「あなた、マリファナ知らないじゃない」

「あなた、マリファナ知らないじゃない」

その夜は、森の中のロッジで宿泊することになった。

宿の周りにはフロント代わりの小さな売店と、月明かりがあるだけだった。

4人はロッジ前の小さなスペースに椅子を並べて、

今夜もマリファナを吸いながら、私にはわからない言葉で会話を楽しんでいた。

ヘビースモーカーな家族の元で育った私は、物心ついた頃から今も現役で、「煙」というものが大嫌いだ。

反面教師に育ったお陰で、生まれて一度もタバコを吸ったことはないし、そんな私が、マリファナを吸いたいと思うはずもない。

 

 

「マリファナはオーガニックだよ。医療でも使われる。それに、もしマリファナが医療関係なく世界中で認可されてしまうと、世の中の”才能”のバランスが代わってしまうから、今、トップに君臨してこの世界を牛耳ってる物達の存続を危ぶめる可能性すらあるんだ……」

と、アジアのどこかで出会った人に熱弁されたときも、理屈は理解できたが、マリファナに興味を持つことはなかった。

 

 

私がこれまでの旅先でマリファナを容易く吸える機会はいくらでもあった。

アメリカで泊まらせてもらったお家ではマリファナを庭で栽培している人もいたし、

それを身内だけに売りながら小銭を稼いでいるホストさんもいた。

目の前で「より強いというゼリー状のマリファナ」を作っていたホストさん。許可を得て撮影させてもらった。

 

お姉ちゃんがスモーカーだということは、セドナにいた頃から知っていた。

でも、お姉ちゃんの品のある綺麗なタバコの吸い方は全然嫌いだと思わなかった。

夕食後に家のソファでくつろぎながら吸うマリファナも、食後のコーヒーのようにさえ思えていた。

 

 

でも、ここに来てソレは一変した。

 

 

この旅が始まってからの毎日。

移動中の車の中。

アクティビティの前後。

夕食後。

寝る前、、、、、

お姉ちゃんだけじゃない。

男友達、なつの彼氏、、、

そして、、、

ケイコさんの前では吸えないという、大学生のなつまでもがマリファナを吸っていた。

 

 

なつの彼氏が合流してからの5人旅は、寂しい気持ちになることがほとんどだった。

 

 

私は自分の心が寂しがっている部分にギリギリの蓋をして、その場を楽しもうとしていたことにもう限界が来ていた。

 

 

4人のスローペースな行動に余裕で先回りし、この日の夜ご飯は近くの売店で1人で食べることができた。

言葉の通じないおじいさんが焼いてくれたオムレツを食べながら、

電波がつながらなくて使えない携帯を放置して、おじいさんの言葉を理解しようと試みたり、

190cmはあるだろうスラッと長身の白人さんが困った様子で車から降りてきて、

「君、英語話せる?携帯の電波が入らないんだけど、ここどこかわかる?」と尋ねられたり。

一人になれたお陰で、少し自分の素の心を取り戻した気がした。

 

 

その心のまま、私はまた4人が囲む輪の中へ向かった。

私の座るスペースを作ってくれたので、腰をかけたが、会話は依然としてスペイン語で何を話ているのかわからなかったし、興味を持つこともなかった。

 

 

 

 

「なんでマリファナを吸うの??」

何かのタイミングが私にこの言葉を口に出させた。

 

 

 

 

男友達が答えた。

「もっと人を思いやれるし、美しい景色をもっと美しく感じられるし、もっと熱く大切な人にハグできる」

 

 

 

 

私の頭の中に、この旅の中でお姉ちゃんを度々ハグしていたその男友達の姿が回想された。

けど、そこに「熱さ」は見えなかった。

 

 

 

 

「マリファナの効果がキレたらどうするの?」

わたしは再度こう尋ねた。

 

 

 

 

「また吸うんだよ」

男友達は、あたりさわりのない笑顔で私にそう答えた。

 

 

 

 

一生マリファナなんかに頼るかと思った瞬間だった。

 

 

 

 

わたしはマリファナに頼らなくても、美しい景色をみて涙するぐらい感動することも、

大好きな人を好きで好きでたまらないほど好きになることも、

好きな人に熱いハグをすることもできる!!!!!!

 

 

 

 

「でもわたしは、マリファナを尊重できないわ」

だからわたしは、こう言った。

 

 

 

 

すると、ずっと横で聞いていただけのお姉ちゃんが口を開いた。

 

 

 

 

「あなた、マリファナ知らないじゃない」

 

 

 


 

 

 


あの顔、あの声のトーン。

怒っりきってもいない、呆れきってもいない。

バカにされた気がした。

もう、なにも言い返すことはなかった。

でもそうだね。

もう見えてる世界が4人とは違うから、きっと分かち合えないね。。。

 

 

 

 

翌朝、夜明け前。

私たちは、ゴロンドリーナス洞窟に向かった。

大きな暗い洞窟から、信じられないぐらい大量の鳥達が夜明けと共に一斉に空へ向かう瞬間が見られるという。

 

でもそんなもん、もうどうだって良かった。

洞窟に向かう長い道中と観賞中、ずっとカップル2組を追うだけの時間。

圧巻の景色を前に「熱いハグ」をする2組のカップル。

お姉ちゃんは、一度も私の方を振り返らなかった。

4人の視界から、わたしの姿がハッキリ消えたんだと、私もハッキリ認識できて良かった。

 

 

 

 

今夜、この場所を去ります。

一人で。

↓みなさんの応援クリックが旅のエネルギーになります。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村

コメントを残す