「探さなくていい。そのままでいい。」

「探さなくていい。そのままでいい。」

新しい年を迎えた翌日のこと。

 

皆んなでランチを食べたあと、目の前で無邪気に遊ぶ美しい兄妹があまりにも絵になりすぎていて、その神秘的とも言える光景を見つめながら、軽く、そして優しく、、、色んな想いを巡らせていた。

 

お父さんの影響でお医者さんを目指しているサトシ。

海外に出て人の役に立つ仕事がしたいというナツ。

そしてこの美しい人間をこの世界に造ったケイコさん。

 

 

微笑ましい気持ち。

本当に美しいものを見ると自分も心が洗われるあの健やかな気持ち。

その気持ちの最上に到達したとき、人はきっと「自分」の中にその気持ちをどう取り込むのかというところで心がつまづく気がした。

 

 

 

「愛ちゃんの夢はなに?」

 

目の前でナチュラルに動く2人を見ながら感じた、ありのままの気持ちをケイコさんに伝えたあとにケイコさんから返ってきた突然の質問だった。

 

メキシコシティにある日本メキシコ学院という学校の幼稚舎で日本語の先生をしているケイコさんとの会話は、いつも日本語だ。

 

英語よりも日本語のほうが堪能だけど、それはもちろんネイティブの領域ではない。

 

日本語が世界ではどれだけ難しい言葉なのか、海外に出ると本当によくわかる。

 

それでも私はケイコさんには伝えたかったから、標準語のゆったりと感覚をあけた日本語で自分の想いをまっすぐケイコさんに伝える。

 

「わたしはとくに昔っから取り柄もないしバカだし、高校卒業してから短大も辞めてすぐに働きはじめた。

旅しながら何がしたいのかここ数年探したりもしてるけど、旅してると本当にすごすぎる経歴や経験を持った人ばかりに出逢ってそのたびコンプレックスを感じちゃう自分も正直います。

わたしも何か本当にやりたいことを見つけて没頭したいけど見つからない…」

 

本当は全てのこのネガティブな言葉に対して、「でもね、、、」と付け足したしたい気持ちだった。

毎日の旅の中で経験して学んだ「ありのままの自分でいて、好きなことを追いかける人生でいい」というところには辿り着いていること。

でも、そこまで悟ったその感情を常に強く持ち続けて、年齢も社会もお金も恥も…なにも気にせず度肝を抜くくらい突っ走っていく強さがなくって、中途半端な甘えた旅人の自分なんです、、、というところまで。

ネイティヴ同士の日本語なら1回の会話のターンでここまで説明してるけど、ケイコさんが混乱するんじゃないかと先の言葉までで止めた自分。

 

 

でも、次の瞬間。

 

 

ケイコさんからもらった言葉に、私の涙腺は歯止めがきかなかった。。。

 

 

「探さなくていいよ。愛ちゃんはそのままでいい。すごくシンプルだから。

シンプルってすごく良いことだよ。だってメキシコでメキシカンの私たちと一緒にいても『あれが必要これが必要』って言わずにコミュニケーションとって楽めるでしょ。

だから無理に外に探しに行かなくてもいいの。実はもう自分の中にあったりすると思う。

だから今まで辿ってきた道の中から自分のできることをやったらいいよ。」

 

 

途切れ途切れの日本語の単語を繋いでは、一生懸命な文章をつくって伝えてくれたケイコさんのまさかの言葉。

ケイコさんは、なぜなのかいつも困ったような心配したような控えめな表情で会話をする。

私みたいにバカ笑いもしない。

自分の弱さを決して言わないけど、何回も何時間も会話した中から過去にきっとなにか大きな傷を得たんだろうなっていうのは私なりに感じる。

 

 

そんな背景を乗り越えた今のケイコさんの表情、この空気、この優しすぎる声のトーン、すべてが心に染みてもう泣かずにはいられなかった。

 

 

ナツが来て、泣いてる私に「大丈夫よ。わたしもうあなたのこと好きよ」とサッパリした言葉で冗談っぽくいう。

まだ大学生のナツにまるで大先輩かのような言葉をかけられて思わず笑ってしまう。

 

 

 

 

今はもう真っ白なキャンパスに描けるかもしれないぐらい明瞭に、いくつかのやりたいこと、欲しいもの、未来像が湧き出てくる瞬間にも出逢ってる。

 

このブログもそのうちの1つ。

 

真っ白の状態から始まって、ここまで自分のペースだけどなんとか深く描き込めてきた。

 

これからもいっぱい描くし、足すし、創り出すし、ときには探しまくるのかもしれない。

 

自分らしく生きている自分の生き様が誰かの役に立てるような、誰かの今日1日のちょっとした話し相手になれれば、そんな幸福なことはないと願いながら。

 

 

 

アメリカから旅がはじまってもうすぐ2ヶ月。

 

たった2ヶ月だけど、わたしは本当にたくさんのたっくさんの人に出逢えていろんな人間の形、愛の形をみてきたけど、ここメキシコほど無償の愛に溢れている場所ははじめてだ。

 

長年日本で形成された自分の荒んだ心や考えが恥ずかしくなってどんなけ落ちたりもしたか。

 

そして、それらは最終的に本当にわたしの凝り固まっていた性格や考えを救ってくれた。

 

そしてわたしが本当に本当にやりたいこと、それはきっと自分一人ではできないご縁なものだから。

 

もう日頃の行いをよくしてポジティブに信じて生きるしかないと思ってる。

 

そんな気がするよ。

 

へっくしゅんっ!

 

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […] 前回の記事にも少し書いたけど、ケイコさんはここの学校の幼稚舎で日本語の先生をしている。 […]

コメントを残す