さようなら。お姉ちゃん。

さようなら。お姉ちゃん。

読者のみなさんへお願いです

ブログ村のランキングに参加しながら、頑張ってかいています。 ちょっとでも記事がいいなって思ったり、旅に出たくなった!って思ったら、ぜひ応援のクリックお願いします。
(1日1クリック反映されます)
にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
※バナーが表示されない方は、こちらから投票お願いします。

さて、困った。

今夜4人の前から去ると決めたはいいが、こんな森の奥からどうやって一人で帰ろう。
なつの彼氏が夜行バスに乗ってここまで来たと言っていたので、とりあえずどこか近くの街まで出れば、メキシコシティに戻れる復路バスは探せるはずだ。

でも携帯の電波もつながらないからMAPも使えないし、いつも車で移動していたので方向感覚がわからない。

売店のおじいちゃんにメキシコシティへの戻り方を聞いてみたが、とりあえずこの場所にバスは来ないってことだけなんとなくわかったけど、スペイン語しか話せないので他は聞き出せなかった。

それに、車で移動していたときも街からここまで近くはなかったので、その距離を歩いて行くとなると…(苦)

夜1人で山を歩くなんて考えただけで恐怖。一応女なのです、わたし。怖。

 

 

 

「今夜去る」だなんて勝手な決断しといてダサいけど、この夜はこっそり車の中で朝日が昇るのを待つ事にした。

4人には特に何も告げなかった。どうせ私の存在は眼中にないんだから、何も伝えず去ろうと思った。

男友達に「車で過ごしたいから鍵貸してほしい」とだけ伝え、ロッジで簡単にシャワーを浴び、早朝すぐにここを出発できるよう荷造りをしているとき、お姉ちゃんが1人入ってきて、私にこう話しかけてきた。

「Hey, lady」

もう私の名前すら忘れたのかな?お姉ちゃんが私に対してそんな呼び名を使ったのは、ここまで一緒に過ごしてきて初めてだった。

それは、「大人気ない子」と私に言っている気がした。

私は適当に返事をし、そのまま荷造りをしながらお姉ちゃんが静かに話しかけてくる英語を聞いた。

「私たち4人のスタイルは、ちょっとlazyだってわかってるの。そのせいで、あなたがこの数日ストレスがたまってることにも気付いてるわ」

 

 

 

そんなんじゃないんだよ、お姉ちゃん。

そんなストレスなら、そう感じる前にはっきり言葉に出して伝えてるよ。

私が感じてるのはストレスなんかじゃない、もっと寂しいもの。もっと孤独なもの。

でもその寂しさを超えて、お姉ちゃん側に行けないの、私はマリファナを吸わないから。

マリファナを吸ってまで、そっちに行きたいとは思えないの。

私たちがこの旅の中で目にしたもの・経験したもの・感じたものは、同じものであっても全然違うものなんだよ。

お姉ちゃんの旅の中に、今わたしはいない。

 

 

 

「………今日もマリファナ吸った?だったら話したくない」

私が短くキッパリそう言うと、お姉ちゃんは激しく怒って、吐き捨てるような早口英語で別れを言い、大きな音を響かせて部屋を出て行った。

私は涙が止まらなかったけど、荷造りをやめなかった。

 

 

山奥、車の中で過ごす一夜はとんでもなく長かったし、時々怖かった。できればもう二度としたくない。

この旅初めての雨が夜中じゅう降り続き、たまに誰かに石を投げられているんじゃないかと思えるほど雨音は車体に響いた。

色んなことを考えて、心を整理したかったけど、怖さの方が先に出てきて無理だった。

 

それでも雨がやんで周囲が明るくなったことで、”目が覚めた”ので、いつの間にか寝ちゃったんだ。

時計を見て時間を確認し、まだ朝に変わって間もないことにホッとした。。

私は車の鍵だけそっと部屋の中に返して、静かにその場を去った。

笑けるぐらい大人気ない行動をしている自分のことも自負してるし、勝手にいなくなるという事に後ろめたい気持ちも、もちろんあった。

でもそれ以上の清々しい気持ちがあった。

 

早朝、雨上がりの森は、今まで見た中で一番輝いていたように見えたから。

(つづく)

読者のみなさんへお願いです

ブログ村のランキングに参加しながら、頑張ってかいています。 ちょっとでも記事がいいなって思ったり、旅に出たくなった!って思ったら、ぜひ応援のクリックお願いします。
(1日1クリック反映されます)
にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
※バナーが表示されない方は、こちらから投票お願いします。

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 頑張りましたね この状況下での一人での行動
    わたしがあいさんならたくさん悩み苦しんだと思います。
    書くのも辛かったのではないですか??
    続きの旅も楽しみにしてます!

    • なおちゃん、いつもブログ読んでくれてありがとうございます:D
      はい…当時感じたことを本当に痛いぐらい掘り起こして描いたので、カフェで描いてるんですが、涙ボロボロで周りから「あの子大丈夫か?おかしいわ」ときっと思われていたと思います(笑)でもそれが辛いわけでは全然ありませんでした!メキシコのようなここまで深い経験は稀かもしれませんが、続きも楽しみにしてくださいっ。

コメントを残す