自信家で野生的。彼の名は”ジョシュ”という。

自信家で野生的。彼の名は”ジョシュ”という。

4人がまだ寝るロッジを去り、私は冷静にある場所に向かった。

メキシコシティから遠く離れたこんな山奥までわざわざやってきて、これを見ずにして帰れるわけがない!

忘れてはいませんよ。到着初日に見れなかったあれ、、、

総工費6億円!富豪の奇怪な庭園「ラスポサス」を見なきゃ!

これよこれこれー!これだってば!

私、ここヒリトラに来る前、「ラスポサスに行く」ってことしか聞いてなかったんだってばー!

早速、入り口を進んでいくと…

奇妙な彫刻がお出迎え。ヘビだよね?(・∀・)

庭園内はジャングルの中ということもあり、本当に広くて色んなルートがあり、結構道に迷いながらラスポサスの象徴とも言える、メインのあの建物を急ぎ足で探す。

これね(・∀・)

 

あまりここに長くいたくないのです。お姉ちゃん達も起きたら真っ先にここに来るだろうから。

 

さくっと見て、

さくっとヒリトラを去らなければ。

そんな余裕のない状態でラスポサスを散策していても何か心揺れ動くものを得られるわけもなく、

せっかくの芸術的かつドラマチックな建造物をめのまえにしても、

「ラスポサスにやってきた」という現実から上にも下にも心は動かなかった。

ただカメラのシャッターを切るだけの散策になってしまった…。

ラスポサスさん、エドワードさん、ラスポサスが大好きな方、ごめんなさい。

 

その後、庭園内に朝食が食べれそうなカフェを見つけたので、そこでエネルギー補給も兼ねて、これからのプランをもう一度整理することに。

しかも、充電&Wi-Fiも使わせてもらう事ができたので、オフラインでもちゃんとMAPが見れるようにしているとき…

 

 

 

「Hey!また会ったね!」

 

 

 

ハッと見上げると、長身のメガネをかけた外人さんがこっちに向かってくる。

 

 

 

「やっぱり!君、この前ロッジ近くの売店にいたよね?!」

「……あー!!!! あのときの(外人さん)!?」
※このときです。

 

 

 

彼は躊躇なく、広々と使っている私のテーブル席にドカンっと座り、そこでドリンクと朝食をオーダーし始めた。

オーダーする時に入念に材料の確認をしていたことで、名前よりも先に彼がベジタリアンを超えたヴィーガンだという事を知った。

私がこれまで出逢ったヴィーガンのイメージは、超菜食主義という言葉に似合うぐらい物静かで落ち着いた印象の人しかいなかったけど、彼は全っ然違った。

私たちは、ナチュラルに湧いてきた質問だけを交わし、彼の年齢が私とそこまで変わらない事と、本名がジョシュだということを知った。

「何歳?(・∀・)」

「俺、何歳に見える?」

「Okay、ん〜〜〜〜……(ジー)」

「待って待って!ほら、これでどうだい?」

と、彼は一度下を向きながらかけていたメガネを外し、今度は顎を上にあげて私を上から見下ろすような目線になったかと思えば、正面に戻ってきて、超キメ顔で私の目をもう一度見た。

「あっはははは!!!!何いまの!!!!大爆笑)あなた、超っおもしろいね!!!!!笑)ははは!!!わかった!36歳!」

「!!!なんでなんで!?驚)もうちょっと若く見てくれるかなと思ったんだけど、なんでわかったの?!」

「わかんないけど、36以外合わないと思って!(・∀・)あってた?!」

 

 

 

再会してまだ数分しか経ってないにも関わらず、ジョシュのユーモア溢れた表情や発言は、私を心の底から爆笑させた。

”売店で会った”以外に何も共通点がない私達が、こんなに簡単に打ち解けることができたのは、きっとジョシュのキャラクターのお陰だったと思う。

自信家で、話していても一切物怖じしなくて、物事の判断や他人へのアドバイスにちゃんと自分の意志があり、それでいて野生的(笑)

そんなジョシュはアメリカ人。

サンフランシスコから車で国境を渡り、数日かけてここまであちこち旅してきたという。

意外と近いんだ。どんなルートでここまで来たんだろう。

 

なんでもこのあたりに別荘を建てたいらしく、土地を物色しに来たそうな。

お金持ちなんだろうか。仕事は建築の内装関係だって言ってたけどよくわからない。

「愛は?一人で来たのかい?」

「…うううん、友達と………… 」

「ほんと? 友達は?」

「ちょっと一緒にいれなくなっちゃって…。ちょうど今朝、別れてきた」

「ああ、ケンカ?すぐ仲直りできるでしょ」

「……ジョシュは、マリファナ吸う?」

「大嫌いだね。前に吸ったことはあるけど、あれはひどかった。効き目が切れたあと、すんごい頭痛がしたからそれっきりやめたよ。あんなもんはクズだ」

このとき、自分から今回の経緯を細かく話さなかったが、勘の良いジョシュはなぜ私がここに一人でいるか、わかったような感じだった。

「これからどうするの?友達のとこに戻るの?」

「戻らない。ここ!とりあえずこの街に行けばメキシコシティに帰れるバスが見つかると思うから、ここまで行こうと思ってる」

「なら、ちょうど俺もこれから隣の村まで滝を見に行くから、ついでだし途中まで乗せてってあげるよ。とにかく長距離バスを探せばいいんだろ?ここに来るときに何度かそれらしきバスみたから尾行すればいいよ」

「え!!!マジで?!本当に本当に助かる。今はとにかくこの場所から去りたいし…。ねぇ、もう出発しない!?」

 

 

こうして、ジョシュの小さくて散らかりまくった車の助手席に乗り込み、短い2人旅が始まった。

ジョシュは本当に本当に野生的な人だった。

女が大好きで、サンフランシスコにいるときには彼女は常に2~3人はいたという。

でも皆んな自己中で強気でめんどくさいから、別れようと言ってここまで来たらしいが、今でも連絡が入ってくるらしくウザくてたまらないと;

そんな話を車の中で遠慮なくしてくるかと思えば、いきなり車を停止させてストリートで路上販売している商業者さんの元へ駆けつけ、常に破格だと思われるハンモックや、袋にたっぷり入ったオレンジを値下げ交渉して購入し、ワイルドに車の中に無造作に突っ込んだり。

 

 

「食べれる?(オレンジの皮)剥いてあげようか?」

運転しながらオレンジを食べようとするジョシュを横で見ていて、思わず声をかけたがその心配はなかった。

ハンドルを握りながら器用に皮を剥き、口にバクリと放り込んだあと、不要な部分は窓の外から器用に遠くに飛ばすのだ。

「えっ…外はダメだよ?!ゴミは袋に捨てなよ!」

「あれは自然と肥料に還るから問題ないよ。これがオーガニックだ」

「わかるけど、ここ道路じゃん!」

「ちゃんと木のある部分を狙って飛ばしたさ!あ、このオレンジ硬いから剥いて」

「……笑」

「あ!あれ、愛の友達じゃない?!前から来るぞ!椅子の下に隠れろ!!!」

「え?!嘘でしょ?!どこ?!」

「嘘だよ!あっははははは!真に受けてる!そんなに会いたくないのかい?」

「ほんとにやめて、そうゆうジョーク(T_T)怒」

「おまえは絶対マリファナなんて吸うなよ。お前の脳は汚れてないんだから」

「うん。吸わないよ。絶対吸わない。でもマリファナってオーガニックなんでしょ?体にもいいって。医療でも使われるって。ジョシュはなんで吸ったの?」

「バカか。いいか、マリファナはハーブだけどオーガニックではない。ほとんどが人工的に栽培されたものだ。本当のオーガニックとはそういう事じゃない。俺が吸ったのはただの若いときの好奇心だ、もう二度とごめんだよ、あんなもん。あと、、、」

「マリファナを吸う人間のことを決して信じるなよ」

「…うん、言ってることわかるよ。マリファナを吸った後に、例え好きな人に『愛してる』って言われても、きっと嬉しくもなんともないと思うから…」

 

 

車の中でジョシュと私の会話が途絶えることはなかった。

ジョシュは色んな話を聞かせてくれて、おもしろい知識を与えてくれる人でもあった。

私を強引にベジタリアンにさせようとも説得してきたけど、「肉好きだから無理!(・∀・)」とそこは賛同しなかった(笑)

 

 

”隣の村まで行くついで”と言っていたジョシュだったけど、彼のせいか私のせいか、2人でのドライブが意外にも盛り上がったせいなのか、隣どころか山から完全に脱出し、都会と思える場所まで私を乗せてきてくれた。もちろん携帯の電波も入った。

そしてついに大きな長距離バスターミナルに辿り着き、メキシコシティ行きの夜行バスのチケットを手配した。ここからシティまでは11時間ぐらいで行けるとのことだった。

バスの出発まで時間があったので、ジョシュの宿探しに一緒について行った。

「車での宿泊続きで疲れたから、今日このへんのホテルのベッドで足を広げて寝るよ」

ジョシュの身長と体格とこの野生的な性格で、あの小さな車の中でずっと寝るのは確かにしんどいだろうな(笑)っと思って、なんだか笑えた。

 

 

その後、安レストランで軽く夜ご飯を食べながら、私たちは数時間後のお別れに向けて最後の会話をした。

「メキシコシティに帰らず、このまま俺と一緒に行こうよ」

ジョシュは、はっきりこの言葉をくれた。

もちろん嬉しかったし、何よりもこのヒリトラ旅の最後でジョシュと出逢えて仲良くなれた事が、私にとってどれだけの救いになっているかは、いちいち考えなくてもずっと心のそばにあった。

でも、答えはもちろんノー。

「ありがとう。でも、行けないわ」

「なんで??」

「いや〜、わたしあなたの2~3人いる彼女の1人になりたくないし(@_@)笑」

「そんなもんはもうキレてるよ。愛は何がほしいんだい? 俺と結婚したい? 子供がほしい? 何人ほしい? 家がほしい?」

「あっはははは!あなたほんとにおもしろいね!!!!!爆笑)」

「でもそうじゃなくって、、、」

 

 

 

 

「お姉ちゃんとちゃんと仲直りしたいの」

 

 

 

 

「マリファナを吸う奴らのことか?なんでなんだ?あんなやつらは……」

「あなたが私のためを思ってそう言ってくれてること、わかってる!あなたの意見は本当に本当に理解できるし、本当に感謝してる。わたしもマリファナは理解できないよ。でもわたしはただお姉ちゃんが大好きなの。だから今でもお姉ちゃんのこと理解したいんだよ、だからもうお姉ちゃんのことをこれ以上悪く言わないでほしい」

「理解できるよ」

「今までその人と同じ本の同じページを過ごしてきたけど、もうお互い違うページに進むときがきたのかもね」

 

 

 

 

こうして、レストランを後にした私達。

この日、顔も洗っていなかったことに、この写メを撮ってようやく気がついた

 

ジョシュは、いいって言っているのにバスターミナルまで私を見送ってくれ、バスが搭乗開始になるまで一緒に座っていてくれた。

そんなことされてもお別れが余計辛くなるだけなのに。でも本当に嬉しかった。

「ジョシュは、アメリカではかっこいい方なの?」

「かっこいい方なんじゃない? 目はブルーだし、背も高いし、お金もあるし。女は常に寄ってくるから困ったことないね」

「にやにや(マジでおもしろい……笑)」

「じゃあいくね、本当に色々…ありがとう!!!また連絡するね」

私たちはお互いの連絡先を交換してお別れし、ジョシュはいつでも俺の住むサンフランシスコに遊びに来いと言ってくれた。

わたしはターミナルを出て、外のバス乗り場の列に並んだ。

あと数人でバスに乗り込むタイミングで、ジョシュがまた私の元に戻ってきてこう言った。

「忘れ物」

ジョシュは荷物を背負ったままの重たい私をヒョイっと自分の背の高さまで簡単に抱きかかえ、私のおでこにキスをしてくれた。

「本当に気をつけてな」

その言葉を言ったあと、ジョシュは素の表情で颯爽と去って行った。

私は、彼がまた戻ってこないように、バスが出発するまでずっと出入り口を見守り続けた。

 

 

 

 

彼のことをカッコいいと思ったことは一緒にいて一度もなかったけど、彼がモテる理由は理解できた。

ジョシュ。あなたにまたもう一度どこかで逢いたいなって思う。

ガサツでワイルドで言いたいことを恐れず口にするあなたに、もう一度笑わせてもらいたい。

 

 

そしてバスに乗り込み、メキシコシティまで11時間…

今、私は、戻ったらどうやってお姉ちゃんと仲直りしたらいいかなとひたすら考えているのです。

コメントを残す