をすればいいんだ。ちゃんとは計算してないけど、レオの面倒を見られるなら、仕事をしている方が赤字だと思いました。

そして、先月末でお仕事を辞めて現在はレオちゃんの介護に専念しています。

仕事を辞めようか悩んでいたときに、この一部始終のことを友人に相談しましたが、「レオを言い訳にして、仕事を辞めようとしてるように思えるけど」と言われたことが、いまだにすっごく引っかかっています。

そのときいっきに色々な事がありすぎて、私も自分の中で何も整理せずに相談したけど、相談したことを心の底から間違ったとおもいました。

はっきり言いますが、老犬の介護は並大抵じゃできないとおもいます。仕事に行っている方が楽です。断言できます。

また、続きは次回にでも書きたいなっておもいます。


»愛旅のインスタグラム
リアルタイム更新中です。フォローしてください☺️


»愛旅チャンネル
Youtuberにコメントばっかり送ってる母に届けるために、愛旅もVLOGをはじめることにしました。是非チャンネル登録してくださいっ!