srilanka-sunset-family

ふ〜。@あいあいです。

インドからスリランカにショートトリップしていた最終日、私は180cmを超える長身の彼に恋をしました。

彼はスリランカでは有名なモデルさんだと、周りにいた人が教えてくれました。

恋に落ちる人間を間違えているかもしれませんが、彼を追いかけて、私はインドからまたスリランカにきています。

お金・時間・学校の授業、、、

スリランカに再来するまで、いろんな葛藤があったけど、ただただ今こんなにも好きだと思う人に会えるチャンスは、今しかない!!!

と思うと、インドからスリランカ行きの片道航空券を予約している自分がいました。

とにかく、行かなかったことを後悔したくなかったんです。

久しぶりにこんなにも誰かを好きと思えたんです。

彼の為なら、なんだってしてあげたい、なんだってできると思った。

その想いをただ伝えようと思った。

行ってダメだったなら、諦めがつく。そう思ったんです。

というか、彼と初めて出会った日から、インドに一度戻ってきても何も手につかず、食欲すらなかったんです。

こんな状態で授業に参加してても、まったく意味ない。。。。

相手は外国人。それもスリランカ人。

結局、スリランカに再来して、彼と時間を過ごして、わたし達に同じ未来がないことを、すぐに理解しました。

私の問いに対して、濁した答え方をした彼。

「愛は、留学して手に職をつけるとゆう目的がある。俺はモデル・アクターとしてもっと伸びていきたい」

「誰かを愛すると、俺たちはお互いが気になって、なにも手につけられなくなる」

「俺は今、自分の人生をフリーに楽しみたい」

「だから愛も、まずは自分のことを成功させよう。お互い夢を絶対叶えると約束しよう。同じ年齢だしね!」

「俺は愛をリスペクトしているよ。まずお互いの夢を成功させてから、未来のことはその後に任せよう」

・・・遠回りにザックリふられてます。笑

この言葉を返されたとき、もう十分ハートブレイクでした。

結局、同じ未来にむかっていくことはできない私たち。

親や宗教の問題もあると言われました。

日本語でもどうやって伝えていいのかわからない細かい気持ちを、到底英語で伝えきることもできませんでした。

一番辛かったのは、彼のわたしへの接し方からまったく愛情を感じられなかったこと。

女ってこうゆうのすぐわかります。

彼と一緒にいるのが苦痛になるくらい、愛情のかけらも感じなかった。

彼がわたしにくれるのは欲望だけでした。

そんな彼が仕事に行ったあと、ひとりになっていっぱい頭を整理した。

彼の未来にわたしはいなかったこと。

国が違うとゆうだけでいろんな問題があること。

またひとりぼっちになったこと。

期待していた未来が崩れていったこと。

あんなにも好きだったはずなのに、明らかに冷めていく彼への想いに気づいたこと。

彼のことを理想化しすぎていたんだ、わたし。

わたしが恋と思っていたものも、ただの欲望だったかもしれないこと。

いろんな面から、ハートブレイク。

もうこれ以上のマイナス思考はないだろうってところまで、深く傷付きました。

それでも私はまだスリランカにいるから、明日も明後日も彼と会うんだろうけど、わたしはもうちゃんとわかったから。

もう彼の未来に入りたいなんて思わないよ。

わたしの得意分野だ!ザ・男友達でしょ(笑)

それに、次の涙は次出逢う人のためにとっておきたい。

恋ってすごく素敵で、人を動かすけど、とってもしんどくて、胸が痛いね。

久しぶりに味わっちゃった。

ここに来たことに後悔はないよ。

あのまま、モヤモヤした心の状態で、無駄に時間を過ごさなくて良かった。

srilanka-beachhotel

(つづく)

こちらの記事もどうぞ
スポンサーリンク
【NEW】涙と感動のアメリカ横断記