ばいばい。大好きなお姉ちゃん。

ばいばい。大好きなお姉ちゃん。

今回のこのお姉ちゃんとのすれ違いで、私はかなり深くまで降りれた気がした。

人間は、寂しさから怒りを生み、怒りから寂しさを生む生き物だ。

メキシコでの滞在すべてを通して、そう気付かされた。

 

 

人間関係って、繊細なアートと少し似ているところがあって、

力まかせに作ろうとしても何も生まれないし、

浅い部分の気持ちだけで作ろうとしても良いものは決っしてできない。

 

 

ひたすら時間をかけて向き合う。

途中でもし行き詰まったら休憩をとりながら、心の深いところを丁寧に丁寧に下がっていきながら、

優しく、優しく、作り上げていく。そんな気がした。

 





 

11時間の夜行バスの中で、お姉ちゃんとどうやって仲直りしようか考えた。

今回のヒリトラの旅を通して、自然と心の中に生まれてしまったものを正直に伝える事が大切だと感じたから、心の中にあるものをできる限り文字にした。

お陰で、バスの中ではあまり寝れなかった。

でも、イヤホンで音楽を聴き、窓越しに流れていく景色を見ながらただ座っている一人移動の時間は、心と頭を整理するのに”一番集中できる最高の時間”だということにも気がついた。

 

 

早朝に家に帰ってきた私。

お姉ちゃんのアパートに入る鍵は預かっているので、締め出しになることもなかった。

メキシコでお姉ちゃんのところに滞在しているあいだ、屋上に別途借りている倉庫部屋を自由に使わせてもらってたので、いつも通りそこで仮眠をとった。

お姉ちゃん達が帰ってくるのは、きっと夜遅いだろうからまだ時間はあると、ウトウトしながらベッドに入ったらすぐに寝てしまった。

体は正直だね、やっぱ疲れてたんだと思う。

 

 

夜。ガチャガチャと鍵が開く音が聞こえ、すぐにベッドから体を起こした。

と同時にドアは開き、お姉ちゃんはすごい勢いで私にこう怒鳴った。

「出て行って!ここはホテルじゃない!明日の朝までに荷物全部まとめて出て行って!」

(ガチャン!!!)

 

 

少しベッドで何も考えられなくって体が動かなかった。

こんなつもりじゃなかった。

バスの中で考えたお姉ちゃんとの仲直りのイメージは、、、こんなんじゃなかった。

ちゃんとお姉ちゃんが帰ってくるタイミングで待ち伏せをして、あれで、これで、、、

こうして、、、、、

 

 

涙。。。泣。。。。。。。。。号泣。。。。。。。。。。

 

 

わたしは本当に泣き虫だ。

泣きたくないけど、目から出てくる、いっぱい。

ボトボトボトボト出てきて、胸のあたりがぎゅっと痛いのをこらえながら荷造りと掃除をはじめた。

「今すぐ出て行け」とは言わず、「明日の朝まで」と言った。

こんな状況でもまだ、お姉ちゃんの優しさがあることに気付いた。

治安は決してよくないと言われているからだろうか。

でももう今だ。

ここに1秒でも長くいれば、余計に涙が出てきてしんどくなるかもしれないと思って、すぐに出て行こうと思った。

それが正しいのかは全然わからないけど、体はそっちの方に重く動いた。

 

 

恐れながらトントンとノックをしたあと、お姉ちゃんが住んでいるメインのアパートに入らせてもらい、

ソファでテレビを見ているお姉ちゃんを横に、お風呂場に置かせてもらってたものを取りに行った。

容量が悪く、何度か行き来する私の横で、お姉ちゃんがテレビをOFFにしたので、空気が変わった。

 

 

それは、2人の間に今から新しいナニカを創り出せるような、そんな”余白”をくれたことを私なりに感じた。

 

 

「(ヒリトラ)旅行のお金はいくらですか…」

 

 

「そんなのいらないわ」

 

 

私は、今持ってるだけのメキシコペソを全部テーブルの上に置いて、そのまま崩れるように床に座り込んだ。

お姉ちゃんは私がテーブルに置いたものに見向きもしなかった。

私の涙は止まるどころか余計ブワブワ溢れてきて、もう止めようがなかった。

こんな形でお別れしなきゃいけないの?

ただそれだけが悲しくて、何も言えずただ泣くだけの私に、さきに言葉をくれたのはお姉ちゃんだった。

 

 

「なんで泣くの? わたし、すごく感謝してる、あなたに逢えたこと。すごく楽しくって色んなことを学んだわ」

 

 

お姉ちゃんはマリファナのことも語り始めた。

わたしはただ下を向きながらそれを全部聞いて、お姉ちゃんが話し終えたあとに自分の気持ちを精一杯で伝えた。

英語が足りないかもしれないところは伝わってるか、いちいち確認しながら、

なぜヒリトラから一人で帰って来たのか。

あのときどんな気持ちだったのか。

そして今どうおもってるのか。

なんで今こんなに泣いてるのか。

そして最後に、ただただ感謝と、お姉ちゃんが大好きだから嫌われたくないとゆうことだけはハッキリと伝えた。

 

 

「なぜあなたのことを嫌いにならなきゃいけないの? 私たちは、お互い限界のある英語のコミュニケーションの中で過ごしてきた。きっと、お互いの繊細な思いや、気付かぬうちに溜まったフラストレーションをぶつける術がわからなかったのよ」

 

 

今回のヒリトラ以外で、お姉ちゃんに対してそんなものを感じたことは一度もなかった。

でも、優しすぎるお姉ちゃんは、もしかしたら、どこかで感じていたのかもしれない。

 

 

『今まで同じ本の同じページを過ごしてきたけど、もうお互い違うページに進むときがきた』

ジョシュが言っていた言葉を思い出す。

本当にその通りだね。そう感じる。

お姉ちゃんとはなんだかんだもう1ヶ月、ほぼ毎日一緒にいる。

どんなに心の広いお姉ちゃんでも、そろそろこんな私と一緒にいるのは限界だろう。

お姉ちゃんの優しさに甘えるだけで何もかも順調だと思い込み、次の場所へ行けると思ってたわたしの傲慢な考えも、

マリファナを知らないわたしも、孤独を感じやすいわたしも、

もうなにがなんだかよくわからんけど、、、

 

 

 

 

時が来たのは確か。

 

 

 

 

この大好きになったメキシコぜんぶに、さよならしなきゃ。

 

 

 



 

 

 

大好きな大好きな、、、、

 

 

 

 

 

 

こんなにもメキシコを大好きにしてくれた、、、

 

 

 

 

 

 

わたしの、大好きな大好きな人。

 

 

 

 

 

「これからどうするの?」

 

「なにも決まってないから、とりあえずどこか泊まれるところ探す」

 

「ここにいていいよ」

 

「うううん、行かなきゃ。もう行かなきゃいけないって気付いたの」

 

「… 居心地悪いのはわかるけど、本当にいていいから…」

 

お姉ちゃんは下を向いていったん無言になり、また口を開いてそう言ってくれた。

 

「ありがとう」(笑顔…グシャグシャ…ポロ…涙)

 

その後、お姉ちゃんは、富豪の庭園ラスポサスで見つけたという曼荼羅の針金アートを見せてくれた。

 

「触ってみて」

 

 

 

幾様にも変化するその繊細な針金アートは、

どんな形に変わっても決して壊れることなく、全てが新しい発見で、どの形に留まっても美しいと思える素晴らしいアートだった。

 

 

「この針金アート、他の友達も買ったの?」

「うううん、私だけよ」

 

 

旅先で、こんな美しいアートを見つけ、それを”美しい” “素晴らしい” と気付いたお姉ちゃんの感性がやっぱり好きだと思って嬉しくなり、私はそれをそのまま伝えた。

お姉ちゃんは優しく笑っていた。

 

 

そして「シャワーするわ」と言って立ち上がり、そのままわたしを強く長く抱き締めてくれた。

「あなたは十分よ。もっと良くなるわ」

この言葉を何度か繰り返し言ったあと、私の頭にキスをしてくれた。

私はまたホロっと泣いたけど、痛くない涙だった。

 





 

私がメキシコを出国したのは、それから3日目の朝だった。

このまま南米に下って行こうと思っていた私は、コスタリカかコロンビアどっちに行こうかと迷っていたにも関わらず、最終的にそれとは全く違う決断をした。

そして、次の行き先の航空券を買ったあと、真っ先にそれをお姉ちゃんに伝えると、

「なんで? 南米には行かないの?! でもとても素敵な選択だわ、素晴らしい場所よ。一緒に行きたいぐらい」と喜んでくれた。

 

 

メキシコを出発するまでの3日間は、お姉ちゃんとシティをゆっくり散歩してゆっくり会話をした。

あと、お姉ちゃんの親友でもあり、私の大切な友達でもあるラウラが、母校のメキシコ国立自治大学の産業デザイン学科を見せてくれたりもした。

キャンパス内が世界遺産にも登録されているほど、由緒あるこの大学の雰囲気に圧倒された。

学費を払わなくても誰でも無料で授業に参加できるというフリーダム感。(でも入学するのは本当に難しいらしい)

なんと太古から残っているという溶岩をそのまま使用し校舎にしたという。その強度は、地震がきても絶対崩れないのだとか。

最後の最後の瞬間まで、こんなに素敵な場所に連れてきてもらえて、もう本当に感無量だ。

 

最終日の夕方前頃かな。

一緒に散歩していたお姉ちゃんが少し離れた瞬間に、こっそり近くにあった教会の中へ入った。

中には、片手で数えれるぐらいの人だけが座っていて、ここなら落ち着いて、自分の全てでできると思った。

 

メキシコにこんなにも素敵なご縁をくれたことへの感謝をーーー。

 

クリスチャンでもカトリックでもなんでもないんだけどね(笑)

 

翌朝、私が家を出るときには、お姉ちゃんは起きてこなかった。

朝方タイプじゃないから、それでいいの。ゆっくり寝ててほしい。

でも、ずっと預かっていた家の鍵だけ前夜にどうしようかと聞くと、

 

「持って行きなさい」って。

 

 

最後の最後まで、私の大好きなお姉ちゃんは、大好きな大好きなお姉ちゃんだった。

お姉ちゃんがどれだけ好きか、隠さずに、照れずに伝えて良かったこと。

好きを伝えるのに照れなんていらないこと。

時に困難があっても逃げずに向き合おうとすること。

相手がもし向き合ってくれる人なら、それはきっと素晴らしい関係になることも。

お姉ちゃんが全てをもって私に教えてくれた。

教わったこの生き方をずっと忘れたくない。

 

 

 

メキシコを出国する搭乗ゲートで座って待っているとき、スタバのドリンクを持った女性が目の前に座った。

そのドリンクに書かれている名前を見て、私はプププと暖かくなって、この写真をお姉ちゃんにメールした。

アイデ(Aide)と書かれている。

 

お姉ちゃんの本名は、HAYDEと書いてアイデと発音する。

AI(愛)と、HAYDE(アイデ)、コンバインしちゃったね(笑)

 

 

お姉ちゃんに会えなくて寂しいと思った事は離れてから今まで一度もない。

ずっと繋がっていると安心できるものがいつもあるから。

 

 

これで、愛旅メキシコ編、すべて描ききりました。

まだまだ旅は続きます。

↓みなさんの応援クリックが旅のエネルギーになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 他人の文化を批判する習性、よろしくないですね。日本人は皆こういう人だと、思われたくないです。旅をしているのは個人とはいえ、自分の国の国民性を一部表しているとも言えるので、今後は広い心をもって世界と接っして頂きたいです。。。。。

    • もぐらさん
      初めまして!愛です!お忙しい中ここまで読んでいただき、さらにコメントまでありがとうございます〜!私の文章の書き方に力と心が足りなくて、もぐらさんに「他人の文化を批判している」と思わせてしまったことが残念でなりません。誓っていいますが、私はここで紹介した大好きなお姉ちゃん、お姉ちゃんの周りの友人、メキシコという国と文化、マリファナを否定したことは再度誓って一度もありません。お姉ちゃんのことも、メキシコも私は胸が焼けるほどに大好きです。私はマリファナを吸ったことがないので吸っている人たちがどんな景色を見ているのか理解できなかった(吸ってまで理解しようとは思わなかった)ということです。「理解できなかった=批判」ではないと自分の中では思っています。私のブログは私の好き放題に心の中に湧いたものを文字にしているものです。読者さんが愛旅を見て何を感じられるかはそれぞれ違うし、過去にもこういう厳しいコメントを頂いたことはあります(https://love-aitabi.com/india/agra/2269)が、こういった厳しいコメントを正直に残してくださるぐらいなので、もぐらさんも深く心を掘り下げられる方じゃないのかなっと私は思っています。女ひとりで旅をしていると、出逢った全てを受け入れるということが=危険を呼び込む可能性だってあるということも常に意識しなければなりません。時には批判ではなく「否」と判断して前に進む決断だってしなければなりません。でも確かに私は全然広い心を持った人間ではありません。だからそれに対してはこのコメントでグサってきました。だけど、そんなに簡単に他人を批判するような人間でもありません。他人への批判=自分への批判だということを悟っているからです。今後どう行った旅になるかは自分でも未知です。いったんこれまでの心の蓄積をゼロにする必要があるとは漠然と思っていますが。もぐらさんに頂いたアドバイスは心に染み込ませながら、自分のスタイルで旅は続けます。誰かのために、誰かの賞賛のために旅をしたり、良い子目線だけの記事は書きません。とにかく愛旅を何かのご縁で知って頂きここまで読んでくださりありがとうございます。

コメントを残す